Philips(フィリップス)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Philips(フィリップス)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Philips(フィリップス)は、オランダに本拠を置く、家電・ヘルスケアメーカーであり、1891年にヘラルド・フィリップスによって設立されました。照明事業が祖業で、かつては半導体事業等も手掛けていましたが、近年、事業の再構築を行い、現在では医療機器、パーソナルヘルスケアの分野に注力しています。祖業でもある照明・ランプ事業は、フィリップスライティング(現シグニファイ)として分社化をしました。医療機器の分野では画像診断領域に強みを持ちます。家電分野では、電子歯ブラシやシェーバー等のパーソナルケア向けの商品ラインアップを強化しています。電子歯ブラシはソニッケア(Sonicare)ブランドで高機能帯をブラウンのオーラルBと二分しています。2021年に家電事業の一部(掃除機、コーヒーメーカー、アイロン等の家電)を売却しました。

業績推移(年次)

2021年度は前年度比減収減益となりました。ドメスティックアプライアンス事業の売却やコネクテッド・ケア事業の減収が影響しました。営業利益率は2018年度の9.5%が最も高く低下傾向にあります。事業ポートフォリオの入れ替えを積極的に行い、収益率の改善を図っています。

フィリップスの業績推移
フィリップスの業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第1四半期(1ー3月)
売上高は前年同期比2.38%増の3,918百万ユーロになりました。営業利益は248.08%の-181百万ユーロになりました。営業利益率は-4.62%になりました。

2021年度第4四半期(10-12月)
減収減益となりました。電子部品の世界的な供給不足と人工呼吸器の大規模リコールが主因となります。

フィリップスの四半期業績推移

フィリップスの四半期業績推移

EPS成長

2021年度は業績の悪化を受け希薄化後EPSも減少しました。

フィリップスの希薄化後EPSの推移
フィリップスの希薄化後EPSの推移

事業構成

祖業の照明事業も売却し、近年ヘルスケア領域に事業を絞り込んでいます。医療機器、コネクティッドケア、パーソナルヘルスが主要事業ですが、さらに製品別のサブセグメントは以下の通りとなります。

フィリップス売上構成(2021年度)

フィリップス売上構成(2021年度)

 

画像診断機器には、磁気共鳴画像(MRI)、X線システム、断層撮影装置(CT)、核医学用の分子・複合イメージングソリューションなどが含まれます。

画像誘導治療機器には、血管内超音波(IVUS)、心臓内超音波(ICE)、分流予備量(FFR)および瞬時無波長比(iFR)生理学的測定、アテレクトミーカテーテル、剥離修復インプラント、薬剤コーティングバルーン、リード抽出デバイスなど冠動脈および末梢血管疾患を治療するインターベンション診断・治療用デバイスが含まれます。

救急医療には、自動体外式除細動器(AED)、二次救命処置モニターが含まれます。

睡眠・呼吸ケア機器には、検査装置、マスク、人口呼吸器、酸素濃縮装置が含まれます。哺乳瓶等 搾乳瓶や除菌装置が含まれます。

哺乳瓶等には、乳幼児の授乳(搾乳器、哺乳瓶、消毒器)、デジタル育児ソリューション(Pregnancy+、Baby+アプリ)が含まれます。

シェーバーには、男性用グルーミング製品(シェーバー、OneBlade、グルーミング、トリマー、バリカン)、SkinIQテクノロジーとアプリ内コーチングにより個人に合わせたシェービングを実現するプレミアムソリューション、刃物の定期購入モデル、最新のSenseIQテクノロジーにより個人のケアを感知・適応するソリューションを含むビューティーソリューション(スキンケア、ヘアケア、脱毛)が含まれます。

主なM&A

2016年 照明事業をシグニファイとして分社化上場
2018年 Remote Diagnostic Technologiesの買収
2020年 低侵襲性末梢血管手術用の医療機器メーカーIntact Vascularを買収
2021年 病院向けに医療機器システムの統合を行うCapsule Technologiesを買収
2021年 キッチン、コーヒー、ガーメントケア、ホームケアなどを手掛けるフィリップスドメスティックアプライアンスをHillhouse Capitalへ売却
2021年 遠隔で心臓病の治療サービスを提供するBioTelemetryを買収

直近1年間の株価リターン

フィリップスとインデックスの株価リターン比較

2022年06月25日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

オーラルケア業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

オーラルケア・口腔用品業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模について分析をしています。コルゲート・パーモリーブ、P&G、フィリップス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ユニリーバ、ライオン、GSK、アース製薬といった大手オーラルケアメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.24
市場シェア

医療機器・ヘルスケア機器業界の市場シェア・売上高ランキング・規模

医療機器・ヘルスケア機器業界(CT、MRI、超音波診断装置、外科用機器、医療器具等)の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。主要医療機器メーカーの概要も掲載。Johnson&Johnson(ジョンソン&ジョンソン)やGE、シーメンス、フィリップスといった巨人に日立、キヤノン、オリンパスが挑む構図が継続。
2022.05.20
市場シェア

アイロン業界の世界ランキングの分析

アイロン業界の世界ランキングと市場規模について分析をしています。ニューウェル・ブランズ、フランスのSEB、オランダのフィリップス等世界大手アイロンメーカー動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

歯ブラシ業界の世界市場シェアの分析

歯ブラシ業界の世界シェアと市場規模についての分析をしています。コルゲート、フィリップス、ジョンソン&ジョンソン、パナソニック、ブラウン(P&G)等の動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

電気シェーバー・カミソリ・髭剃り業界の市場シェアと売上高ランキング

電気シェーバー、カミソリ・髭剃りメーカーの世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。フィリップス、ブラウン、レミントン(P&G)、ジレット、シック(エッジウェル)といったシェーバー・髭剃りメーカーの概要も掲載。
2022.05.13
株主提案

フィリップス対サードポイント

1891年に創業された名門企業であるフィリップスに対して、米国のアクティビストファンドであるサードポイントが投資を行いました。過去にさかのぼりフィリップスの成長戦略を分析しています。
2022.04.19
市場シェア

掃除機業界の世界シェアと市場規模の分析

掃除機業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。テクトロニック 、ビッセル 、ダイソン、パナソニック、アイロボット等世界大手の掃除機メーカーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

照明・ランプ業界の世界市場シェアの分析

照明・ランプ業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。シグニファイ、オスラム、サバントシステムズ(旧GEライティング)、パナソニック、日亜化学工業といった照明・ランプメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

補聴器メーカーの世界市場シェアの分析

補聴器メーカーの世界シェアと市場規模について分析をしています。世界5大補聴器メーカーであるソノヴァ、デマント、WSオーディオロジー、ジーエヌストア、スターキーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

家電業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

家電・電機業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。ワールプール 、ハイアール 、エレクトロラックス 、BSH、フィリップス、美的集団 、パナソニック 、LGエレクトロニクスといった家電メーカーの概要も掲載。
2022.04.24