コマツの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

コマツの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

1921年に銅山経営の竹内鉱業の機械製造部門から独立して誕生した日本を代表する建機メーカーです。「ダントツ」経営で、Caterpillar(キャタピラー)とグローバルで真っ向勝負をしています。建機の稼働時間等を遠隔モニターできるシステム(KOMTRAX)で世界市場を開拓しました。2016年鉱山機器大手の米国ジョイグローバルを買収しました。コマツの強い鉱山の露天掘りとジョイの強い坑内掘りの相乗効果を狙っています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比27.99%増の2,802,323百万円になりました。営業利益は89.46%増の317,015百万円になりました。営業利益率は11.31%になりました。一般建機・鉱山機械ともに中国以外の地域において需要が好調に推移し、資材価格や物流コスト上昇の影響はあるものの、各地域での販売量増加や販売価格の改善、円安の影響もあり、前年度比増収増益を達成しました。

コマツの売上構成(2021年度)

コマツの売上構成(2021年度)

業績推移(四半期)

2021年第4四半期(1-3月)
売上高は前年同期比16.48%増の787,646百万円になりました。営業利益は55.96%増の93,252百万円になりました。営業利益率は11.84%になりました。

2021年第3四半期(10-12月)
建設機械・車両部門が引き続き好調で、売上高は30.2%増の7233億円、営業利益は85%増の875億円と前年同期比増収増益となりました。

2021年第2四半期(7-9月)
売上高6,439億円(前年同期比28.9%増)、営業利益745億円(同123.0%増)と増収増益となりました。北米建機や住宅建設が好調でした。

コマツの四半期業績推移

コマツの四半期業績推移

EPS・配当額・配当性向の推移

希薄化後EPSは前年度比111.69%増の237.92円になりました。1株当たりの配当は前年度比113.33%増の96.00円になりました。配当性向は40.35%になりました。

コマツのEPS・1株配当・配当性向の推移

コマツのEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

建設・鉱山機械、林業機械、地下建機や産業機械を手掛けています。

コマツの売上構成(2021年度)

コマツの売上構成(2021年度)

建設・鉱山機械
油圧ショベル、ロープショベル、コンティニュアス・マイナー、ホイールローダー、ブルドーザー、モーターグレーダー、ダンプトラック、ミニショベル、ミニ建機

林業機械
ハーベスター、フォワーダー、フェラーバンチャー

フォークリフト

地下建機
シールドマシン、アイアンモール、トンネルボーリングマシン

産業機械
プレス・板金機械、工作機械、エキシマレーザー

コマツによるジョイグローバル買収

  • 2016年7月にコマツが米鉱山機械大手のジョイグローバル買収を発表
  • 買収総額は約29億米ドル。ジョイ・グローバルの終値に対して約20%程度のプレミアム。 売上高倍率で約1.2倍程度
  • 鉱山機械の売上は、世界最大手のキャタピラー社(2010年に鉱山機械のビュサイラスを買収)に匹敵
  • 期待されるシナジー
  1. コマツの強みである露天掘り(オープンピット)とジョイの強みである坑内掘りの組み合わせによる鉱山機械の一環供給体制
  2. コマツの運搬トラックとジョイの掘削ショベル・ホ イールローダーとの親和性
  3. ジョイの鉱山機械の無人運転化促進

株価パフォーマンス

コマツとインデックスの株価パフォーマンス比較

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

 

市場シェア

フォークリフト業界の世界市場シェアの分析

工場等で稼働する荷役運搬機械(フォークリフト)業界の世界市場(マーケット)シェア、ランキング、市場規模、再編について分析をしています。キオン、三菱ロジネクスト(旧ニチユ三菱)、豊田自動織機、ハイスターエール、ユングハインリッヒといったフォークリフト大手の概略や動向も掲載しています。
2022.05.22
市場シェア

建設機械・建機業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

建設機械・建機メーカーの市場シェア(世界シェア)・市場規模・四半期ごとの売上高ランキングについて分析しています。キャタピラー、 コマツ、三一重工、テレックス、日立建機、ボルボ、徐工集団など世界大手建機・重機メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.15