家電業界の世界市場シェアの分析

家電・電機業界の世界市場シェア、ランキング、業界再編と市場規模について分析をしています。ワールプール 、ハイアール 、エレクトロラックス 、BSH、Philips(フィリップス)、美的集団 、パナソニック 、LG等世界の主要な家電メーカーの一覧も掲載しています。

世界市場シェア


家電業界の市場シェアの算定にあたり、分子には「家電メーカーの世界売上高ランキング(2020年版)」における家電各社のドル建て売上高を、分母には家電業界の2019年の市場規模である2950億ドルを採用しています。
これらの数値をもとに家電メーカーの2019年の世界シェアを算出すると、1位はサムスンの12.5%、2位はハイアールの8.7%、3位はパナソニックの6.5%となります。

1位 サムスン 12.5%
2位 ハイアール 8.7%
3位 パナソニック 6.5%
4位 ワールプール 6.3%
5位 LG 6.0%
6位 ミディア 4.9%

7位 B/S/H 4.9%
8位 エレクトロラックス4.0%
9位 SEBグループ 2.4%
10位 フィリップス 2.1%
11位 シャープ 1.9%
12位 ダイソン 1.8%
13位 Arcelik(アルチェリク) 1.7%
14位 日立 1.5%
15位 Miele & Cie 1.2%
16位 Hisence 0.7%

1位は不動のサムスンです。サムスンのプレゼンテーション(2020年インベスタープレゼンテーション)によると、ホームアプライアンス事業は9年連続で市場シェア1位となっています。
2位は中国のハイアールです。日本の三洋電機や米国GEの家電事業を買収してプレミアム領域も積極的に展開しています。
3位は日本のパナソニックです。日本の電機メーカーで、特にアプライアンスと言われる、家電の領域に注力しており、海外展開を積極的に目指しています。東芝が美的集団の、シャープが台湾のホンハイの傘下となり、純粋な日系企業として、総合家電の商品を展開しているのは、パナソニックと14位の日立のみとなりました。
4位には米国のワールプールが入っています。メイタグやキッチンエイドなどのブランドで主に白物家電で強みを発揮しています。
5位は韓国のLGエレクトロニクス、6位は中国の美的集団とアジア勢が並びます。
7位は欧州勢からB/S/Hです。B/S/Hは、ボッシュとシーメンスの家電合弁会社として設立され、現在は独ボッシュ傘下のBSHです。デザイン力に優れた、大型家電やキッチン家電に強みを持ちます。
8位からは、スウェーデンのエレクトロラックス、フランスのSEBグループ、オランダのフィリップスと続きます。フィリップスは、現在小型家電やキッチン向け家電に注力しており、照明事業とは分社されました。
12位のダイソンは、吸引力に訴求した掃除機や、斬新なアイディアの製品を売り出しており、トップ10入りを狙えるポジションとなりました

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、家電業界の2019年の世界市場規模を2950億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。サムスン社の「2020年のインベスタープレゼンテーション」によると、2019年の世界の同業界の市場の規模は2950億ドルと推計されています。また、調査会社のベリファイドマーケットリサーチによると、2018年の同市場規模は1705.8億ドルとなっております。⇒参照したデータの詳細情報

主な再編事例

  • 2006年 WhirlpoolによるMay Tag(メイタグ)の買収。買収総額(企業価値)は26億ドル。EBITDAマルチプルは12.3倍
  • 2006年 PhilipsによるNXPセミコンダクターのKKR等投資ファンドへの売却
  • 2007年 Philipsによる米国のアウトドア照明大手であるGenlyte Groupの買収。買収総額(企業価値)は27億ドル。EBITDAマルチプルは11.4倍
  • 2009年 PhilipsによるオランダのコーヒーマシンメーカーであるSaeco Internationalの買収
  • 2010年 Spectrum Brandsによる米Russel Hobbsの買収
  • 2010年 ElectroluxによるエジプトのOlympic Groupの買収
  • 2011年 フランスのSEBによる中国キッチン・小型家電Suporの買収
  • 2011年 トルコのArcelikによる南アフリカのDefy Appliancesの買収
  • 2011年 ElectroluxによるチリのCIT買収
  • 2012年 KKRによるコーヒーマシーンメーカーの独WMF買収
  • 2012年 Middlebyによる米Viking Rangeの買収
  • 2013年 Whirlpoolによる合肥三洋の買収
  • 2014年 WhirlpoolがイタリアのIndesitを約22億ドルで買収。EBITDAマルチプルは9.8倍
  • 2015年 Middlebyによる英国のAGA Rangemasterの買収
  • 2016年 HaierによるGE Applianceの買収
  • 2016年 Midea(美的集団)による東芝ライフスタイルの買収
  • 2016年 ホンハイによるシャープの買収
    買収総額(企業価値)は25億ドル。EBITDAマルチプルは15.4倍
  • 2016年 PhilipsによるオランダのコーヒーマシンメーカーであるSaeco InternationalのN&W Global Vendingへの売却
  • 2016年 サムスン電子による音響大手であるHarman Internationalの買収。買収総額(企業価値)は86億ドル。EBITDAマルチプルは10.7倍
  • 2017年 Midea(美的集団)による中国のWuxi Little Swanの買収
  • 2020年 日立の海外事業の持分の過半をトルコのアルチェリクへ売却

