カーディナルヘルスの市場シェア・業績推移・事業構成・株価の分析

カーディナルヘルスの市場シェア・業績推移・事業構成・株価の分析

Cardinal Health(カーディナルヘルス)は、1979年に設立された米国に本拠を置く世界大手の医薬品卸・医療機器メーカーです。卸分野では放射性医薬品に強みを持ちます。使い捨て型の手術用手袋、不職布等の感染防御製品に強みを持ちます。ニューヨーク証券取引所に上場をしています。

業績推移(年次)

2022年度
売上高は前年度比11.63%増の181,364百万ドルになりました。営業利益は前年度比-232.31%の-606百万ドルになりました。営業利益率は-0.33%になりました。

2021年度
医薬品卸事業と医療機器事業ともに前年度比増収となりました。一方で在庫引当金を計上したため営業利益率が低下し、前年同期比減益となりました。

カーディナルヘルスの業績推移

カーディナルヘルスの業績推移

業績推移(四半期)

2022年7-9月
売上高は前年同期比12.82%増の49,603百万ドルになりました。営業利益は137百万ドルになりました。営業利益率は0.3%になりました。

2022年4-6月
売上高は前年同期比10.61%増の47,103百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-75.84%の36百万ドルになりました。営業利益率は0.1%になりました。

2022年1-3月
売上高は前年同期比14.16%増の44,836百万ドルになりました。営業利益は-97百万ドルになりました。営業利益率は-0.2%になりました。

2021年10-12月
メディカル事業での減損やサプライチェーンでの制約の影響が大きく、前年同期比増収減益となりました。

2021年7-9月
在庫引当金もなくなり前年同期比増収減益となりました。

カーディナルヘルスの四半期業績推移

カーディナルヘルスの四半期業績推移

EPS成長率

2022年度
希薄化後EPSは前年度比-260.58%増のドルになりました。

カーディナルヘルスの希薄化後EPSの推移

カーディナルヘルスの希薄化後EPSの推移

売上構成

医薬品卸と医療機器製造販売が事業の柱となっています。

カーディナルヘルスの売上構成(2022年度)

カーディナルヘルスの売上構成(2022年度)

医薬品卸事業
ジェネリック医薬品、特殊医薬品、一般用医薬品などのディストリビューションを行っています。

医療機器事業
カーディナル・ヘルス・ブランドの医療用製品、外科用製品、検査用製品を製造、仕入、販売しています。主な製品は診察・手術用手袋、針・注射器・シャープの廃棄、圧迫、失禁、栄養供給、創傷ケア、使い捨て手術用ドレープ・ガウン・アパレル、液体吸引・収集システム、泌尿器、手術室用品、電極製品ラインなどとなります。

直近のM&A(合併買収)

地域や商品面での補完を目指したM&Aを積極的に行っています。

2017年 Medtronicから患者ケア事業を買収
2017年 Navidea Biopharmaceuticalsから放射性医薬品画像診断薬の北米権利を買収
2021年 カテーテルやステントなどの医療機器を製造するCordis事業をHellman & Friedmanへ売却

直近1年間の株価リターン

カーディナルヘルスとインデックスの株価リターン比較

2022年11月27日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

医薬品卸業界の世界市場シェアと市場規模

医薬品卸業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。マケソン、カーディナル・ヘルス、医薬品卸業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。マケソン、カーディナル・ヘルス、アメリソース・バーゲン、シノファームといった世界大手の医薬品卸会社の概要や動向も掲載しています。
市場シェア

医療機器・ヘルスケア機器業界の市場シェア・売上高ランキング・規模

医療機器・ヘルスケア機器業界(CT、MRI、超音波診断装置、外科用機器、医療器具等)の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。主要医療機器メーカーの概要も掲載。Johnson&Johnson(ジョンソン&ジョンソン)やGE、シーメンス、フィリップスといった巨人に日立、キヤノン、オリンパスが挑む構図が継続。