自動車業界の世界市場シェアと販売台数ランキングの分析

自動車業界の販売台数ランキング、世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。自動車メーカー世界大手のトヨタ、ルノー・日産・三菱自動車、ステランティス、GM、VW、BMW、現代、フィアット等の世界大手の自動車メーカーの概要や動向も掲載しています。

自動車メーカーの販売数ランキング(連結ベース)

自動車メーカー各社の2020年度の販売台数(連結ベース)ランキングは、1位がフォルクワーゲンの9,157千台、2位がトヨタ自動車の7,646千台、3位がゼネラルモーターズの6,829千台となります。

自動車メーカーの販売数ランキング(連結ベース、2020年度)

  • 1位 フォルクワーゲン 9,157千台
  • 2位 トヨタ 7,646千台
  • 3位 ゼネラルモーターズ 6,829千台
  • 4位 ステランティス 5,766千台
  • 5位 フォードモーター 4,187千台
  • 6位 ヒュンダイモーター 3,745千台
  • 7位 ルノー 2,952千台
  • 8位 本田技研工業 2,617千台
  • 9位 スズキ 2,571千台
  • 10位 日産自動車 2,471千台
  • 11位 ダイムラーグループ 2,461千台
  • 12位 BMW 2,325千台

自動車メーカーの販売台数ランキング(2020年)
出所:自動車メーカーの販売台数ランキング(2020年)より作成

なお、自動車メーカー各社の開示資料の販売台数には、「グループ会社ベース」の販売台数と「連結ベース」の販売台数があります。前者は、連結対象でない会社(例えば、持分法適用の会社)も含めた販売台数で、後者は連結対象となる子会社のみを含めた販売台数となります。本ページでは、「連結ベース」の販売台数のランキングを記載しております。

仮に、グループ会社ベースのランキングを分析すると1位はトヨタグループ、2位フォルクスワーゲン、3位ゼネラルモーターズ、4位にはルノー・日産・三菱連合となります。

自動車メーカーの世界市場シェア(販売台数ベース)

自動車メーカー各社の2020年度の販売台数(連結ベース)を分子に、また後述する市場規模を分母にして、自動車業界の2020年の販売台数ベースの市場シェアを簡易に試算しますと、1位はフォルクワーゲンの11.7%、2位はトヨタの9.7%、3位はゼネラルモーターズの8.7%となります。

2020年の自動車メーカーの世界シェア(販売台数ベース)

  • 1位 フォルクワーゲン 11.7%
  • 2位 トヨタ 9.7%
  • 3位 ゼネラルモーターズ 8.7%
  • 4位 ステランティス 7.3%
  • 5位 フォードモーター 5.3%
  • 6位 ヒュンダイモーター 4.8%
  • 7位 ルノー 3.8%
  • 8位 本田技研工業 3.3%
  • 9位 スズキ 3.3%
  • 10位 日産自動車 3.1%
  • 11位 ダイムラーグループ 3.1%
  • 12位 BMW 3.0%

自動車業界の販売台数世界シェア(2020年)
自動車業界の販売台数世界シェア(2020年)

世界1位は2019年に続きフォルクスワーゲンです。乗用車部門は排ガス不正問題も乗り越え、EVシフトを鮮明にしています。トラック・バス事業はトレイトンとして分社化しました。世界2位は日本の誇るトヨタ自動車です。スズキ等とも緩やかな連携を開始し、トヨタグループの拡充を図ります。ガソリン自動車の枠を超えた、燃料電池自動車、電気自動車、自動運転、スマートカー等が重視されるであろう次世代自動車を全方位で開発しています。世界3位は、米国の誇るジェネラルモーター(GM)です。チャプター11の影響も癒えつつあり、世界最大級の市場である北米と中国では存在感を示しています。第4位は、フィアットクライスラーとPSAが経営統合をして誕生したストランティスです。イタリア、フランス、米国の自動車メーカーの融合がスムーズにいくかが注目されます。第5位はフォードモーター、第6位は韓国のヒュンダイ自動車となります。低価格かつ高性能というアプローチが奏功しています。
第7位はルノーです。ルノー・日産グループでみれば第5位となります。EVで先行し、更なる上位入りを狙います。今後は、電気自動車やプラグインハイブリッド車といった分野での市場の伸びが予想され同連合にとっては追い風が吹きます。

