化粧品・香水業界の世界市場シェアの分析

化粧品・香水メーカーの世界市場シェアや市場規模について分析をしています。ロレアル、コティ、エイボン、エステー・ローダー、ユニリーバ等世界の主要な化粧品・香水メーカーの概要も掲載しています。

市場シェア

「化粧品メーカーの世界売上高ランキングトップ13の分析」の2018年の化粧品メーカーの売上高を分子にに、市場規模の分析(濃縮ウラン、アパレル、紙おむつ、薬局チェーン、コンテナターミナル等)に記載されている化粧品市場の規模を分母に、化粧品業界の世界市場シェアを計算すると以下の通りとなります。

2018年化粧品業界シェア
  • 1 位 ロレアル 5.5%
  • 2 位 ユニリーバ 4.4%
  • 3 位 エスティ・ローダー 2.6%
  • 4 位 P&G 2.4%
  • 5位  資生堂 1.9%
  • 6 位 コティ 1.4%
  • 7位  LVMH 1.3%
  • 8位  バイヤスドルフ 1.2%
  • 9 位 花王 1.1%
  • 10位  エイボン 1.1%
  • 11位  アモーレ 0.9%
  • 12位  J&J 0.8%
  • 13位  ヘンケル 0.7%

1位は、フランスの化粧品メーカーのロレアル社となります。総合化粧品メーカーとしての存在は圧倒的で、ロレアル、ランコム、ジョルジオ アルマーニ ビューティー、シュウ ウエムラ、イヴ・サンローラン・ボーテなどをブランドで展開しています。

2位は英蘭のユニリーバが追い上げます。祖業のマーガリン事業も手放す一方で、化粧品事業はキュ桜花しています。ワセリン(VASELINE)、ポンズ(POND’S)、ラクメ(LAKME)等のブランドを展開しています。

3位は米国のエスティローダーが追い上げています。

化粧品・香水会社の市場シェアの動画によれば2016年の化粧品業界の市場シェアランキング1位はフランスのロレアル社となっています。

順位2012201320142015
1位ロレアルロレアルロレアルロレアル
2位P&GP&GP&GP&G
3位ユニリーバユニリーバユニリーバユニリーバ
4位エスティローダーエスティローダーエスティローダーエスティローダー
5位エイボンエイボンバイヤスドルフ資生堂
化粧品メーカーの売上高ランキング推移©業界再編の動向

2012年以降、化粧品業界の世界ランキングはトップ4は盤石の地位を占めています。世界ランキングのトップ5位の座を、米国のエイボン、ドイツのバイヤスドルフ、日本の資生堂が競う構図です。

市場規模

調査会社とOrbis Researchによれば、2017年の化粧品業界の世界市場規模は5324億ドルです。当サイトでは化粧品業界の市場規模として5324億円を採用しています。

世界の主要化粧品・香水会社の一覧

L’Oréal(ロレアル)

世界最大級の仏総合化粧品メーカーです。仏小売り大手PPR(現ケリング)からイブ・サン・ローラン・ボーテ(YSLボーテ)を買収しています。他にブシュロン(Boucheron)、元ビートルズのポールマッカートニーの次女ステラ・マッカートニー(Stella Nina McCartney)等のブランドを有しています。

Coty(コティ)

世界最大級の香水・化粧品メーカーです。仏にて創業ののち、ファイザー、トイレタリーの英Reckitt Benckiser plc(レキットベンキーザー)と関係が深い独Joh. A. Benckiser GmbH(ヨー・A・ベンキーザー)傘下企業として成長し、現在はNYSEに上場しています。

主力香水ブランドにアディダス(Adidas)、ジョーバン(Jovan)、ステットソン(Stetson)やアパレルブランドの派生香水のカルバンクライン(Calvin Klein)、マーク ジェイコブス (Marc Jacobs)、ヴェラウォン(Vera Wang)、ケネスコール(Kenneth Cole )等があります。2015年にP&Gよりフレグランスブランドの「Hugo」「Gucci」、カラーコスメティックブランドの「COVERGLRL」「Max Factor」、ヘアカラービジネスの「Wella」「Clairol」を買収しています。

LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー、Moët Hennessy ‐ Louis Vuitton S.A)

