花王の市場シェアと売上構成の分析

花王の市場シェアと売上構成の分析

花王は、1940年に日本有機として設立された日本を代表する化粧品・日用品メーカーです。ビューティケア、ファブリック&ホームケア、ケミカルとヒューマンヘルスケアの4事業を柱に展開しています。アタック、ハイター、ビオレ、メリーズブランドなどのブランドを有しています。2005年にカネボウから化粧品事業を買収しています。

業績推移(年次)

過去5年間は売上高の成長が止まり、営業利益率も横ばいが続きます。国内トップクラスの実力を背景にどのような成長戦略を実行するかが問われています。

2021年度
売上高は3%増の1兆4187億円、営業利益は18%減の1435億円になりました。営業利益の減少は原料高や家庭用のハンドソープや消毒液の販売減が主因です。

花王の業績推移

花王の業績推移

業績推移(四半期)

2021年第4四半期は、前年同期比増収減益となりました。素材や衛生用品の売上は増加しましたが、原料高によって営業利益率は低下しました。2022年度は、原料費高騰を吸収するべく、日用品などの小売り価格の値上げを予定しています。

花王の四半期業績推移

花王の四半期業績推移

EPS成長

2018年以降希薄化後のEPSの減少が続きます。

花王の希薄化後EPSの推移

花王の希薄化後EPSの推移

売上構成

日用品と化粧品が事業の大きな柱となっています。

花王の売上構成(2021年度)

花王の売上構成(2021年度)

主要セグメント

化粧品
カウンセリング化粧品・セルフ化粧品などの開発製造販売を行っています。

スキンケア・ヘアケア
洗顔料・スキンケア製品、ハンドソープ・手指消毒液・ヘアサロン向け製品などの開発製造販売を行っています。

ハイジーン
生理用品、業務用衛生製品などの開発製造販売を行っています。

リビングケア
衣料用洗剤・台所用洗剤・住居用洗剤などの開発製造販売を行っています。

ケミカル
油脂製品、機能材料、スペシャリティケミカルの開発製造販売を行っています。

主要ブランド一覧

スキン・ヘアケア

花王石鹸ホワイト、ビオレ、アジエンス、エッセンシャル、メリット、ケープ、ブローネ、リライズ

化粧品

アフィニーク、アルブラン、アリィー、オーブ、ビューティ ワークス、ブランシールスペリア、コフレドール、キュレル、デュウ、ドルティア、エロイカ、エスト、エビータ、エクセレンス、フリープラス、フレッシェル、カネボウ、ケイト、リクイール、リサージ、リサージ メン、ルナソル、モルトンブラウン、プリマヴィスタ、ラファイエ、サラ、センサイ、ソフィーナ ボーテ、トワニー、バルカン

洗剤

アタック、ニュービーズ、エマール、ハミング、ワイドハイター、フレア フレグランス、キュキュット、マジックリン、ハイター、リセッシュ、クイックル

おむつ・生理用品

ロリエ、メリーズ、リリーフ

株価

花王とインデックスの株価リターン比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

日用品・スキンケア・トイレタリー・ホームケア業界の世界市場シェアと売上高ランキングの分析

石鹸、洗剤、シャンプー、ボディケア、スキンケア、ファブリックといったの日用品・トイレタリー業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編を分析。P&G、ユニリーバ、コルゲート、レキット・ベンキザー、バイヤスドルフ、花王などの概要も掲載。
2022.04.24
市場シェア

おむつ・衛生用品業界の市場シェア

おむつ・衛生用品メーカーの世界市場シェアと市場規模についての情報を分析しています。キンバリー・クラーク、ユニチャーム、P&G、エシティといった紙おむつの世界大手メーカー動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

化粧品・香水業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編の分析

化粧品・香水メーカーの世界シェア・売上高ランキング・市場規模・業界再編について分析をしています。ロレアル、コティ、資生堂、ナチュラ・コスメティクス、エスティ・ローダー、ユニリーバといった世界の主要な化粧品・香水メーカーの概要も掲載しています。
2022.06.17