タイソンフーズの市場シェアと事業詳細についての分析

タイソンフーズの市場シェアと事業詳細についての分析

Tyson Foods(タイソン・フーズ)は、1935年に設立された世界最大手の食肉加工会社です。鶏肉、牛肉、豚肉を万遍なく手掛けています。2001年に当時世界最大手の牛肉加工会社の米IBS(アイビーエス)を買収しました。また、2017年にはアドバンスピエール・フーズを買収し、加工食品事業も強化しています。

業績推移(年次)

2021年度は前年度比増収増益になりました。売上高は、主に各セグメントにおける平均販売価格の上昇により、2020年度比9%増の470億ドルとなりました。営業利益は、鶏肉および豚肉セグメントの営業利益の減少があったものの、牛肉の好調な業績とペット用おやつ事業の売却益により、2020年度比で増加しました。

タイソンフーズの業績推移
タイソンフーズの業績推移

業績推移(四半期)

2021年4四半期(7ー9月)は前年同期比増収増益でした。売上高はインフレ圧力を相殺するために進めた価格政策が奏功し、約20%増加しました。営業利益は、牛肉事業が引き続き好調であったことにより、増益となりました。

タイソンフーズの四半期業績推移
タイソンフーズの四半期業績推移

EPS成長率

2019年度以降、3年連続で希薄化後EPSは順調に増加しています。

希薄化後EPSの推移
希薄化後EPSの推移

売上構成

食肉事業が主力となります。冷凍冷蔵といった加工食品も強化しています。

タイソンフーズの売上構成(2021年度)
タイソンフーズの売上構成(2021年度)

食肉の中では、牛肉が最も規模が大きく、鶏肉、豚肉と続きます。

直近のM&A(合併買収)

取り扱う食肉の種類拡大や補完性、もしくは下流領域の強化に向けたM&Aを行っています。

2001年 IBSを買収
2013年 Don Julio Foodsの買収
2014年 Hillshire Brandsの買収
2017年 アドバンスピエール・フーズの買収
2021年 ペット用おやつ事業をゼネラルミルズへ売却

直近1年間の株価リターン

タイソンフーズとインデックスの株価リターン比較

2022年01月22日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

植物肉・培養肉スタートアップの業界カオスマップと資金調達額ランキングの分析

代替肉と呼ばれる植物肉や培養肉のスタートアップの業界カオスマップと資金調達額ランキングを分析しています。持続可能な食料供給の観点から代替肉の技術には大きな注目が集まっています。代替肉スタートアップであるネクスト・ジェン、モチーフ・フードワークス、Hooray Foods、ベターミート、Rebellyous Foods、プランティブルフーズ、スターフィールド、DAIZ、ビヨンド・ミート、インポッシブルフーズ、モサミート、ミータブル、アップサイドフーズ、スーパーミート、フューチャーミート、ニューエイジミーツ、アレフファームズ、リディファインミートの概要や動向も掲載しております。
2021.12.26
市場シェア

食品飲料業界の世界市場シェアの分析

食品飲料メーカーの世界市場シェア、市場規模や業界ランキングについて分析を行っています。ネスレ、ペプシコ、コカ・コーラ、モンデリーズ、クラフトハインツ、ABインベブ、タイソン・フーズといった主要食品メーカーの概略や動向も掲載しています。
2021.12.26
市場シェア

飼料業界の世界市場シェアの分析

飼料業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。チャロンポカパン、新希望集団(ニューホープ)、カーギル、ランドオレイクス、JA全農といった世界の主要な肥料会社の概要や動向も掲載しています。
2021.12.26
市場シェア

食肉・ハム・ソーセージ業界の世界市場シェアの分析

食肉・ハム・ソーセージ業界の世界市場シェア、市場規模や再編について分析しています。タイソンフーズ、JBS、万洲国際、日本ハム、伊藤ハム米久といった食肉・ハム・ソーセージの世界大手メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.01.11