P&Gの世界市場シェアと事業構成の分析

P&Gの世界市場シェアと事業構成の分析

P&G(プロクター&ギャンブル)は、米国に本拠を置く世界最大級の日用品メーカーで、1837年にウィリアム・プロクター氏とジェームズ・ギャンブル氏によって設立されました。日用品業界屈指の商品開発力・マーケティング力を誇っています。取り扱っている分野は、トイレタリー、ファミリーケア、ファブリックケア、ホームケア、ヘアケア、スキンケア、オーラルケアといった広範囲の消費財で、いずれもブランド力のある商品を展開しているのが特徴です。

業績推移(年次)

2017年度以降売上が着実に成長しています。2019年度は特殊要因で営業利益が落ち込みましたが、営業利益率は概ね20%台を維持しています。

P&Gの業績推移

P&Gの業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第3四半期(2022年1-3月)
売上高は前年同期比7.02%増の19,381百万ドルになりました。営業利益は前年同期比6.31%増の4,024百万ドルになりました。営業利益率は20.8%になりました。幅広い商品での値上げが奏功し、原材料や輸送費のコスト増をこなし、前年同期比増収増益になりました。

2022年度第2四半期(2021年10-12月)
前年同期比増収減益となりました。ヘルスケアやビューティー部門が好調で増収となりましたが、原材料の価格高騰と物流コストの上昇から費用が増加し減益となりました。

2022年度第1四半期(2021年7-9月)
前年同期比増収増益となりました。

P&Gの希薄化後EPS(四半期)の推移

P&Gの希薄化後EPS(四半期)の推移

ESP成長(通期)

2019年度以降希薄化後のEPSも順調に成長しています。

P&Gの希薄化後EPSの推移

P&Gの希薄化後EPSの推移

ESP成長(四半期)

希薄化後EPSは前年同期比5.56%増の1.33ドルになりました。

P&Gの希薄化後EPS(四半期)の推移

P&Gの希薄化後EPS(四半期)の推移

売上構成

売上構成はFabric & Home Care、Baby Feminine & Family Care、Beauty Health Care、 Groomingの4分野で構成されます。製品毎の売上は以下の通りとなります。

P&Gの売上構成(2021年度)

P&Gの売上構成(2021年度)

セグメント概略

おむつ:
おむつの分野では、パンパースブランドを世界的に展開し、業界最大級となっています。製紙・パルプの分野では、ペーパータオル「バウンティ」やティッシュペーパー「パフス」を展開し、クリネックスブランドのキンバリークラーク等と競っています。
ファブリック&ホームケア:
洗濯用洗剤のアリエール、柔軟剤のレノア、食器用洗剤のジョイ、エアケアのファブリーズ、柔軟剤のDowny(ダウニー)を展開しています。日用品・トイレタリー分野においては、ユニリーバやコルゲートを抑え、世界シェアトップを誇っています。

ヘアケア・化粧品:
ヘアケアのPantene(パンテーン)、ヴィダルサスーン、h&sを展開しています。化粧品分野においては、SK-II等の強力なブランドを有しており、業界内の世界シェアで上位に位置しています。香水分野では、ブランド系各社と提携し、大手の一角を占めています。

主なブランドに、HUGO BOSS(ヒューゴボス)、Lacoste Fragrances(ラコステ・フレグランス)、Puma(ピューマ)、Naomi Campbell(ナオミ・キャンベル)、Escada Fragrances(エスカーダ・フレグランス)、Dolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)等があります。2015年、フレグランスブランドの「Hugo」「Gucci」、カラーコスメティックブランドの「COVERGLRL」「Max Factor」、ヘアカラービジネスの「Wella」「Clairol」をコティに売却しました。

オーラルケア&髭剃り:
オーラルケアの分野では、Oral Bやクレストなどのブランドを展開し、歯磨き粉・マウスウォッシュともに世界シェアで上位に位置しています。
電動歯ブラシでは、子会社のブラウンがフィリップスと世界シェア1位を争っています。シェーバー・カミソリ業界では、シェーバーはBraun(ブラウン)が、カミソリは2005年に買収したGillette(ジレット)が世界シェア上位に位置しています。

