歯磨き粉業界の世界市場シェアの分析

歯磨き粉業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。世界大手歯磨き粉メーカーでもあるコルゲート、P&G、ユニリーバ、グラクソ・スミスクラインの動向も掲載しています。

世界市場シェア

コルゲート社のプレゼンテーション資料によれば、2019年の歯磨き粉業界の世界市場シェアは以下の通りとなります。

1位 コルゲート・パーモリーブ 41%
2位 グラクソスミスクライン 16%
3位 P&G 13%
4位 ユニリーバ 8%

歯磨き粉業界の世界シェアランキング1位は米国のコルゲート社です。日用品・医薬品の世界最大手の米P&G、食品・日用品業界の巨人英蘭ユニリーバ、英国の大手医薬品メーカーのグラクソスミスクラインが追い上げます。
なお、2位、3位、4位の社名については、コルゲート社資料および各社のアニュアルレポートを参照にして、当サイトが推定しております。

市場規模

調査会社のリサーチアンドマーケットによれば、2018年の歯磨き粉の世界の市場規模は261億ドルです。2024年までに年平均6.1%の成長を見込みます。

歯磨き粉業界の動向

コルゲート・パーモリーブ(Colgate-Palmolive)

コルゲートは米国に本拠を置くトイレタリー用品大手です。コルゲートブランドは歯磨き粉の代名詞ともなっています。口腔ケア(オーラルケア)の歯ブラシ、マウスウォッシュに加え、トイレタリー、パーソナルケア、ホームケア、ペットニュートリションの分野でも強いです。パーソナルケアの分野ではProtexブランドで有名な液体石鹸、石鹸、ボディウォッシュが、ホームケアの分野では柔軟剤、食器用洗剤は世界トップクラスです。ペットニュートリションはヒルズ(Hill’s)ブランドで展開し、主に動物病院で販売されています。
さらに詳しく

Procter & Gamble(P&G)

P&G(プロクター&ギャンブル)は、米国に本拠を置く世界最大級の日用品メーカーで、1837年にウィリアム・プロクター氏とジェームズ・ギャンブル氏によって設立されました。日用品業界屈指の商品開発力・マーケティング力を誇っています。取り扱っている分野は、トイレタリー、ファミリーケア、ファブリックケア、ホームケア、ヘアケア、スキンケア、オーラルケアといった広範囲の消費財で、いずれもブランド力のある商品を展開しているのが特徴です。さらに詳しく

Unilever(ユニリーバ)

Unilever(ユニリーバ)はイギリスとオランダに本拠を置く世界を代表する消費財大手メーカーです。イギリスの石鹸会社のリーバ・ブラザーズとオランダのマーガリン会社のマーガリン・ユニが1930年に合併して誕生しました。紅茶、アイスクリーム、食品、化粧品やパーソナルケア分野において強力なブランドを保有しています。さらに詳しく

グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline)
英国に本拠を置く大手製薬メーカーです。中枢系の医薬品に強みを持ちます。歯磨き粉の分野ではアクアフレッシュ(Aquafresh)、センソダイン(Sensodyne)やシュミテクトのブランをを展開しています。最近では飲料事業(ルコゼード、ライビーナ)をサントリー食品、抗がん剤事業をノバルティスに160億ドルで売却しています。

日本国内では、ライオン、花王、サンスター、アース製薬、第一三共が多数の歯磨き粉ブランドを展開しています。今後のグローバル展開が期待されます。

業界関連図書
歯みがき100年物語
トータルカリオロジー (スウェーデンのすべての歯科医師・歯科衛生士が学ぶ)
オーラルケア関連市場マーケティング総覧 2014