ダノンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ダノンの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ダノンはフランスを代表する大手乳製品メーカーです。1919年にスペインのヨーグルトの会社として誕生し、1972年にフランスの食品会社であるBSNと経営統合することでダノンが誕生しました。ダノンブランドのヨーグルトは特に有名です。エビアンやボルビックといったミネラルウォーター事業も手掛けています。ダノンの事業は大きく以下の4つの事業から構成され、新興国で全体の半分を売り上げています。2017年にアクティビストファンドであるKeith Meister(キース・マイスター)氏率いるCorvex Management(コーベックス・マネジメント)が同社の株式を取得しています。

業績推移(年次)

2021年度の売上高は 243 億ユーロとなり、前年比 3.4%増、金額では 4.0%増、数量では 0.6%減となりました。原材料費の高騰によって営業利益率は減少しました。

ダノンの業績推移
ダノンの業績推移

業績推移(半期)

2022年前期(1-6月)
売上高は前年同期比12.59%増の13,325百万ユーロになりました。営業利益は62.87%増の1,386百万ユーロになりました。営業利益率は10.4%になりました。

2021年後期(7-12月)
前年同期比増収増益となっています。乳製品やミネラルウォーター需要の回復が主因です。

ダノンの半期業績推移

ダノンの半期業績推移

EPS成長

2021年度は希薄化後EPSが増加しました。

ダノンの希薄化後EPSの推移
ダノンの希薄化後EPSの推移

売上構成

乳製品、栄養補助剤とミネラルウォーターが主要事業となります。

ダノンの売上高構成(2021年度)
ダノンの売上高構成(2021年度)

乳製品
乳製品の中でもヨーグルトに強みを持ちます。Danone、Activa(アクティビア)、Actimel(アクティメル)、alpro、Yocrunch、OIKOS、Silk等のブランドで世界展開しています。乳製品の分野の世界シェアランキングでは食品の巨人ネスレと首位を争います。

ニュートリション・ベビーフード
乳幼児や育児用のミルクや離乳食をBlédina(ブレディア)、Dumex(デュメックス)、アプタミル、ミルパ等のブランドで世界展開しています。ベビーフードの分野の世界シェアランキングでもスイスのネスレと首位を争っています。

ミネラルウォーター
日本人も馴染みの深いエビアン、ボルヴィック等のブランドに加えアクア、FontVella、マイゾーンやボナフォン等で世界展開を図っています。ミネラルウォーターの世界シェアランキングでは業界首位級です。
上記3事業に加え、ダノンは医療用栄養補助食品(メディカルニュートリション)や植物由来の食品事業(買収したホワイトウェーブ)も展開しています。

競合分析

ヨーグルト分野での競合
ネスレ、ゼネラルミルズ、ラクタリス、ミュラー、コカコーラ、チョバーニ(Chobani)、ウィムビルダン(Wimm-Bill-Dann)、フリースランドカンピーナ、ララ、明治、アーラ、ファージ(Fage)、オーガニックバレー

植物由来の製品・飲料分野での競合
キャンベル、ヘイン・セレスティアル、ネスレ、ユニリーバ、ブルーダイヤモンド(Blue Diamond)、カリフィアファーム(Califia Farms)、トライバラット(Triballat)、ウェッサネン(Wessanen)、オートリー(Oatly)、バルソイア(Valsoia)、チョバニ(Chobani)、ネ・モロコ(Ne Moloko)

幼児向けニュートリション分野での競合
アボット、レキット、ミード・ジョンソン、ネスレ、ラクタリス、Yili)

ミネラルウォーター分野での競合
コカ・コーラ、ペプシ、ネスレMayora、中国のKang Shi FuとNongfu、フランスのCristaline、メキシコのEpura

M&A(合併買収)