1 位 フォルクスワーゲン 12.1 %
2 位 トヨタ 11.8 %
3 位 ルノー・日産自動車・三菱自動車 11.2 %
4 位 ストランティス 8.7 %
5 位 ゼネラルモーターズ 8.5 %
6 位 ヒュンダイモーター 7.9 %
7 位 フォードモーター 5.9 %
8 位 本田技研工業 5.7 %
9 位 ダイムラーグループ 3.7 %
(参考)
フィアットクライスラーオートモービルズ 4.9 %
グループPSA 3.8 %

自動車メーカーの世界市場シェア(売上高ベース)

自動車メーカー各社の2020年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する市場規模を分母にして、自動車業界の2020年の売上高ベースの市場シェアを簡易に試算しますと、1位はトヨタ、2位はフォルクワーゲン、3位はステランティスとなります。

2020年の自動車メーカーの世界シェア(売上高ベース)

  • 1位 トヨタ 9.6%
  • 2位 フォルクワーゲン 7.8%
  • 3位 ステランティス 6.0%
  • 4位 ダイムラーグループ 4.4%
  • 5位 フォードモーター 4.3%
  • 6位 ヒュンダイモーター 4.1%
  • 7位 ゼネラルモーターズ 4.0%
  • 8位 BMW 3.6%
  • 9位 本田技研工業 3.0%
  • 10位 日産自動車 2.4%
  • 11位 ルノー 1.8%
  • 12位 スズキ 1.0%

自動車メーカーの世界シェア(売上高ベース、2020年)
自動車メーカーの世界シェア(売上高ベース、2020年)

売上高ベースの自動車メーカーの世界シェアランキングは、販売台数ベースのものとは異なることが興味深いです。特にトヨタ自動車がVWを抜いてかなりの差で1位となっています。また販売台数だと11位いのダイムラーが、売上ベースだと4位になっています。ダイムラーの販売単価の高さが伺えます。

市場規模

当サイトでは、自動車業界の2020年の市場規模(販売台数ベースと金額ベース)を77.6百万台と2.7兆ドルとしております。参照にした統計や調査データは以下の通りです。

業界団体である国際自動車工業会が2011年からの自動車(乗用車、商用車、バス)の生産台数を集計しています。2020年度は77.6百万台の生産台数となります。

自動車の生産台数推移(2011年~2020年)
自動車の生産台数推移(2011年~2020年)

また、2017年から2019年の乗用車と商用車の生産台数推移(百万台以下は切り捨て)は以下の通りとなります。

乗用車
2017年 7千万台
2018年 68百万台
2019年 64百万台
2020年 55百万台

商用車
2017年 24百万台
2018年 26百万台
2019年 27百万台
2020年 22百万台

合計
2017年 95百万台
2018年 95百万台
2019年 91百万台

調査会社のアイビーアイエスによれば、自動車産業の2020年の市場規模は2.7兆ドルとなります。2021年にかけて年平均9.7%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

自動車業界再編の歴史

2010年代までは販売台数の規模を追う経営統合がメインでした。内燃エンジンの見直しやCASEといったモビリティ全体での変革が迫られる中で更なる再編が見込まれます。