世界の主要な家電メーカー

Whirlpool(ワールプール)

ワールプールは米国に本拠を置く世界最大級の家電メーカーです(1911年設立)。家庭向けの大型電機やコインランドリー向けの大型洗濯機に強みを有します。2014年にイタリアの家電機器メーカーであるインデシット社を買収するなど、積極的な買収によって事業を展開しています。特に白物家電業界や食洗機の分野で強みを発揮しています。白物家電や食洗機、コインランドリー向けの大型洗濯機に強みを有しており、ワールプール、キッチンエイド、メイタグ、アマナ、ジェン・エアー、イングリス、ブラステンプなど、数多くのブランドを保有しています。2014年にイタリアの家電機器メーカーであるインデシット社を買収、2018年にはブラジルの冷蔵庫用コンプレッサセクター事業であるEmbraco(エンブラコ)を日本電産に売却し、選択と集中を図りながら、積極的な事業展開を行っています。

ワールプールの主要M&A

  • 2001年 グッドマングローバルからアマナコーポレーションを買収
  • 2006年 ハイアールとの買収合戦の末にメイタグを買収
  • 2014年 イタリアの家電メーカーのインデシットを買収

Haier Electronics(ハイアール・エレクトロニクス)

Haier (ハイアール)は、1984年に張瑞敏(チャン・ルエミン)氏によって設立された、中国の青島に本拠を置く白物家電世界大手会社です。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン、パソコン等を世界的に展開しています。2011年に日本のメーカーである三洋電機の白物家電事業を買収し、アクア株式会社を傘下としました。また、2016年には米国のメーカーGEの家電部門を買収し、事業拡大を図っています。株主構成の特徴として、従業員持株会が大株主となっていることが挙げられます。

主なM&A
2016年 GEの家電部門を買収
2011年 三洋電機の白門家電事業を買収
ハイアール関連書籍
ビジネスモデル・エクセレンス ハイアールはなぜ白物家電の王者になれたのか
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
パナソニックの選択――「環境で稼ぐ」業態転換の未来

Electrolux(エレクトロラックス)

スウェーデンを代表する家電メーカーです。食洗機、掃除機、洗濯機や冷蔵庫の分野で強みを持ちます。規制当局の合意が得られず、GEアプライアンス買収に失敗しました。

B/S/H

ドイツに本拠を置くボッシュの家電子会社です。キッチン回りの家電等に強みを持ちます。ボッシュとシーメンスが双方の家電事業を統合して誕生しましたが、現在はボッシュの100%子会社となっています。デザイン力に優れ、キッチン向け家電に強みを持ちます。

Philips(フィリップス)

Philips(フィリップス)は、オランダに本拠を置く、家電・ヘルスケアメーカーであり、1891年にヘラルド・フィリップスによって設立されました。照明事業が祖業で、かつては半導体事業等も手掛けていましたが、近年、事業の再構築を行い、現在では医療機器、パーソナルヘルスケアの分野に注力しています。祖業でもある照明・ランプ事業は、フィリップスライティング(現シグニファイ)として分社化をしました。医療機器の分野では画像診断領域に強みを持ちます。家電分野では、電子歯ブラシやシェーバー等のパーソナルケア向けの商品ラインアップを強化しています。電子歯ブラシはソニッケア(Sonicare)ブランドで高機能帯をブラウンのオーラルBと二分しています。2021年に家電事業の一部(掃除機、コーヒーメーカー、アイロン等の家電)を売却しました。さらに詳しく

Samsung(サムスン電子)

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合家電メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電など、最終商品まで手掛けていることが強みです。垂直統合型の半導体チップメーカーとして、DRAM、NANDフラッシュメモリ、SSDの自社製造を手掛けています。最終製品のスマホやテレビにも強みを持ちます。OLEDや液晶パネルの製造はサムスンディスプレイ、リチウムイオン電池はサムスンSDI、電子部品はサムスン電気、造船はサムスン重工、バイオ製薬の製造はサムスンバイオロジックスで手掛けています。2016年には車載音響機器大手のハーマンを買収しました。

LG Electronics(LG電子)

