SKハイニックスの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

SKハイニックスの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

SKハイニックスは、韓国の大手半導体メーカーです。2001年に韓国政府による公的管理を経て現在は通信大手のSKテレコム傘下となりました。NAND型フラッシュメモリやDRAMでサムスンと競合しています。
2020年に90億ドルでインテルからNAND型フラッシュメモリとSSD事業を買収することに合意しました。インテルはデータセンター向けに強く、SKハイニックスはスマホ向けに強いために補完関係が期待できます。またSKハイニックはキオクシアが上場をすると同社の15%を取得することができます。キオクシア・SK連合は、独走するサムスンに比肩する大きさとなります。
2020年12月に同社はNANDの積層化において176層商品を発表しました。128層よりも効率的にデータ保存ができます。メモリ以外ではCMOSイメージセンサーの事業も展開しています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比34.79%増の42,997,792百万ウォンになりました。営業利益は前年度比147.53%増の12,366,548百万ウォンになりました。半導体需要増に加え、インテルの中国・大連のソリッド・ステート・ドライブ事業を買収を完了し大幅な増収増益になりました。

SKハイニックスの業績推移
SKハイニックスの業績推移

業績推移(四半期)

2021年第4四半期(10-12月)
売上高は前年同期比55.36%増の12,376,609百万ドルになりました。営業利益は前年同期比339.88%増の4,176,117百万ドルになりました。

SKハイニックスの四半期業績推移
SKハイニックスの四半期業績推移

EPS成長

好調な業績を反映して、2019年度の希薄化後EPSは増加しています。

SKハイニックスの希薄化後EPSの推移
SKハイニックスの希薄化後EPSの推移

売上構成

DRAMとNANDフラッシュメモリーが主軸となります。

SKハイニックスのセグメント別売上構成(2021年度)
SKハイニックスのセグメント別売上構成(2021年度)

M&A(合併買収)

  • 2017年 キオクシアに出資
  • 2020年 SKハイニックスがインテルのNANDフラッシュメモリー及びSSD事業を90億ドルで買収
  • 2021年 半導体受託生産会社のキーファンドリーを買収

株主構成

SKグループのSKスクウェアが大株主になっています。

SKハイニックスの株主構成(直前期末時点)
SKハイニックスの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

SKハイニックスとインデックスのリターン比較

2022年05月18日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

CMOS・画像イメージセンサー業界の世界市場シェアの分析

CMOS・画像イメージセンサー業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。業界首位はソニーですが、オムニビジョンやサムスン電子が激しく追い上げています。低画素の分野ではファブレスのギャラクシーコアといった中国メーカーとの競合も生まれつつあります。
2022.04.19
市場シェア

DRAM業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編

DRAM業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。業界の有力なプレーヤーであるサムスン電子、SKハイニックス、マイクロン、南亜科技の概要や動向についても記載。
2022.05.05
市場シェア

NAND型フラッシュメモリー業界の市場シェアと売上高ランキング

NAND型フラッシュメモリー業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。サムスン電子 、キオクシア 、ウェスタンデジタル(旧サンディスク) 、SKハイニックスといったNAND型フラッシュメモリー会社の概要や動向も掲載。
2022.05.14
市場シェア

半導体業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編の分析

半導体業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。インテル、クアルコム、マイクロン、サムスン電子、インフィニオン 、ブロードコム、NXP 、STマイクロエレクトロニクス、ソニー、ルネサスといった半導体メーカーの概要や動向も掲載。
2022.04.24