M&Aや再編対象となる広告・マーケティング会社の分析

今後M&Aや業界再編が予想される広告・マーケティング・調査会社について候補先企業の概要を分析しています。SEOマーケティング、製品レビュー、購買体験最適化提供、メール配信など多数の分野で今後M&Aが予想されます。本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。なお、※はプライベートエクイティやベンチャーキャピタルが買収や出資を行った着眼点への考察コメントです。

M&Aの対象となりえるSEOマーケティング会社

SEOマーケティングとは、グーグル等の検索エンジンに上位表示させることでウェブサイトへの集客をより効率的に行う手法です。SEOはサーチエンジンオプティ枚ゼーション(Search Engine Optimization)の略です。上位表示に限らず、有料のリスティング広告等を利用したマーケティング手法はSEM(サーチエンジンマーケティング)と呼ばれます。
調査会社ザビジネスリサーチカンパニーによると、SEOマーケティング業界の2019年の世界市場規模は433億ドルです。2023年にかけて年平均19%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

二桁成長が見込める業界ということもあり、プライベートエクイティによる買収が相次ぎます。米国のHibu、ドイツのPIAやデンマークのSiteimproveが今後のM&A候補として考えられます。

社名:Yoast(ヨースト)
本社所在地:米国
買収した年:2021年
現在の株主:Newfold Digital(ニューフォールドデジタル)
Yoast(ヨースト)はワードプレスのプラグインで検索サイトの上位表示をサポートしています。Clearlake Capital(クリアレイクキャピタル)と Siris Capital(シリスキャピタル)が保有するウェブテクノロジープラットフォームであるNewfold Digital(ニューフォールドデジタル)が買収を行いました。
※SEO対策プラグインとしては古くから知られています。新しいオーナーの下で、有料化(プレミアム)プランへのスムーズな誘導が予想されます。

社名:Hibu
本社所在地:米国
買収年:2021年
株主:HIGキャピタル
検索エンジン最適化(SEOマーケティング)を行う会社です。HIGが買収しました。

社名:PIA
本社所在地:ドイツ
買収年:2014年
株主:エクイストーン
検索連動広告、SNSマーケティング、SEO等でのマーケティングを得意とします。エクイストーンが買収しました

社名:Siteimprove
本社所在地:デンマーク
買収年:2020年
株主:ノルディックキャピタル
ウェブサイト品質改善に向けアクセシビリティ向上、コンプライアンスチェック、SEOといった包括的なサービスを提供しています。2020年に買収しました。


アフィリエイトや製品レビューマーケティング分野で今後M&Aの可能性がある会社

製品レビューサイトとは、特定の製品やサービスを購入利用した消費者が、インターネット上で感想、評価、改善点等のフィードバックができるサイトを指します。Googleレビュー、Yelp、Facebookレビュー、TripAdvisor、Yotpo、Trustpilotなどがレビューサービスを提供している大手会社として挙げられます。通常はイーコマース(EC)サイトと連動して、製品レビューを見た顧客が製品やサービスを購入でき、製品レビューサイトはその際手数料(収益)を受け取ることができます。製品レビュー自体の市場規模はありませんが、イーコマースの市場規模に連動すると仮定すると類推は可能です。

調査会社のグランドビューリサーチによると、2019年のイーコマースの世界市場規模は9兆ドルです。2027年にかけて14.7%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

仮にイーコマース向けの数%が製品レビューサイトからの流入だとしても、そこから得られる手数料(製品レビューサイトの収益)は非常に大きなポテンシャルとなります。米国のBazaarvoiceがM&Aの候補として考えられます。

社名:Bazaarvoice
本社所在地:米国
買収年:2021年
株主:THL
消費者が投稿できる製品レビューサイトを運用しています。製品ごとにECサイトと連携することでECサイトの集客をサポートしています。THLが買収しました。

社名:Gen3
本社所在地:米国
買収を発表した年:2007年
現在の株主:Comvest Partners
Gen3は、金融サービス、健康・ウェルネス、アパレル・アクセサリー、ホーム&ガーデンなど、さまざまなエンドマーケットの大手オンライン小売企業のアフィリエイトプログラムやデジタルマーケティングプログラムを管理しています。


M&Aの対象となりえるマーケットリサーチや市場調査会社

消費者向けのアンケートや調査、もしくは小売りデータなど消費者の行動に伴う各種情報を調査・収集・分析する業界です。グーグルやフェイスブックが自社媒体での独自の顧客属性の分析を行い、また個人情報の保護や管理への規制が強化されているなかで、業界再編が続いています。

