ファイザーの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ファイザーの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

Pfizer(ファイザー)は、1849年創業の米国に本拠を置く世界最大級の製薬会社です。2000年のワーナー・ランバート、2003年のファルマシア、2009年のワイス、2015年の後発医薬品の米ホスピーラ等積極的な買収を行っています。循環器、中枢神経、鎮痛やワクチンなどの領域に強みを持ちます。

2014年に英アストラゼネカ買収を提案するが拒否されました。2015年に後発薬大手のアクタビスを傘下に持つAllergan(アラガン)の買収を発表しましたが、2016年に買収を断念しています。同年にはバイオ医薬品大手のメディベーションを買収しました。2018年に、グラクソ・スミスクライン(GSK)と一般用医薬品(大衆薬)事業の統合をしました。後発薬事業はアップジョンで展開しています。2019年にマイランと後発薬事業の経営統合を発表しています。新会社のViatris(ヴィアトリス)はファイザーの子会社となる予定です。2020年以降、新型コロナのワクチン開発で先頭を走っています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比95.16%増の81,288百万ドルになりました。営業利益は前年度比202.76%増の23,652百万ドルになりました。新型コロナウィルスのワクチン需要による上乗せが加わり、前年度比大幅な増収増益になりました。

2020年度
増収減益となりました。新型コロナウィルスのワクチン開発で費用がかさんだことが減益の要因です。

ファイザーの業績推移

ファイザーの業績推移

業績推移(四半期)

2021年第4四半期(10-12月)
売上高は前年同期比106.83%増の23,635百万ドルになりました。営業利益は前年同期比385.26%増の4,576百万ドルになりました。新型コロナウィルスのワクチンへの強い需要が続いています。

2021年第3四半期(7ー9月)
前年同期比増収増益となっています。新型コロナウィルスのワクチンが好調です。

ファイザーの四半期業績推移

ファイザーの四半期業績推移

EPS成長

好調な業績を反映して2021年はEPSが大幅に増加しました。

ファイザーの希薄化後EPSの推移

ファイザーの希薄化後EPSの推移

事業構成

6つの医薬品の領域に大きく分けることができます。

ファイザーの売上構成(2021年度)

ファイザーの売上構成(2021年度)

内科治療セグメント
循環器・中枢神経領域や鎮痛領域の治療薬を開発しており、Eliquis(エリキュース、深部静脈血栓症、肺塞栓症治療薬)、Chantix/Champix(禁煙治療の補助剤)、Premarin(更年期障害の治療薬)などが代表的な医薬品となります。

癌治療セグメント
幅広い種類のがんに対する生物学的製剤、低分子製剤、免疫療法剤、バイオシミラーなどを開発しており、Ibrance(転移性乳がん治療薬)などが含まれます。

病院向けセグメント
無菌注射剤および抗感染症薬などを開発しており、Sulperazon(細菌感染症治療薬)、Medrol(消炎性グルココルチコイド)などが含まれます。受託製造と原薬販売事業を行うPfizer CentreOneの事業も行っています。

ワクチン
肺炎球菌感染症、髄膜炎菌感染症、ダニ媒介性脳炎、新型コロナウィルス向けのワクチンを開発しており、Prevnar 13(肺炎球菌感染症ワクチン)などが代表的な医薬品となります。

抗炎症・免疫セグメント
慢性免疫疾患や炎症性疾患向けの治療薬を開発しており、関節炎、乾癬治療薬などが含まれます。

希少疾病セグメント
心筋症および多発性神経炎、血友病、内分泌疾患など、希少疾病を対象とした治療薬を開発しています。

M&A(合併買収)の動向

製品・地域補完のために積極的に買収を行っています。

2000年 ワーナーランバートを買収
2002年 ファルマシアを買収
2003年 Pharmaciaの買収
2004年 バイオ医薬メーカーEsperion Therapeutisの買収
2005年 抗体医薬メーカー米Biorenとバイオ医薬メーカーの仏Vicuronの買収
2007年 ワクチンメーカーの米Coleyの買収
2008年 アニマルヘルスメーカーの米Schering-Ploughの買収
2009年 ワイス買収
2013年 動物薬事業をZoetisとして分社化
2014年 バクスターからのワクチン事業の買収
2015年 ホスピーラ買収
2016年 バイオ医薬品大手のメディベーション買収
2018年 グラクソ・スミスクライン(GSK)と一般用医薬品(大衆薬)事業の統合
2019年 Array BioPharma(アレイバイオファーマ)を買収
2019年 マイランと後発薬事業を経営統合
2021年 バイオ製薬アリーナを買収

株価パフォーマンス

ファイザーとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

大衆薬・市販薬業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

大衆薬・市販薬業界の業界の世界シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。グラクソ・スミスクライン、ジョンソン&ジョンソン、バイエル、サノフィ、ペリゴ、大正製薬といった大衆薬メーカーの概要も掲載。
2022.04.24
市場シェア

動物用医薬品・アニマルヘルス業界の界世界市場シェアの分析

動物用医薬品・アニマルヘルス業界の世界シェアと市場規模について分析しています。ゾエティス、エランコ、メルク、ベーリンガーインゲルハイム、ビルバックといった大手動物薬メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

医薬品・製薬業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

製薬会社の業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。ノバルティス、アッヴィ、ファイザー、サノフィ、メルク、ロシュ、グラクソ・スミスクラインといった医療用医薬品メーカーの概要や動向も掲載。
2022.05.17
市場シェア

ジェネリック・後発医薬品業界の世界市場シェアの分析

ジェネリック・後発医薬品業界の世界シェア、市場規模と業界ランキングについて分析をしています。テバファーマ、ヴィアトリス、サンド、フレゼニウス、華潤製薬、アスペン、サンファーマといった主要後発医薬品メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.04.19