ご参考:P&Gによるジレット買収の案件ハイライト
2005年にP&Gが髭剃り大手のジレットを買収しました。P&Gは女性用美容機器に強みがあり、一方、ジレットは男性用髭剃りに強みがあります。傘下に電動シェーバーも保有しています。P&Gは買収によって男性用と女性用美容機器の分野で一気に存在感を示すことができました。当時のジレットは、ジレットモデルという消耗品(カミソリ)の買い替えモデルを確立し、超高収益企業でした。

過去のM&A

2003年 化粧品大手Wellaを買収
2005年 ジレットを557億ドルで買収
2012年 ケロッグにプリングルスなどの菓子事業を売却
2014年 マーズにペットフード事業の一部を売却
2016年 ヘアカラーやカラーコスメティック事業をCotyに売却
2016年 バークシャー・ハサウェイに乾電池事業(Duracell)を売却
2017年 パーソナルケアブランド「Native」を買収
2018年 メルクの大衆薬事業を買収
2018年 オーガニック系パーソナルケアブランドのL.を買収
2018年 スキンケアメーカーのFirst Aid Beautyを買収
2018年 オーガニック系スキンケアメーカーのSnowberryを買収
2020年 女性向けカミソリブランドのBillieを買収
2021年 D2Cスキンケアブランドのファーマシー ビューティ(FARMACY BEAUTY)を買収
2021年 ヘアケアブランド「ウェイ(OUAI)」の買収

株価分析

P&Gとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

P&G関連書籍

P&Gウェイ: 世界最大の消費財メーカーP&Gのブランディングの軌跡
オープン・イノベーションの教科書

市場シェア

市場シェア

オーラルケア業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

オーラルケア・口腔用品業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模について分析をしています。コルゲート・パーモリーブ、P&G、フィリップス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ユニリーバ、ライオン、GSK、アース製薬といった大手オーラルケアメーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.24
市場シェア

日用品・スキンケア・トイレタリー・ホームケア業界の世界市場シェアと売上高ランキングの分析

石鹸、洗剤、シャンプー、ボディケア、スキンケア、ファブリックといったの日用品・トイレタリー業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編を分析。P&G、ユニリーバ、コルゲート、レキット・ベンキザー、バイヤスドルフ、花王などの概要も掲載。
2022.04.24
市場シェア

歯磨き粉業界の世界市場シェアの分析

歯磨き粉業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。世界大手歯磨き粉メーカーでもあるコルゲート、P&G、ユニリーバ、グラクソ・スミスクラインの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

マウスウォッシュ・洗口液業界の世界市場シェアの分析

マウスウォッシュ・洗口液業界の世界シェアと市場規模ついて分析をしています。ジョンソン&ジョンソン、P&G、コルゲート、レキット・ベンキザーといったマウスウォッシュ大手メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

歯ブラシ業界の世界市場シェアの分析

歯ブラシ業界の世界シェアと市場規模についての分析をしています。コルゲート、フィリップス、ジョンソン&ジョンソン、パナソニック、ブラウン(P&G)等の動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

電気シェーバー・カミソリ・髭剃り業界の市場シェアと売上高ランキング

電気シェーバー、カミソリ・髭剃りメーカーの世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。フィリップス、ブラウン、レミントン(P&G)、ジレット、シック(エッジウェル)といったシェーバー・髭剃りメーカーの概要も掲載。
2022.05.13
市場シェア

おむつ・衛生用品業界の市場シェア

おむつ・衛生用品メーカーの世界市場シェアと市場規模についての情報を分析しています。キンバリー・クラーク、ユニチャーム、P&G、エシティといった紙おむつの世界大手メーカー動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

化粧品・香水業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編の分析

化粧品・香水メーカーの世界シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編について分析をしています。ロレアル、コティ、資生堂、ナチュラ・コスメティクス、エスティ・ローダー、ユニリーバといった世界の主要な化粧品・香水メーカーの概要も掲載しています。
2022.06.17
市場シェア

製紙業界・パルプ業界の世界市場シェアの分析

製紙・パルプ業界の世界市場シェア、市場規模、業界再編について分析をしています。インターナショナルペーパー、UPMキュンメネ、王子、ストラ・エンソ、P&G、キンバリークラーク、スヴェンスカ、スマーフィットカッパ等、主要な製紙会社の概略も掲載しています。
2022.05.23