当サイトでは、以下の各種統計データを参考にし、2020年の市場調査業界の市場規模を740億ドルとしています。調査会社のリサーチアンドマーケットによると、2020年の同業界の市場規模は740億ドルです。2019年は758億ドルです。2023年にかけて年平均4%の成長を見込みます。

参照したデータの詳細について

社名:Full Sail IP Partners(フルセイルIPパートナーズ)
本社所在地:米国
JVを設立した年:2021年
現在の株主:Warburg Pincus、LMCA
フルセイルIPパートナーズはブランドを買収しライセンスを通じてブランドの事業を伸ばすことを目的とした会社です。2021年9月にフルーツジュース、スムージー、エナジーバーで有名な食品・飲料ブランドのOdwalla(オドワラ)をコカ・コーラから買収しました。

社名:Cint
本社所在地:スウェーデン
買収年:2016年
株主:ノルディックキャピタル
Cintは、スウェーデンに本拠をおくマーケティングリサーチ会社です。OpinionHUBを通じて市場調査を行っています。ノルディックキャピタルが2016年に買収をしました。2021年にストックホルム証券取引所に上場しました。同社によると、世界のアンケート市場の規模は370億ユーロです。競合会社は、SurveyMonkey、Qualtrics、Zappi、Ipsos、Nielsen等となります。⇒参照したデータの詳細情報

社名:NielsenIQ
本社所在地:米国
買収年:2020年
株主:アドベントインターナショナル
Nielsen Global Connect(ニールセングローバルコネクト)は小売や消費財の販売動向の調査分析に特化した市場調査会社です。2020年に買収しました。

社名:Kantar Group
本社所在地:イギリス
買収年:2020年
株主:ベインキャピタル
Kantar Group(カンタール・グループ)はマーケティングリサーチを手掛けています。ベインキャピタルがWPPから買収しました。

社名:GfK
本社所在地:ドイツ
買収年:2016年
株主:KKR
GfKは1934年設立の市場調査会社です。KKRが買収をしました。

社名: International Data Group
本社所在地: 米国
設立年: 1964年
株主: ブラックストーン
International Data Group(IDG)は、テクノロジー関連業界(PC、サーバー、スマホ)等の業界データや市場動向を調査・分析する会社です。2021年にブラックストーンがChina Oceanwide Holdings Groupから買収しました。


広告代理店で今後M&Aの対象となる可能性のある会社

社名:Mediaocean(メディアオーシャン)
本社所在地:米国
買収した年:2021年8付き
現在の株主:CVCキャピタルパートナーズ、TAアソシエイツ
Mediaocean(メディアオーシャン)はオムニチャネル向けの広告を管理できるプラットフォームを展開するアドテク会社です。ビスタ・エクイティ・パートナーズから買収をしました。
※オンラインとオフラインの広告を管理できるサービスを提供しており、広告テック分野での成長が期待できます。

社名: BlueFocus International
本社所在地: 中国
買収年: 2021年
株主: CVCキャピタル、CDPQ
BlueFocus Internationalは中国に本拠を置く広告代理店のBlueFocus Internationalの子会社です。2021年にCVCキャピタルとCDPQが買収しました。

社名: アサツーDK
本社所在地: 日本
買収年: 2017年
株主: ベインキャピタル
アサツーDKは日本の大手広告代理店です。ベインキャピタルが2017年に買収をしました。

社名: Trader Interactive
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: ユーラゼオ(51%)、carsales(49%)
Trader Interactiveは、パワースポーツ、レクリエーション・ビークル、商用トラック、機器業界向けのオンライン広告およびマーケティングソリューションを提供する会社です。2021年にユーラゼオが豪州でオンライン自動車広告プラットフォームを展開するcarsalesに49%の持分を売却しました。

広告効果の測定分野でM&Aの対象となる可能性がある会社

社名: Simpli.fi
本社所在地: 米国
買収した年: 2021年
現在の株主: ブラックストーン、GTCR
Simpli.fiは広告費に対するROIの効果を可視化・最大化するためのソフトウェアを広告代理店や広告主に提供しています。2021年にブラックストーンが出資を行いました。

