スープ業界の世界市場シェアの分析

スープ業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。ユニリーバ、キャンベルズ、ネスレ等の主要スープメーカー概要も掲載しています。

スープ業界の世界市場シェア(2019年)

最新業界別売上高世界ランキング第8巻」に記載のスープメーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年のスープ業界の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はユニリーバ、2位はキャンベルズ、3位はネスレとなります。

1位 ユニリーバ 39%
2位 キャンベルズ 15%
3位 ネスレ 13%
4位 ゼネラルミルズ 3.4%
5位 GBフーズ 2.7%

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、スープ業界の2019年の世界市場規模を161億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のグランドビューリサーチによると、2018年の同業界の市場規模は161億ドルです。2025年にかけて年平均3%での成長を見込みます。調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによると2019年の同市場規模は161億ドルです、2027年にかけて年平均2.79%での成長を見込みます。

世界の主要なスープメーカーの概要一覧

ユニリーバ

Unilever(ユニリーバ)はイギリスとオランダに本拠を置く世界を代表する消費財大手メーカーです。イギリスの石鹸会社のリーバ・ブラザーズとオランダのマーガリン会社のマーガリン・ユニが1930年に合併して誕生しました。紅茶、アイスクリーム、食品、化粧品やパーソナルケア分野において強力なブランドを保有しています。

Campbell’s(キャンベルズ)
米国を代表するスープ缶メーカーです。トマトスープ、野菜ジュース、パスタソース、チョコレートのTam Tam等を展開しています。

ネスレ

ネスレは、1866年に薬剤師のアンリ・ネスレ氏によって設立されたスイスに本拠を置く世界最大級の総合食品・飲料メーカーです。食品ではパスタのブイトーニやコンソメのマギー等、飲料ではネスカフェやミロ、乳製品、菓子類ではKitKatやCrunch等のチョコレートのブランドにて世界展開しています。2018年以降、アクティビストファンドであるサードポイントからの要請で、事業ポートフォリオの再構築を急いでいます。2019年には、投資ファンドのEQTパートナーズ、アブダビ投資庁およびPSPインベストメントに、同社のスキンヘルスケア事業の売却の検討を開始しました。スキンヘルスケア事業は、Proactive(プロアクティブ)やCetaphil(セタフィル)などのにきび防止用の洗顔料、保湿剤などのスキンケア用品などを展開しています。

ゼネラル・ミルズ
米国に本拠を置く総合食品メーカーです。菓子類やハーゲンダッツ等のアイス等のブランドも手掛けています。スープはProgressoブランドで展開しています。

GBフーズ
スペインに本拠をおく食品メーカーです。2019年にベルギーに本拠を置き、キャンベルズから分社化独立したスープ会社であるコンチネンタルフーズを買収しました。

業界関連書籍

多国籍企業の変革と伝統: ユニリーバの再生(1965-2005年)
食品企業のグローバル戦略-成長するアジアを拓く

コメント

タイトルとURLをコピーしました