1969年 フィアットによるランチアの買収
1974年 プジョーによるシトロエンの吸収合併
1986年 フィアットによるアルファロメオの買収
1991年 VWがチェコのシュコダを買収
1993年 フィアットによるマセラティの買収
1996年 VWがスペインのセアトを買収
1998年 トヨタとダイハツ工業との資本提携
1998年 ダイムラーベンツによるクライスラーの買収。ダイムラー・クライスラーの設立
1999年 日産とルノーが資本提携
2000年 ルノーによる韓国の三星自動車の買収
2001年 トヨタと日野自動車との資本提携
2003年 三菱自動車から三菱ふそうトラック・バスが分社化
2005年 ダイムラー・クライスラーが三菱ふどうトラック・バスを連結子会社化
2006年 ボルボによる日産ディーゼルの買収
2007年 ダイムラークライスラーによるクライスラーのサーベラスへの売却→ケーススタディ
2012年 VWによるポルシェの完全子会社化
2014年 フィアットによるクライスラーの完全子会社化。フィアット・クライスラーの設立
2016年 日産による三菱自動車の持分法
2017年 トヨタによるマツダへの出資
2017年 プジョーシトロエンによるオペルの買収
2021年 PSAとFCAが経営統合しストランティスが誕生

さらに業界に詳しくなるためのお薦め書籍と業界団体

世界自動運転プロジェクト総覧
豊田章男
CASE革命 2030年の自動車産業
Automotive Service Associan
ACEA – European Automobile Manufacturer’s Association
JAMA – 一般社団法人日本自動車工業会

世界の主要な自動車メーカーの動向

TOYOTA(トヨタ自動車)

1937年に豊田喜一郎氏などによって設立された日本を代表する自動車メーカーです。かつては世界首位を米GMと競い、現在はVW(フォルクスワーゲン)やルノー・日産・三菱自動車連合と首位を競っています。2016年ダイハツを完全子会社化し小型車の開発を強化しています。商用車では日野トラックとの連携を深めています。CASEや燃料電池といった今後の自動車業界の技術革新に備え、マツダやスズキとも業務提携を行い、緩やかな連合体制を構築しています。

GM(ジェネラル・モーターズ)

1908年にウィリアム・C・デュラント氏によって設立された米国を代表する自動車メーカーです。2008年にトヨタに抜かれるまで、長らく世界1位自動車販売台数を維持していました。2009年に経営破たん(チャプター11)後は、国有化の上、2013年に再上場を果たしました。2017年にドイツのオペルをプジョーシトロエンに売却しました。2035年までに新車を電気自動車等のゼロ・エミッション車へ切り替える予定です。

VW(フォルクスワーゲン)

1937年に設立されたドイツを代表する自動車メーカーです。第二次世界大戦後にビートルで成長を遂げ、ゴルフシリーズの成功で世界大手となりました。高級自動車である、Bentley、ランボルギーニ、ポルシェ、ブガッティやAudi(アウディ)を傘下に擁しています。2015年の排ガス不正ソフトウェア問題が課題となりましたが、現在ではEV化へ舵を切っています。トラック・バス事業は2018年にTraton(トレイトン)として分社化しました。フォルクスワーゲングループブランドの新車・中古車を調達できることが強みを活かした自動車リース事業も展開しています。さらに詳しく

HYUNDAI(現代)

1967年に鄭周永氏によって設立された韓国を代表する自動車メーカーです。韓国国内では圧倒的なシェアを保ちます。日本車よりも安価だが、同等の品質といった差別化戦略でグローバルでの地位も固めています。

ステランティス(Stellantis)

フランスのPSAとイタリアのフィアット・クライスラー・オートモービルズが2021年経営統合をして誕生した自動車メーカーです。高級車のマセラティ、アルファロメオ、SUVのジープ、フィアット、ランチア、クライスラー、ダッジ、プジョー、シトロエン、オペル、ボクソールといったブランドを有しています。

フィアット・クライスラー・オートモーティブ
1899年にジョバンニ・アニェッリ(Giovanni Agnelli)氏によって設立されたフィアットと1925年に設立されたクライスラーが経営統合して誕生したイタリアを代表する自動車メーカーです。

PSA(プジョー・シトロエン)
仏大手自動車メーカーです。2017年に米GMから年間生産台数約130万台のドイツのオペルを買収しました。

Ford(フォード)

1903年にヘンリー・フォード氏によって設立された米国を代表する自動車メーカーです。T型フォードで自動車の大量生産の時代を切り開きました。トップ3から脱落して久しいがブランド力等は圧倒的です。