翻訳分野でM&Aの対象となる可能性がある会社


社名:LanguageWire(ランゲッジワイヤー)
本社所在地:デンマーク
買収した年:2021年8月
現在の株主:ブリッジポイント
LanguageWire(ランゲッジワイヤー)は、2000年に設立された企業向けにウェブや資料などの多言語翻訳を行う企業です。機械翻訳やAI技術を駆使した翻訳には定評があります。
※多言語での事業展開は全ての企業から求められる成長戦略です。プライベートエクイティの傘下で従来の労働集約的な翻訳作業を、AIベースの自動化作業へ移行する戦略が遂行されると思われます。

社名:Lionbridge
本社所在地:米国
買収年:2016年
株主:HIGキャピタル
Lionbridge(ライオンブリッジ)は、翻訳や多言語でのマーケティングをサポートしています。世界47か所で事業を展開しています。HIGキャピタルが2016年に430億ドルで買収をしました。2021年にAIアルゴリズムの開発を行うLionbridge AIをカナダのTELUS Corporationへ9.3億ドルで売却しました。

その他広告・マーケティング分野のM&Aの対象となりえる会社

社名:Ansira
本社所在地:米国
買収年:2016年
株主:アドベントインターナショナル
Ansira Holdings, Inc(アンシラホールディングス)は、1919年に設立され、セントルイスに本社があるグローバルマーケティング代理店です。 戦略、パフォーマンスマーケティング、ロイヤルティマーケティング等のサービスを得意とします。アドベントインターナショナルが2016年に買収しました。

社名:Mecenat Holding
本社所在地:スウェーデン
買収した年:2021年
現在の株主:IKインベストメント・パートナーズ
Mecenat Holdingは若者向けコミュニティーへ独自の割引を行う企業です。2021年にIKインベストメント・パートナーズが買収しました。

社名:Classmates
本社所在地:米国
買収年:2015年
株主:HIGキャピタル
1995年に設立されたClassmates (クラスメイツ)は、約7千万人の高校の卒業生に向け、アルムナイに特化したSNSサービスを展開しています。HIGキャピタルが2015年8月にUnited Onlineより30億ドルで買収をしました。

社名:Bumble
本社所在地:米国
買収年:2019年
株主:Blackstone
Bumbleは出会い系SNSです。2019年にブラックストーンが買収をしています。

社名:Eletromidia
本社所在地:ブラジル
買収年:2013年
株主:HIGキャピタル
Eletromidia(エレクトロミディア)は、ブラジル に本拠を置き屋外広告ソリューションを提供しています。HIGキャピタルが2013年9月に買収をしました。

社名:RTB House
本社所在地:ポーランド
買収年:2019年
株主:シンベン
RTB House(アール・ティー・ビー・ハウス)はディープラーニング型学習技術により効率化されたリターゲティング広告配信を手がけるグローバル企業です。2012年にポーランドで操業を始め、現在は45カ国に事業を広めています。世界的スポーツブランドをはじめ、日本の楽天グループでも導入されており、eコマース企業に高度マーケティングテクノロジーを提供しています。事業内容に合わせ、カスタマイズされたサービスは旅行や不動産、アパレルなど幅広い分野で活用されています。シンベンが2019 年に買収をしました。

社名:Commerce Hub
本社所在地:米国
買収年:2018年
株主:シカモアパートナーズ
Commerce Hub(コマースハブ)は、米国に拠点をおくドロップシップ大手です。小売りやイーコマースに対して商品の販売強化をサポートしています。ナスダックに上場していましたが、プライベートエクイティのシカモアパートナーズがGTCRと共同で2018年に買収を行いました。

社名:Jakala Group
本社所在地:イタリア
買収年:2021年
株主:アーディアン
Jakala Group(ジャカラグループ)はインタリアに本拠を置くデジタルセールス&マーケティング会社です。2021年にアーディアンが買収しました。

社名:InSites Consulting
本社所在地:ベルギー
株主:メンタ・キャピタル
InSites Consulting(インサイトコンサルティング)は、1997年にVlerick Business Schoolから分社化したデジタルマーケティング会社です。Mentha Capital(メンタ・キャピタル)が買収しました。

社名:Sare
本社所在地:ポーランド
買収年:2018年
株主:21インベスト
Sareは、ポーランドに本拠を置くインターネット・マーケティング会社です。メール、電話、オンライン広告の改善を通じて、クライアント企業の売上及びマーケティングコストの改善に向けたサービスを提供しています。21インベストが2018年に買収しました。

