GM(ゼネラルモーター)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

GM(ゼネラルモーター)の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ゼネラルモーターズは、1908年にウィリアム・C・デュラント氏によって設立された米国を代表する自動車メーカーです。2008年にトヨタに抜かれるまで、77年間自動車販売台数で世界1位を維持していました。2009年に経営破たん(チャプター11)後は、国有化の上、2010年に再上場を果たしました。2017年にドイツのオペルをプジョーシトロエンに売却しました。主要ブランドは、キャデラック、シボレー、ビュイック、GMCです。カーギャルことメアリー・バーラ氏が率い、2035年までに新車を電気自動車等のゼロ・エミッション車へ切り替える予定です。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比3.69%増の127,004百万ドルになりました。営業利益は前年度比40.55%増の9,324百万ドルになりました。バーラ氏によって営業利益率が向上しています。

ゼネラルモーターズの業績推移
ゼネラルモーターズの業績推移

業績推移(四半期)

2022年第1四半期(1-3月)
売上高は前年同期比10.79%増の33,584百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-32.99%の1,520百万ドルになりました。シボレーとGMCのライトデューティ・ピックアップの大幅なモデルチェンジがあり増収になりました。物流費や原材料高が減益の要因です。2025年末までに北米で100万台のEV生産能力獲得に向け引き続きEVシフトに向けた投資をしています。

2021年第4四半期(10-12月)
売上高は前年同期比-10.49%の33,584百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-45.07%の1,520百万ドルになりました。原材料や物流費の増加が減益の主因です。

ゼネラルモーターズの四半期業績推移

ゼネラルモーターズの四半期業績推移

EPS成長(年次)

業績の回復を反映して、2021年度の希薄化後EPSは増加しています。

ゼネラルモーターズの希薄化後EPSの推移
ゼネラルモーターズの希薄化後EPSの推移

EPS成長(四半期)

2022年第1四半期(1-3月)
希薄化後EPSは前年同期比-33.50%の1.35ドルになりました。

ゼネラルモーターズの希薄化後EPSの推移

ゼネラルモーターズの希薄化後EPSの推移

売上構成

自動運転を担うCruiseには期待がかかりますが、売上構成でみると非常に小さな割合となっています。

セグメント別売上構成(2021年度)
セグメント別売上構成(2021年度)

社名: Cruise(クルーズ)
本社所在地: 米国
設立年: 2013年
創業者: Daniel Kan、Kyle Vogt
Cruise(クルーズ)は2013年に設立された自動運転技術の開発会社です。2016年に自動車大手のGMが買収し、現在はGMのグループ会社となっています。ホンダとも提携しています。

M&A(合併買収)

  • 2017年 独オペルを仏ステランティスへ売却
  • 2016年 クルーズを買収
  • 2007年 Allison Transmission HoldingsをOnex Partnersに56億ドルで売却

株主構成

バークシャーハサウェイや環境派アクティビスト(物言う株主)のエンジン・ナンバーワンが大株主です。

直近1年間の株価リターン

GMとインデックスのリターン比較

2022年05月18日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)業界の世界市場シェアの分析

電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。BYD、テスラ、北京汽車、ゾタイといった電気自動車の大手プレイヤーの動向も掲載しています。
2022.04.19
市場シェア

自動車業界の世界市場シェアと販売台数ランキングの分析

自動車業界の販売台数ランキング、世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。自動車メーカー世界大手のトヨタ、ルノー・日産・三菱自動車、ステランティス、GM、VW、BMW、現代、フィアット等の世界大手の自動車メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.13