LVMHは、1987年にルイ・ヴィトンとモエ・ヘネシーが合併して誕生した世界最大級の仏高級ブランド会社です。高級ブランド業界では圧倒的な存在感を示しており、バッグ、アパレル、ジュエリー、化粧品、ワイン、免税店等多面的な展開しています。Bernard Arnault氏が支配するChristian Dior(クリスチャン・ディオール)を通じて議決権のほぼ過半を所有しています。主要なブランドには、仏ファッションブランドのLouis Vuitton (ルイ・ヴィトン)、Christian Dior (クリスチャン・ディオール)、BVLGARI(ブルガリ)、シャンパンのDom Pérignon (ドン・ペリニヨン)、Moet & Chandon (モエ・エ・シャンドン)や免税店のDFSが含まれます。さらに詳しく

ユニリーバ

Unilever(ユニリーバ)はイギリスとオランダに本拠を置く世界を代表する消費財大手メーカーです。イギリスの石鹸会社のリーバ・ブラザーズとオランダのマーガリン会社のマーガリン・ユニが1930年に合併して誕生しました。紅茶、アイスクリーム、食品、化粧品やパーソナルケア分野において強力なブランドを保有しています。

P&G

P&G(プロクター&ギャンブル)は、米国に本拠を置く世界最大級の日用品メーカーで、1837年にウィリアム・プロクター氏とジェームズ・ギャンブル氏によって設立されました。日用品業界屈指の商品開発力・マーケティング力を誇っています。取り扱っている分野は、トイレタリー、ファミリーケア、ファブリックケア、ホームケア、ヘアケア、スキンケア、オーラルケアといった広範囲の消費財で、いずれもブランド力のある商品を展開しているのが特徴です。さらに詳しく

Avon(エイボン)

米化粧品大手で、NYSE上場企業しています。エイボンレディーを通じて化粧品を販売しています。香水もマス向けの商品が多いのが特徴です。

Natura Cosméticos(ナチュラ・コスメティコス)

ブラジル化粧品大手で、サンパウロ証券取引所に上場しています。南米を中心に展開し、セールスレディーを通じて化粧品を販売しています。香水を含めマス向けの商品が多いことが特徴です。

Chanel(シャネル)

仏高級ブランドです。服飾・化粧品・香水・宝飾品・時計の分野でブランドの横展開しています。有名なシャネルN ° 5やエゴイスト等の香水を販売しています。

Estee Lauder(エステー・ローダー)

同族経営の米大手化粧品メーカーです。香水分野でも大手です。アラミス(Aramis)やクリニーク(Clinique)等のブランドを展開しています。

Puig(ピュイグ)

ピュイグ家によって経営されているスペイン・バルセロナに本拠を置く服飾・香水大手メーカーです。主要ブランドは、ニナ・リッチ(Nina Ricci)、コム・デ・ギャルソン(Comme des Garçons)、ジャン・ポール・ゴルチェ(Jean Paul Gaultier)等があります。

Elizabeth Arden(エリザベスアーデン)

米大手化粧品メーカーです。製薬会社のイーライリリー(Eli Lilly)や日用品大手ユニリーバ(Unilever)傘下を経て、米ナスダックに上場しています。主要な香水ブランドは、「Elizabeth Arden Red Door Salons」「Fifth Avenue」「Green Tea」「Provocative Woman」「Mediterranean」「Pretty」「Red Door Aura」等があります。

Clarins(クラランス)

仏化粧品大手です。香水はThierry MuglerとAzzaro Perfumesのブランドで展開しています。

Beauté Prestige International(ボーテ・プレステージ・インターナショナル)

資生堂仏香水子会社です。イッセイミヤケ、ジャンポール・ゴルチェ、ナルシソ・ロドリゲス、エリー・サーブ等とタイアップした香水を展開。その他セルジュ・ルタンスブランドでも展開

Beiersdorf(バイヤスドルフ)

ドイツを代表する化粧品メーカーです。コーヒー大手のチボー傘下にあります。8×4、Nivea(ニベア)等の有力ブランドを有しています。

花王

花王は、1940年に日本有機として設立された日本を代表する化粧品・日用品メーカーです。ビューティケア、ファブリック&ホームケア、ケミカルとヒューマンヘルスケアの4事業を柱に展開しています。アタック、ハイター、ビオレ、メリーズブランドなどのブランドを有しています。2005年にカネボウから化粧品事業を買収しています。さらに詳しく

業界関連書籍

  • 図解入門業界研究最新化粧品業界の動向とカラクリがよ~くわかる本
  • 資生堂の会社研究