自動車シート業界の世界市場シェアの分析

自動車シート業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。自動車シートメーカー世界大手であるリア・コーポレーション、アディエント、トヨタ紡織、フォルシア、マグナインターナショナル、テイ・エステック、日本発条(ニッパツ)、タチエスの動向についても掲載しています。

市場シェア

自動車シートメーカー各社の売上高を分子に、後述する市場規模を分母にして、簡易に2021年の自動車シート業界の市場シェアを算出すると、1位はリア・コーポレーション、2位はアディエント、3位はトヨタ紡織となります。⇒参照したデータの詳細情報

自動車シートの世界シェア(2021年)

順位会社名市場シェア
1位リア・コーポレーション22.2%
2位アディエント21.1%
3位トヨタ紡織14.1%
4位マグナインターナショナル7.5%
5位フォレシア5.4%
6位テイ・エステック3.9%
7位ニッパツ2.79%
8位タチエス2.76%
自動車シートの世界シェア(2021年)

自動車シートの市場シェア(2021年)
自動車シートの市場シェア(2021年)

1位と2位は、米国の自動車部品メーカーであるリア・コーポレーションとアディエント(旧ジョンソンコントロールズ)です。3位はトヨタ紡織です。

市場規模

当サイトでは、2021年の自動車シート業界の市場規模を650億ドルとしております。参照した統計データは以下の通りです。

調査会社のマーケッツアンドマーケッツによると、2021年の同業界の市場規模は515億ドルです。2030年にかけて3.2%での成長を見込みます。

調査会社のモードーインテリジェンスによると2021年の同市場規模は802億ドルです。2027年にかけて5.27%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

シート製造の必要技術

シート製造には、シートカバー、レザーやファブリックなどの表皮材、シートメカニズム、シートフォーム、ヘッドレストの設計、開発、組立技術が必要となります。またシートの電動化やセンサー制御へのニーズは高まっており、電動化や自動化に対応する技術も必要となります。

世界の主要な自動車シート会社

Adient(アディエント)

米国に本拠をおく自動車用のシートメーカーです。2015年にジョンソンコントロールズから分社化上場しました。2011年には高性能シートブランドであるRECAROを製造するKeiperを買収しました。

ジョンソンコントロールズについて

Johnson Controls(ジョンソンコントロールズ)は、1885年に設立された米国に本社を置く業務用空調制御システム、セキュリティシステム、火災検知システム、ビル管理サービスを提供する会社です。電気式サーモスタットを発明した歴史を持ちます。2016年に火災警報分野に強いTyco(タイコ・インターナショナル)と経営統合をしました。世界150ヵ国で展開し、エネルギー効率ソリューションや各種オートメーション事業を展開しています。自動車用のバッテリー等の分野に強みがありましたが2018年に売却しました。さらに詳しく

Lear Corporation(リアコーポレーション)

1917年に設立された自動車や航空機シート製造会社であるアメリカン・メタル・プロダクツが源流となります。1988年にMBOを経て現社名となりました。1999年には、ユナイテッドテクノロジーズから自動車用配電システム事業を買収しました。現在は、祖業である自動車向けのシートと買収した自動車用電気・電子システムが主力となっています。

2012年 自動車用シート大手のギルフォード・ミルズを買収
2015年 自動車用レザーサプライヤーのEverett Smith Groupを買収
2017年 Grupo Antolinの自動車用シート事業を買収
2019年 コネクテッドカーソフトウェアのXevoを買収

Faurecia(フォルシア)

1997年に設立されたフランスに本拠を置く自動車部品メーカーです。ステランティス(元PSAプジョー・シトロエン)のグループ会社です。空調、音響機器、安全運航システムや自動車シート等に強みを持ちます。2018年に日立より日産自動車やマツダ、三菱自動車など向けのOEM(相手先ブランドによる生産)のカーナビ大手であるクラリオンを買収しました。さらに詳しく

トヨタ紡織

1918年に豊田佐吉によって設立されたトヨタグループの源流の会社です。現在は自動車シート事業を中心に自動車内外装、フィルターや吸気系製品を手掛けています。

Magna International(マグナ・インターナショナル)

1957年に創業のカナダに本拠を置く自動車部品メーカーです。ボディ外装や構造、自動車シート、パワートレイン、自動車用電装品に強みを持ちます。自動車(完成車)製造受託の子会社も保有しています。2016年に変速機大手のドイツのゲトラグを買収しました。2021年に自動運転技術に強いスウェーデンのヴェオニアの買収を発表しました(その後断念)さらに詳しく

テイ・エステック

1960年に設立されたホンダ自動車系列の部品メーカーです。自動車・二輪車用シートや内装品を手掛けています。

タチエス

1954年に立川スプリングとして設立された自動車部品メーカーです。日産自動車、三菱自動車、日野自動車が主な取引先となっています。

ニッパツ(日本発条)

1936年に設立された自動車用ばねやシートに強みも持つ自動車部品会社です。板ばね、コイルばね、スタビライザ、トーションバー、ガスねじ、HDD用サスペンションなどを提供しています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。