社名:Inspired Thinking Group
本社所在地:イギリス
買収年:2017年
株主:エクイストーン
顧客にはアウディ、ハイネケン、ピューマがいます。エクイストーンが買収しました。

社名:Impact
本社所在地:フランス
買収年:2015年
株主:21インベスト
Impact(インパクト)は、フランスに本拠をおくマーケティングソリューションプロバイダーです。営業代行やマーチャンダイジングに関するサービスを提供しています。21インベストが2015年に投資を行っています。

社名:Centerfield
本社所在地:米国
買収年:2019年
株主:プラチナムエクイティ
Centerfield(センターフィールド)は、米国に本拠をおくオムニチャネルメディア、購入体験の最適化等のマーケティングサービスを提供する会社です。プラチナムエクイティが2019年12月に買収をしました。

社名:Sprinklr
本社所在地:米国
買収年:2020年
株主:Hellman
Sprinklrは米国に本拠を置き、顧客にデジタルコンテンツの作成と管理、顧客感情の分析、ソーシャルネットワークでのコンテンツ提供を可能にするサービスを提供しています。2020年にヘルマン&フリードマンが買収をしました。

社名:Cision
本社所在地:米国
買収年:2019年
株主:プラチナムエクイティ
Cisionは、ニュース配信とメディアのモニタリングを通じて、企業向けに効果的な広報(PR)およびマーケティングコミュニケーションを支援しています。米国に本拠をおきます。プラチナムエクイティが2019年10月に約27億ドルで買収をしました。2021年にAIを搭載したディープソーシャルリスニングに強みがあるイギリスのBrandwatch(ブランドウォッチ)を4.5億ドルで買収しました。

社名:Valpak
本社所在地:米国
買収年:2016年
株主:プラチナムエクイティ
Valpak(バルパック)は、米国のダイレクトメールやクーポン・マーケティング会社です。米国の新聞・ラジオ・通信等の複合メディアを展開するCox Media Groupより買収しています。プラチナムエクイティが2016年に買収を行いました。

社名:Vision
本社所在地:米国
買収年:2018年
株主:HIGキャピタル
Visionは、市場データをベースにしたマーケティングソリューションを提供しています。HIGキャピタルが2018年に買収をしました。

社名:LeadVenture
本社所在地:米国
買収年:2019年
株主:TAアソシエイツ
LeadVentureは機器などの販売促進用のデジタルマーケティングツールを提供します。2019年にTAアソシエイツが投資をしました。

社名:EDSA
本社所在地:フィンランド
買収年:2012年
株主:Triton Partners
European Directories (EDSA Group)は、フィンランドに本拠を置くタウンページを提供する会社です。デジタル化に向け事業を再編しています。Triton Partnersが2012年に買収しました。

社名:Vizrt
本社所在地:ノルウェー
株主:ノルディックキャピタル
Vizrtは、ノルウェーに本拠をおくテレビ局向けにリアルタイムで3Dグラフィックスやスポーツの各種データの分析ができるプラットフォームを提供する会社です。ノルディックキャピタルが買収しました。

社名:Lagardère Sports
本社所在地:フランス
買収年:2020年
株主:HIGキャピタル
Lagardère Sportsは、スポーツ向けマーケティング会社です。スポンサー、ブランドコンサルティング、会場運営、スポーツイベント管理などを行います。2020年にフランスの大手複合企業であるLagardèreグループから買収をしました。

社名:Liftoff
本社所在地:米国
買収年:2020年
株主:ブラックストーン
Liftoffは、米国に本拠を置くモバイルアップ向けのマーケティングサポート会社です。2020年にブラックストーンが買収しました。

社名:Vendavo
本社所在地:米国
出資した年:2021年
現在の株主:Accel-KKR、フランシスコパートナーズ
Vendavoは、主にB2Bの顧客向けのAIを使った価格設定の分析を行うサービスを提供しています。2021年にフランシスコパートナーズが出資を行いました。

広告・マーケティング業界のM&Aマルチプル

オンライン向けの広告やマーケティング分野は今後大きな成長が見込まれるため、企業価値を直近の対象会社の売上高で割った売上高倍率も4倍近い事例がありますが、通常は1倍前後のマルチプルです。

広告マーケティング業界の買収マルチプル
広告マーケティング業界の買収マルチプル
売上高倍率は企業価値/直近対象会社売上高で計算(⇒参照したデータの詳細情報)©ディールラボ

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。