キオンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価パフォーマンスの分析

キオンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価パフォーマンスの分析

Kion(キオン)はドイツに本拠を置く大手フォークリフトメーカーです。2006年に独産業ガス大手のリンデ(Linde)グループよりKKRとゴールドマンサックスが買収後、2012年にフランクフルト証券取引所に上場しました。
2016年にマテリアルハンドリング大手のDematicを買収し工場オートメーションを強化しています。Linde Material Handling (リンデ・マテリアル・ハンドリング)、STILL(スティル)、Fenwick(フェンウィック)、OM STILL(オー・エム・スティル)、Baoli(バオリ)、Voltas(ヴォルタス、インドの大手地場フォークリフトメーカー)等のブランドで世界展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比23.41%増の10,294百万ユーロになりました。営業利益は103.85%増の795百万ユーロになりました。新型コロナ明けに伴い工場等でのフォークリフトやオートメーションの需要が高まったことが増収増益の背景です。

2020年度
売上高は前年同期比で5.3%減少しました。営業利益も前年同期を下回る3億9,000万ユーロとなりました。

キオンの業績推移

キオンの業績推移

業績推移(四半期)

2022年7-9月
売上高は前年同期比5.48%増の2,706百万ユーロになりました。営業利益は-131百万ユーロになりました。営業利益率は-4.85%になりました。

2022年4-6月
売上高は前年同期比8.08%増の2,802百万ユーロになりました。営業利益は-47.22%の117百万ユーロになりました。営業利益率は4.17%になりました。

2021年10-12月
売上高は前年同期比17.90%増の2,761百万ユーロになりました。営業利益は45.94%増の171百万ユーロになりました。

2021年7-9月
前年同期比増収増益となりました。倉庫や工場でのフォークリフトの需要が高まったことが主要因です。

キオンの四半期業績推移

キオンの四半期業績推移

EPS成長

堅調な業績を背景に、2021年度の希薄化後のEPSも増加しました。

キオンの希薄化後EPSの推移

キオンの希薄化後EPSの推移

事業構成

キオンの事業はインダストリアルトラック(フォークリフト)とサプライチェーンソリューションズ(マテリアルハンドリング)に大きく分かれます。

キオンの事業構成(2021年度)

キオンの事業構成(2021年度)

株主構成

現在はShandong Heavy Industry (山東重工業)傘下の中国のエンジンメーカーWeichai Power(潍柴濰柴動力股份有限公司)が筆頭株主です。

株主構成(直前期末時点)

株主構成(直前期末時点)

株価パフォーマンス

キオンとインデックスの株価パフォーマンス比較(YTD)

2022年11月27日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

マテハン(マテリアルハンドリング)業界の世界市場シェアの分析

自動倉庫、台車、仕分機やコンベヤといったマテリアル・ハンドリング業界の世界市場シェアや市場規模の情報を分析しています。ダイフク、シェーファー、キオン(デマティック)、豊田自動織機(ファンダランデ)等の主要マテハン会社の概要や動向も掲載しています。
市場シェア

フォークリフト業界の世界市場シェアの分析

工場等で稼働する荷役運搬機械(フォークリフト)業界の世界市場(マーケット)シェア、ランキング、市場規模、再編について分析をしています。キオン、三菱ロジネクスト(旧ニチユ三菱)、豊田自動織機、ハイスターエール、ユングハインリッヒといったフォークリフト大手の概略や動向も掲載しています。