SUZUKI(スズキ)

スズキは、1909年に鈴木式織機として設立された自動車、二輪車および船外機メーカーです、特に、軽自動車、小型車やオートバイに強みを有しております。海外ではインドの4輪市場では圧倒的な存在感を示しています。さらに詳しく

RENAULT(ルノー)

1898年にルイ・ルノー氏によって設立された仏大手自動車メーカーです。日産の筆頭株主です。2016年に三菱自動車も傘下に入れ、ルノー・日産・三菱自動車・アフトヴァース(AVTOVAZ)連合を形成しました。2017年は1060万台と世界首位のVWに肉薄するものの、連合の事実上のCEOでもあったカルロス・ゴーン氏が日本の検察に逮捕されました。ルーマニアのダチア(Dacia)も有しています。

NISSAN(日産)

1933年に設立された国内大手自動車メーカーです。1999年にフランスの大手自動車メーカーのルノーから資金支援を受けました。現在もルノーが43.7%の株式を保有する筆頭株主です。日産もルノーの株式を15%保有しており、株式の持合が続いています。

三菱自動車

1970年に三菱重工から分社化して誕生した日本の大手自動車メーカーです。三菱重工時代はクライスラーとの提携が続き、2000年にダイムラークライスラー(当時、現ダイムラー)と資本提携を行いました。三菱ふそうトラックをダイムラーにしました。2008年にはダイムラーとの提携を解消し、フランスのPSAと提携をしました。2016年に日産が筆頭株主となり、現在はルノー日産グループの一員となっています。

BMW

1916年に航空機エンジンメーカーとして設立されたBMWは、現在はドイツの高級自動車メーカーです。BMW、MINI、ロールスロイス、オートバイのBMWのモトラッドブランドで世界展開しています。ロールスロイスは1998年、MINIは1994年にBMWの傘下に入りました。モトラッドは1923年から展開している大型バイクメーカーです。自動車リースも手掛け、Alphabet(アルファベット)で展開しています。電気自動車(EV)でも上位に位置します。さらに詳しく

ダイムラー

ドイツに本拠を置く大手自動車メーカーです。乗用車、トラック、バス、自動車リースが事業の柱となっています。乗用車ではメルセデスベンツで高級車セグメントにフォーカスした世界展開をしています。1998年にクライスラーと合併したが、2007年にクライスラーを売却しました。トラック分野では、三菱ふそうトラック・バスを傘下に保有しています。バス分野はメルセデスベンツとゼトラ(Setra )ブランドで展開しています。売上の約66%が欧州となっています。インドではバーラト・ベンツ (BharatBenz) ブランドを展開しています。2021年にメルセデスベンツとダイムラートラックの分社化が発表されました。自動車リースはAthlonで展開しています。さらに詳しく

HONDA(ホンダ)

1948年に本田宗一郎氏によって設立された日本の誇る自動車・オートバイメーカーです。乗用車では世界大手、オートバイでは世界最大手です。船外機、芝刈り機などのガーデニング機器、高級エアクラフト機であるホンダジェット、販売金融、人型のロボット開発(ASIMO)といった事業も手掛けています。さらに詳しく

中国のOEM

中国の主要自動車メーカーには、長安汽車、広州汽車、上海汽車、吉利、長城、BYD等が挙げられます。
BYDについて

BYD(比亜迪)は、王伝福(Wang Chuanfu)氏によって1995年に設立された中国の電気自動車・車載電池メーカーです。スマホや産業機器向けのリチウムイオン電池の製造に加え、車載向けの電池と電気自動車製造の一貫生産体制が強みです。電気自動車は、SUVのTang、PHVのQin、セダン型のEVであるe6、e5等のブランドを展開しています。王氏は電池王とも称されています。電気自動車を含む新エネ車(EV自動車)でも世界最大規模を誇ります。ウォーレンバフェット率いるバークシャー・ハサウェイ傘下のMidAmerican Energyが大株主となっています。2020年には刀片電池と言われる長距離走行が可能な車載電池を開発しました。さらに詳しく

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。