LGグループは1952年にク・インフェ氏によって設立された韓国を代表する財閥グループです。1958年にLuckyとGoldStarが経営統合をして設立されました。電機事業、化学事業、通信事業が3本柱です。子会社は、家電メーカーのLGエレクトロニクス、電子部品の製造を手掛けるLGイノテック、液晶ディスプレイを手掛けるLGディスプレイ、総合化学メーカーのLG化学など多岐にわたります。

電機事業(LGエレクトロニクス):冷蔵庫等の白物家電業界では上位に位置しています。電子レンジや食洗機、スマートフォンや家庭用エアコン等を含む家電業界でも、フィリップスやハイアールと並び、世界上位に位置しています。テレビ製造や液晶パネル分野(LGディスプレイ)でも、サムスンと並び世界上位に位置しています。車載向け機器も手掛け、2018年にはオーストリアの自動車照明大手であるZKWを買収しました。

LGディスプレイ:韓国LGエレクトロニクス傘下の液晶メーカーです。サムスンディスプレイと双璧です。テレビ向け液晶に強みがあります。中小型液晶分野では日本の液晶メーカーとも競合しています。2008年まで蘭フィリップスと提携していました。テレビ向けの大型有機ELに強みを持ちます。

化学事業(LG化学):シリコンウエハ業界、偏光板業界やリチウムイオン電池業界では、日系企業と並び、世界トップクラスのシェアを維持しています。リチウムイオン電池にも注力をしており、スマートフォン向けや現代/起亜、ルノー向けの車載用に開発が進められています。水処理膜の分野ではRO膜に強みを持ちます。2014年に米国の水処理膜メーカーであるNanoH2Oを買収しました。

株主構成:創業ファミリーであるクー一族が、持株会社であるLGの株式を約50%保有しています。LGを通じて、LG化学、LGエレクトロニクス等のグループ会社の持分を保有し、緩やかなLGグループを構成ししています。

Midea Group(美的集团)

1968年に何亮健(He Xiangjian)氏によって設立された中国に本拠を置く家電メーカーです。1993年に深セン証券取引所に上場しています。家庭用エアコンや洗濯機等に強みを持ち、2016年には東芝の家電部門とドイツの産業ロボット大手のKUKAを買収して事業規模を拡大しています。創業者の何享健が持ち株会社を通じて大株主となっています。

パナソニック

パナソニックは、1917年に松下幸之助氏によって設立された日本を代表する電機メーカーです。松下電工や三洋電機と統合し、総合電機メーカーとして世界的なプレゼンスを有します。アプライアンス(家電、空調、AV機器、累計2000億個を売り上げた約90年の歴史を持つ電池等)、オートモーティブ(蓄電池、音響機器等)、インダストリアル(電池やモーター等)、ライフソリューション(照明や水まわり等)、コネクティッドソリューションズ(フライトエンターテイメント、航空機向け電子機器、監視カメラ等)といった事業部制に特徴がありましたが、2022年にパナソニックホールディングスを設立し、事業部はホールディング傘下の独立した子会社となる予定です。

SEB Group(セブグループ)

SEBは1857年に設立されたフランスを本拠とする世界的な小型家電・調理器具メーカーです。日本でも有名なテフロン加工のT-fal(ティファール)ブランドのフライパンをはじめ、Rowenta, Krups, All Clad, Lagostina and Moulinex等のブランドを展開しています。業務用コーヒーメーカーのWMFを買収しています。議決権の約半分が創業家によって保有されています。2019年度の売上構成比では、小型家電が58%、調理器具が31%、業務用器具が11%となっています。2015年以降の売上高の推移は以下の通りとなります。
2015年 48億ユーロ
2016年 50億ユーロ ← KKRからWMFを買収
2017年 65億ユーロ
2018年 68億ユーロ
2019年 74億ユーロ

シャープ

日本を代表する家電メーカーです。液晶事業への大型設備投資が負担となり、2016年からは、台湾の大手受託会社であるホンハイの傘下に入りました。2017年に再上場を果たしています。

日立

日本を代表する総合重電メーカーです。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電も手掛けています。東芝の家電部門が中国の美的集団に買収されるなかで、規模では既に日立の家電事業の数倍となったアジア勢と今後どのように競っていき、利益率を向上させるかに注目が集まっています。2020年12月に、海外事業の過半の持ち分をトルコのアルチェリクへ売却しました。国内の家電事業は日立単独で、海外はトルクのアルチェリクと組んで利益率の改善を図りつつ事業展開していくことになります。

アルチェリク

1955年にVehbi Koc(ヴェフビ・コチ)氏によって創業されたトルコ大手財閥であるコチグループ傘下の家電メーカーです。白物家電等に強く、トルコ国内では最大手です。海外展開にも積極的で、海外ではベコブランドで展開しています。EBITDAマージンが10%前後あり、収益性の高さが強みです。

