ウェスタンデジタルの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

ウェスタンデジタルは、1970年に設立された米国に本拠を置く世界最大級のハードディスクメーカーです。日立グローバルストレージテクノロジーズを買収し事業を拡大しています。2015年に中国の紫光集団(チンファ・ユニグループ、Tsinghua Unigroup)が同社への15%出資を目指すも断念しました。2015年にコンパクトフラッシュ、SDカード等のフラッシュメモリーを製造するSanDisk(サンディスク)を買収しました。寡占化が進むハードディスク業界大手によるフラッシュメモリー大手の買収です。ウェスタンデジタルはサンディスクのSSD技術を取り込み、減少が予想されるPC向けハードディスクに代わるデータセンター向け記憶媒体事業の強化を目指しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比11.06%増の18,793百万ドルになりました。営業利益は前年度比95.98%増の2,391百万ドルになりました。営業利益率は12.7%になりました。

2021年度
売上高は前年度比1.11%増の16,922百万ドルになりました。営業利益は前年度比264.18%増の1,220百万ドルになりました。メモリの販売数量及び単価の上昇が増収増益の主因です。

ウェスタンデジタルの業績推移

ウェスタンデジタルの業績推移

業績推移(四半期)

2022年7-9月
売上高は前年同期比-26.03%の3,736百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-79.69%の158百万ドルになりました。営業利益率は4.2%になりました。

2022年4-6月
売上高は前年同期比-7.97%の4,528百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-16.74%の562百万ドルになりました。営業利益率は12.4%になりました。

2022年1-3月
売上高は前年同期比5.90%増の4,381百万ドルになりました。営業利益は前年同期比2.21%増の324百万ドルになりました。営業利益率は7.4%になりました。

2022年10-12月
売上高は前年同期比22.57%増の4,833百万ドルになりました。営業利益は前年同期比360.13%増の727百万ドルになりました。半導体への強い需要が追い風になっています。

ウェスタンデジタルの四半期業績推移

ウェスタンデジタルの四半期業績推移

希薄化後EPS・配当・配当性向

2021年度
希薄化後EPSは前年度比118.73%増の5.84ドルになりました。1株当たりの配当は前年度比0.00%増の2.00ドルになりました。配当性向は34.25%になりました。

ウェスタンデジタルのEPS・1株配当・配当性向の推移

ウェスタンデジタルのEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

ウェスタンデジタルの売上はHDDとフラッシュメモリーから構成されます。

ウェスタンデジタルの売上構成(2022年度)

ウェスタンデジタルの売上構成(2022年度)

HDD
回転するディスクに磁気情報を記録した不揮発性のデータストレージです。ウェスタンデジタルはヘリウム動作のHDDの開発・商品化に成功、業界をリードするHDDの容量と性能を実現しています。

フラッシュメモリ
フラッシュ技術をベースにした不揮発性のデータストレージであるソリッド・ステート・ストレージ製品です。技術基盤はキオクシアとの合弁を通じて開発・製造したキャプティブ・フラッシュ・ベースの技術です。

競合会社

HDD分野ではシーゲイト・テクノロジーと東芝が競合です。
フラッシュメモリ分野では、キオクシア、マイクロンテクノロジー、サムスン電子、SKハイニックス、長江メモリーが競合です。

M&A(合併買収)

ウェスタンデジタルによるサンディスク買収のケーススタディ

市場シェア

EN