1970年 エビアンを買収
1972年 フランスの食品会社BSNと経営統合
1980年 ボルビックを買収
2000年 クローネンブルク等のビール事業をビール大手スコティッシュ・ニューキャッスルに売却(スコティッシュ・ニューキャッスルはその後ハイネケンとカールスバーグに共同買収されています)
2002年 イタリアのフレッシュチーズ会社であるEgidio Galbaniを投資ファンドへ売却
2005年 HPブランドのソース事業をハインツに売却(ハインツはどの後クラフトフーズと経営統合しています)
2007年 オランダの医療用食品のロイヤル・ヌミコ(Numico)を買収
2007年 シリアル及びビスケット事業を約76億ドルでモンデリーズに売却
2008年 ニュージーランドの飲料大手フルコア(Frucor)をサントリーに売却
2009年 インドの財閥であるWadia Groupがビスケット大手であるBritannia Brandsを買収
2010年 中国のHuiyuan Juice(汇源果汁)の株式の一部を買収
2010年 米国のアイスクリームや冷凍カスタードを手がけるYoCreamを買収
2012年 インドのWockhardtより幼児食事業を355百万ドルで買収
2013年 モロッコの乳製品メーカーであるCentrale Laitiereの一部株式を買収
2014年 中国のベビーフード大手の雅士利国際(Yashili International)の株式25%を買収
2015年 中国のベビーフード会社(Dumex Baby)をYashiliへ売却
2016年 北米のオーガニック食品大手のホワイトウェーブ・フーズを買収
2017年 北米のオーガニックヨーグルトメーカーであるStonyfieldをラクタリスより875百万ドルで買収
2018年 中国のYashiliよりニュージランドの乳製品会社の49%を買収
2020年 英国の「元祖ボトルウォーター」として名高いHarogate Spring Waterを買収
2020年 ヤクルト株式を市場で売却トグルボックス内容

ホワイトウェーブ買収のケーススタディ

  • 仏ダノンによる米国の大豆等に強いオーガニック食品企業ホワイトウェーブの買収。
  • 買収総額は125億ドル。ホワイトウェーブの前日終値に対して19%のプレミアムを乗せた水準。
  • ホワイトウェーブは大豆などをベースにした有機食品に強く、消費者のヘルシーな食品へのニーズを捉えた成長を実現してきた。直近の売上高は40億ドル。
  • ダノンは、北米に強いブランド力を持つホワイトウェーブのホライゾンやヨーグルトのワラビーなどの健康食品ブランド乳製品や有機食品事業を買収することで、同地域での事業強化を図る。
  • オーガニック食品分野は消費者の健康志向から食品業界の中では成長領域。
  • ダノンが強みを持つヨーグルト等も広義の健康食品であり、ホワイトウェーブフーズの手掛けるオーガニック食品との親和性が高い。
  • ホワイトウェーブフーズは北米を中心に事業展開をしており、ダノンにとっては地理的な補完性を高める意味合いを持つ。

株主構成

物言う株主のアーティザンパートナーズが第2位株主となっています。

ダノンの株主構成(直前期末時点)

ダノンの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

ダノンとインデックスの株価リターン比較

2022年11月27日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

戦略レビュー

ダノンによる戦略レビューと株主対話の分析

欧州を代表する乳製品メーカーであるダノンが戦略レビュー「Reshape. Review. Adapt」を開始すると発表しました。アルゼンチンのVegaブランドや蒙牛乳業の政策保有株式はレビュー対象となります。ブルーベルキャピタルパートナーズが公開対話を開始しました。
市場シェア

ベビーフード業界の市場シェア・売上高ランキング・規模・再編の分析

ベビーフード・幼児向け栄養製品業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。ネスレ、ダノン、レキット・ベンキーザー、アボット、伊利集団といったベビーフードメーカーの概略を掲載。
市場シェア

飲料・ミネラルウォーター業界の世界市場シェア分析

清涼飲料・ドリンク・ミネラルウォーター業界の世界シェア、市場規模や業界再編について分析をしています。コカコーラ、ペプシ、ダノン、ネスレ、キューリグ・ドクター・ペッパー、アヘ、ナショナルベバレッジ、農夫山泉といった世界大手飲料メーカーの動向も掲載しています。
市場シェア

食品飲料業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模の分析

食品飲料メーカーの世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模について分析。ネスレ、ペプシコ、コカ・コーラ、モンデリーズ、クラフトハインツ、ABインベブ、タイソン・フーズ、ADM、ユニリーバ、アサヒビールといった食品医療メーカーの概略や動向も掲載。
市場シェア

乳製品業界の世界市場シェアの分析

乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト・バター)業界の世界市場シェア、市場規模、再編について分析をしています。ダノン、ラクタリス、フォンテラ、伊利といった大手乳製品メーカーの概要や動向も掲載しています。