2015年2016年2017年2018年2019年
売上成長率13.65%29.43%29.04%18.60%
EBITDA成長率12.55%20.49%37.05%22.66%
EBITDAマージン9.96%9.86%9.18%9.75%10.08%
アルチェリクの成長率と利益率 ©業界再編の動向

ダイソン

英国から彗星の如く出現したプレミアム家電メーカーです。吸引力で差別化を図る掃除機や、羽根のない扇風機等、斬新なアイディアと技術力でブランドを確立しています。

デロンギ

デロンギ社はイタリアに本拠を置く小型家電メーカーです。1902年に創業。オイルヒーター等の暖房機器、エスプレッソ・コーヒーメーカー、ハンドブレンダーやオーブン等の調理を設計・製造・販売しています。コーヒーメーカーのDe'Longhi、調理用のKenwood、ハンドブレンダーやフードプロセッサーのBraun(P&G社のブラウンよりライセンス供与を受けている)等のブランド名で事業を展開しています。直近の売上高は約2300億円、EBITDAマージンは約15%程度です。
競合する会社としては、フランスの家電メーカー(ティファールのフライパンでも有名)なGroupe SEB(SEBグループ)、オランダのフィリップス、スウェーデンのエレクトロラックス(Electrolux)、米国のワールプール(Whirlpool)が挙げられます。
下記の各社の売上高構成の比較表の通り、同社は小型家電(スモールアプライアンス)の比率が高く、同分野に特化してことが特徴としてあげられます。

デロンギの売上構成比の他社比較

デロンギの売上構成比の他社比較
出所:同社AR

地域別の売上高では、イタリア・ドイツの割合が概ね13%です。日本、北米、豪州等でもバランスよく展開をしています。

コーヒーメーカー事業:下図の通り、同社の売上は大きく、コーヒーメーカー事業、調理家電事業、暖房器具(ホームケア)事業となっています。その中でもコーヒーメーカー事業の売上は、全体と40%と大きな割合を占めています。

デロンギのコーヒー事業

デロンギのコーヒー事業
出所:同社AR

コーヒーメーカー、特にエスプレッソ・コーヒーメーカーは業界トップクラスの実績です。同社によればコーヒーメーカーは大きく、フィルターを用いるドリップコーヒーメーカー、ネスレが推進するカプセル型のネスプレッソメーカー、そしてボタンを押すだけで自動的にコーヒーを注ぎ始めるオートマチック型のエスプレッソ・コーヒーメーカーに大別されます。
ドリップコーヒーの分野は、同社はBraunブランドで展開しています。カプセル型は、ネスレと提携して、デロンギブランドのネスプレッソ(Nespresso)やネスカフェ ドルチェ グスト(Dolce Gusto) を製造・販売しています。ちなみに同社は、業界大手のネスプレッソOEMメーカーでもあります。エスプレッソ型はデロンギブランドで展開しています。
主な競合会社として、高機能・高価格帯では、フィリップスの展開するSaeco(サエコ)、スイスのJura(ユーラ)、中低価格帯では、米国のKeurig(キューリグ)のSenseo(センセオ)、ネスプレッソ、ワールプールの展開するKitchenAid(キッチンエイド)、ボッシュ・シーメンス等と競合をしています。

調理家電事業:同社の売上で、コーヒーメーカーに次ぐのが調理家電です。概ね全体の売上の40%弱の規模です。ハンドブレンダ―、フードプロセッサー、オーブン、電気ケルト、マルチグリルといった調理家電を製造・販売しています。調理家電は、ブラウンとケンウッドブランドで展開しています。同社によれば、ハンドブレンダ―の市場シェアは24%、フードプロセッサーは37%と非常に高くなっています。
主な競合は、フランスのSEBグループ、ワールプールのキッチンエイド、ダイソン、エレクトロラックス、パナソニック、美的集団、ボッシュ・シーメンスが挙げられます。

暖房・空調器具の分野では、オイルヒーター、Braunブランドのアイロンや空気清浄器が主力となっています。持ち運びできる空気清浄機では、世界トップクラスと言われています。

同社のM&Aとして、2001年に調理家電、ホームケアブランドに強いケンウッドとArieteを買収しました。2012年に調理家電、アイロン等に強みを持つBraunブランドをP&Gから買収しています。(BraunのシェーバーはP&Gが継続)。2017年に業務用コーヒーメーカーに強いEversysを買収しました。2020年には栄養素の抽出能力が高いNutribullet等のミキサーを販売しているCapital Brands Holdingsを420百万ドルで買収をしました。

同社の株式は、ミラノ証券取引所に上場をしていますが、引続き創業者Giuseppe De'Longhi (ジュゼッペ デロンギ)率いるであるデロンギ一族が約6割の株式を保有しているのが特徴です。

参照したデータの詳細情報について


参照したデータは以下の通りです。リンク切れなどありましたら、お問い合わせのページからご連絡頂けますと大変有難く存じます。