ソリッドステートドライブ(SSD)業界の世界市場シェアの分析

ソリッドステートドライブ(SSD)業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。サムスン電子、サンディスク、ライトン、キングストン等のSSD世界大手の動向も掲載しています。

世界市場シェア

調査会社のT4によれば、2019年のSSDの出荷台数ベースの世界市場シェアは以下の通りとなります。

1位 サムスン電子 28%
2位 ウェスタンデジタル 20%
3位 キングストン 12%
4位 キオクシア 10%
5位 インテル 8%

SSDの市場シェア1位は韓国のサムスン電子、2位はサンディスクを買収したウェスタンデジタル、3位は米国のキングストンとなります。

市場規模

調査会社のグローバルマーケットインサイツによれば、2019年のSSD業界の世界市場規模は550億ドルです。2020年から2026年にかけて年平均15%での成長を見込みます。調査会社のT4によれば、2019年は2億8千万個のSSDが出荷されています。

ソリッドステートドライブ(SSD)業界の動向

Samsung Electronics(サムスン電子)

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合家電メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電など、最終商品まで手掛けていることが強みです。2016年に車載向けの音響に強いHarman Internationalを買収しています。スマートフォンの分野でも世界トップクラスです。NANDフラッシュメモリー、SSD、DRAMでも世界1位を長らく維持しています。通信基地局では、エリクソン、ノキア等の欧州勢、ファーウェイ等の中国勢を追い上げる立場にいます。液晶テレビでは長らく世界最大手の地位を維持しています。CMOSイメージセンサー分野では先行するソニーを追い上げています。プリンター事業はHPへ売却し撤退しました。

ファンドリ(半導体製造受託)分野にも積極的に投資を行い、台湾のTSMCを追い上げています。但し、サムソンへの製品の製造委託をすることは、最終製品も手掛けるサムスンへ技術が流出する懸念もあり、規模ではTSMCに劣っています。

液晶はサムスンディスプレーが担当しています。2012年にSamsung Mobile Display(サムスン・モバイル・ディスプレー)を吸収し、中小型から大型の液晶を製造・販売しています。テレビ向けが中心ですが、有機ELパネルの分野では、スマートフォン向け商品に強みを持ちます。江蘇省のCSOTとの液晶合弁事業の持分を売却し、大型液晶ディスプレーからの撤退を検討しております。

Samsung SDI(サムスンSDI)は、サムスンのグループ企業です。ノートPC、スマホの分野でのリチウムイオン電池に強みを持ちます。車載用のリチウムイオン電池は主にBMWに供給しています。車載用のリチウムイオン電池も強化をしており、主にBMWに供給しています。サムスン向けにフラットパネルや半導体向け部材も供給しております。
サムスンSDIの直近の売上高と営業利益率(括弧内)は以下の通りです。

2018年 9兆1582億ウォン(7.8%)
2019年 10兆974億ウォン(4.6%)

ウェスタンデジタル
米国に本拠をおくストレージ大手です。元々はHD Dに強く、2015年にコンパクトフラッシュ、SDカード等のフラッシュメモリーに強いSanDisk(サンディスク)を買収して、SSD分野も強化しております。

Lite-on(ライトン)
台湾に本拠を置くパソコン周辺機器メーカーです。SSD分野を強化しています。2019年に東芝(現キオクシア)にSSD事業の売却をしました。

Kingston(キングストン)
米国に本拠を置く独立系メモリーメーカーです。SSD以外にもメモリ、USBドライブ、フラッシュカード等を手掛けています。

キオクシア
日本を代表する総合電機メーカーである東芝から分社化したフラッシュメモリーおよびその応用製品であるSSDなどのメーカーです。2019年に光宝科技(ライトン)からソリッド・ステート・ドライブ(SSD)事業を買収しました。

業界関連図書
メモリ技術が一番わかる (しくみ図解)
次世代半導体メモリの最新技術 (エレクトロニクスシリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました