ソリッドステートドライブ(SSD)業界の世界市場シェアの分析

ソリッドステートドライブ(SSD)業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。サムスン電子、サンディスク、ライトン、キングストン等のSSD世界大手の動向も掲載しています。

世界市場シェア

調査会社のT4によれば、2019年のSSDの出荷台数ベースの世界市場シェアは以下の通りとなります。

1位 サムスン電子 28%
2位 ウェスタンデジタル 20%
3位 キングストン 12%
4位 キオクシア 10%
5位 インテル 8%

SSDの市場シェア1位は韓国のサムスン電子、2位はサンディスクを買収したウェスタンデジタル、3位は米国のキングストンとなります。

市場規模

調査会社のグローバルマーケットインサイツによれば、2019年のSSD業界の世界市場規模は550億ドルです。2020年から2026年にかけて年平均15%での成長を見込みます。調査会社のT4によれば、2019年は2億8千万個のSSDが出荷されています。

ソリッドステートドライブ(SSD)業界の動向

Samsung Electronics(サムスン電子)

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合電機メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電など、最終商品まで手掛けていることが強みです。垂直統合型の半導体チップメーカーとして、DRAM、NAND型フラッシュメモリ、SSDの自社製造を手掛けています。また半導体受託生産も行っております。最終製品のスマホやテレビにも強みを持ちます。OLEDや液晶パネルの製造はサムスンディスプレイ、リチウムイオン電池はサムスンSDI、電子部品はサムスン電気、造船はサムスン重工、バイオ製薬の製造はサムスンバイオロジックスで手掛けています。2016年には車載音響機器大手のハーマンを買収しました。さらに詳しく

ウェスタンデジタル

1970年に設立された米国に本拠を置く世界最大級のハードディスクメーカーです。日立グローバルストレージテクノロジーズを買収し事業を拡大しています。2015年に中国の紫光集団(チンファ・ユニグループ、Tsinghua Unigroup)が同社への15%出資を目指すも断念しました。2015年にコンパクトフラッシュ、SDカード等のフラッシュメモリーを製造するSanDisk(サンディスク)を買収しました。寡占化が進むハードディスク業界大手によるフラッシュメモリ大手の買収です。ウェスタンデジタルはサンディスクのSSD技術を取り込み、減少が予想されるPC向けハードディスクに代わるデータセンタ向け記憶媒体事業の強化を目指しています。さらに詳しく

Lite-on(ライトン)
台湾に本拠を置くパソコン周辺機器メーカーです。SSD分野を強化しています。2019年に東芝(現キオクシア)にSSD事業の売却をしました。

Kingston(キングストン)
米国に本拠を置く独立系メモリーメーカーです。SSD以外にもメモリ、USBドライブ、フラッシュカード等を手掛けています。

キオクシア
日本を代表する総合電機メーカーである東芝から分社化したフラッシュメモリーおよびその応用製品であるSSDなどのメーカーです。2019年に光宝科技(ライトン)からソリッド・ステート・ドライブ(SSD)事業を買収しました。

業界関連図書
メモリ技術が一番わかる (しくみ図解)
次世代半導体メモリの最新技術 (エレクトロニクスシリーズ)