オートリース・自動車リース業界

オートリース・自動車リース業界の世界シェア、市場規模や再編の情報を分析しています。リースプラン、エレメントフリート、ARI、オリックス、ALDオートモーティブ、アーバル、VWリーシング等の世界大手自動車リース会社の動向も掲載しています。

世界市場シェア

「オートリース会社のフリート保有台数ランキングの分析(2020年版)」の車両管理台数の情報を分子に、2019年の市場規模を分母に用いて、2019年の世界市場シェアを簡易に計算すると、1位はリースプランの9.5%、2位はALDオートモーティブブの8.8%、3位はARIリースの8.5%となります。

2019年自動車リース業界シェア

1位 リースプラン 9.5%
2位 ALDオートモーティブ 8.8%
3位 ARIリース 8.5%
4位 VWリーシング 8.4%
5位 オリックス 7.0%
6位 アーバル 6.0%
7位 エレメントフリート 5.0%
8位 住友三井オートサービス 5.0%
9位 アルファベット 3.6%
10位 日本カーソリューションズ 2.5%
11位 アスロン・カーリース 2.0%

1位のリースプランは昨年に続き1位を維持しています。投資ファンドが保有しており、エグジット時点での売却先如何では、業界順位に大きな変動が起こる可能性があります。
2位は、フランスのソシエテジェネラル傘下のALDオートモーティブです。2017年に株式公開し、順調に保有台数を伸ばしています。3位には米国の同族会社であるARIリースが入ってきています。上場会社に比べて、短期的な業績に左右されない戦略が奏功しています。4位はVW傘下のVWリーシング、5位には日本のオリックスとなっています。6位と7位にはフランスのアーバルと米国のエレメントとなっています。両社は提携関係にあり、また欧州と米州という地理的補完関係にもあり、仮に合併すると断トツの1位となります。8位には日本の住友三井オートリース、9位はBMW傘下のアルファベットとなっています。

市場規模

調査会社のResearch And Marketsよれば2020年~2024年に自動車リース数は、2020年から1838万台増加、年率換算で平均15%成長すると予想しています。


the global car leasing market is poised to grow by USD 18.38 mn units during 2020-2024, progressing at a CAGR of 15% during the forecast period.

Research And Markets

調査会社のTechnavioによれば2019年~2023年に自動車リースは2019年から1463万台、年率換算で平均14%成長すると予想しています。

The global car leasing market size is poised to grow by 14.63 million units during 2019-2023.progressing at a CAGR of close to 14% during the forecast period

Technavio

これらの予想をもとに、2019年の自動車リースの市場規模を、当サイトでは2000万台と計算しています。
今後のMaaSの進展により、自動車においても所有から利用の流れが一層加速する可能性があり、年平均成長率が15%前後と成長が見込める業種と言えます。

オートリース・自動車リースとは?

自動車リースは、リース会社が自動車メーカーから自動車を購入して、自動車の利用者にリース会社が自動車を貸し出す(リースする)仕組みです。自動車の利用者は、自動車購入代金の負担をせずに、リース会社への月々の支払のみで自動車を利用できることができます。リース会社は、リース期間の終了後に自動車の利用者からリース車両の返却を受けることができます。

自動車リース会社の再編

自動車リース業界では規模の拡大を追求する再編が起こっています。

2010年 仏アーバルによるコメルツ銀行のオートリース事業の買収
2012年 アルファベットによるINGのオートリース事業の買収
2012年 リースプランによるBBVAのオートリース事業の買収
2014年 エレメントによるPHHの買収
2015年 アーバルとエレメントによるGEのオートリース事業の買収
2016年 ALDオートモーティブによるParcoursグループの買収
2016年 ダイムラーによるAthlonの買収
2017年 ALDオートモーティブの株式公開

自動車リース業界の動向

Lease Plan(リースプラン)

1963年に創業されたオランダに本拠を自動車リース世界大手です。オランダの銀行大手のABNアムロやVW傘下を経て、現在は複数年金・投資ファンドによるコンソーシアムが保有しています。世界30か国超で事業を展開しています。

Element Fleet(エレメント・フリート)

2016年にエレメント・フィナンシャルより分社化して誕生した米国に本拠を置く自動車リース会社です。2015年にGEキャピタル・フリートサービスを買収しています。北米・カナダを中心に全世界に展開しています。

ARI Lease

1948年にHolman Automotive Groupによって設立された米国に本拠を置く自動車リース大手です。現在もファミリーが所有しています。

ALD Automotive(ALDオートモーティブ)

フランスの大手金融機関ソシエテジェネラル傘下の自動車リース大手です。

Orix

日本を代表する自動車リース大手です。保険、銀行、電力、不動産等の分野を拡大しています。

Arval(アーバル)

フランスの大手金融機関BNPパリバ傘下の自動車リース会社です。

VWリーシング

自動車の世界大手VW傘下の自動車リース会社です。

Alphabet(アルファベット)

BMW傘下の自動車リース大手です。

Donlen(ドンレン)

レンタカー大手であるHertzの子会社です。2019年度の売上高は672百万ドル。主に米国の大手法人に対して商用車のリースを行っています。2019年は約21万台の車両を保有・リースしています。

出所:ハーツ社アニュアルレポート

自動車リース業界の参考書

自動車リース業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にしています。

Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命 ―移動と都市の未来―

図解でわかるリースの実務 いちばん最初に読む本 [単行本(ソフトカバー)]

キーワードでわかる リースの法律・会計・税務 (第5版) [単行本]

リース会計のしくみ (【図解でざっくり会計シリーズ】) [単行本]

ユーザーのための自動車リースがわかる本 [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました