DRAM業界の市場シェア・売上高ランキング・市場規模・再編

DRAM業界の世界市場シェア・売上高ランキング・市場規模・M&A(合併買収)について分析。業界の有力なプレーヤーであるサムスン電子、SKハイニックス、マイクロン、南亜科技の概要や動向についても記載。

市場シェア

DRAMメーカー各社の2021年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、後述する市場規模を分母にして、2021年のDRAM市場シェアを算出すると、1位はサムスン電子、2位はSKハイニックス、3位はマイクロンとなります。

2021年DRAMメーカーの市場シェアと業界ランキング

順位会社名市場シェア
1位サムスン電子45.3%
2位SKハイニックス28.5%
3位マイクロン22.2%
4位南亜科技3.3%
2021年DRAMメーカーの市場シェアと業界ランキング

DRAM業界の市場シェア(2021年)
DRAM業界の市場シェア(2021年)

サムソン、SKハイニックス、マイクロンでほぼ市場の9割を占める寡占市場と言えます。

市場規模

当サイトでは、2021年のDRAM業界の市場規模を900億ドルとしています。参照した各種公表データは以下の通りとなります。

調査会社トレンドフォースによると、2022年の同業界の市場規模は2021年比0.3%増加し、915.4億ドルになると見込みます。
調査会社マーケットスタディレポートによると、2021年度の同業界の市場規模は715億ドルです。2028年にかけて年平均9.3%での成長を見込み、同年には1331億ドルへと拡大することが見込まれます。
調査会社のモードーインテリジェンスによると、2020年の同業界の市場規模は668億ドルとなります。2026年にかけて年平均7%での成長を見込みます。
調査会社のアイシーインサイツによると、2020年の同市場規模は645億ドルです。
調査会社のヴェリファイドマーケットリサーチによれば、2019年のDRAM業界の世界市場規模は458億ドルです。⇒参照したデータの詳細情報
DRAM分野では、IoTの進展によって、テレビ等の家電や自動車といった、従来のパソコン周辺分野以外からの需要が高まっています。

市場規模成長率
2021年715~900億ドル0.3%~9.3%
2020年645~668億ドル7%
2019年458億ドルn/a
DRAM業界の推定市場規模の推移

売上高ランキング

2021年度10-12月*四半期売上高をベースとしたDRAMメーカーのランキングでは、1位サムスン電子、2位SKハイニックス、3位マイクロンとなっています。4位の南亜科技も含め上位4社の寡占状態が続いています。⇒参照したデータの詳細情報

DRAMメーカーの売上高ランキング(四半期ベース)
DRAMメーカーの売上高ランキング(四半期ベース)
*2021年9-11月売上高
**2021年7ー9月売上高

業界再編

  • 1998年:マイクロンテクノロジーが米テキサス・インストラメンツのDRAM事業を買収
  • 1999年:日立とNECのDRAM事業が統合してエルピーダメモリが誕生
  • 2002年:マイクロンテクノロジーが東芝のDRAM事業を買収
  • 2003年:エルピーダメモリが三菱電機のDRAM事業を買収
  • 2013年:マイクロンテクノロジーが経営破たんしたエルピーダメモリを買収
  • 2015年:ウェスタンデジタルがサンディスクを買収

DRAMモジュール工程

DRAMを含む、メモリチップの製造工程は、チップ製造を行う前工程と、組み立てやテストを行う後工程、即ちモジュール工程(OSATとも言います。OSATはOutsourced Semiconductor Assembly & Testの略です。)に、分かれています。Samsung Electronics(サムスン電子) やSKハイニックス等のメーカーは前工程に注力し、モジュール工程は、後工程専業メーカーが行っています。キングストン・テクノロジーはモジュール工程の大手の1社です。1990年代に日本のソフトバンクが出資を行ったこともあり、専業メーカーとして、2位以下を大きく引き離し、世界最大手です。台湾のエーデータ・テクノロジーも大手です。サイモン・チェン氏によって1991年に設立されて以来、急成長を遂げました。中国ではラマクセルが大手です。1997年の設立です。チップメーカーでもあるマイクロンも大手です。

世界の主要なDRAMメーカー

サムスン電子

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合電機メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電など、最終商品まで手掛けていることが強みです。垂直統合型の半導体チップメーカーとして、DRAM、NAND型フラッシュメモリ、SSDの自社製造を手掛けています。また半導体受託生産も行っております。最終製品のスマホやテレビにも強みを持ちます。OLEDや液晶パネルの製造はサムスンディスプレイ、リチウムイオン電池はサムスンSDI、電子部品はサムスン電気、造船はサムスン重工、バイオ製薬の製造はサムスンバイオロジックスで手掛けています。2016年には車載音響機器大手のハーマンを買収しました。さらに詳しく

Micron (マイクロン)

マイクロンテクノロジーは、1978年に創業された米国を代表するメモリーメーカーです。DRAMでは2013年に日本のエルピーダメモリを買収し世界最大手級となりました。NAND型フラッシュメモリーでも上位陣を追撃しています。SSD(小型高速記憶装置)の事業も拡大しています。
中国の紫光集団(チンファ・ユニグループ(Tsinghua Unigroup))が買収提案を打診しましたが、その後断念した経緯もあります。さらに詳しく

SK Hynix(SKハイニックス)

SKハイニックスは、韓国の大手半導体メーカーです。2001年に韓国政府による公的管理を経て現在は通信大手のSKテレコム傘下となりました。NAND型フラッシュメモリやDRAMでサムスンと競合しています。2020年に90億ドルでインテルからNAND型フラッシュメモリとSSD事業を買収することに合意しました。またSKハイニックはキオクシアが上場をすると同社の15%を取得することができます。キオクシア、SK連合は、独走するサムスンに比肩する大きさとなります。2020年12月に同社はNANDの積層化において176層商品を発表しました。128層よりも効率的にデータ保存ができます。メモリ以外ではCMOSイメージセンサーの事業も展開しています。さらに詳しく

SKグループとは

SKグループは、1953年に設立された韓国第3位の財閥グループです。崔泰源会長の強いリーダーシップの下でM&Aを通じて事業を拡大しています。半導体(SKハイニックス)、石油・電池(SKイノベーション)、通信(SKテレコム)、医薬品(SKバイオファーム)、医薬品受託(SKバイオサイエンス)、半導体素材(SKシルトロン)等の分野に強みがあります。2021年には、米国の燃料電池メーカーのプラグパワーに出資をし、水素プラントへの進出をしています。さらに詳しく

南亜科技(Nanya Technology Corporation)

台湾に本拠を置くコングロマリット企業の台塑集團(旧・台湾プラスチック、Formosa Plastics Group、FPG)の一角を担うDRAM・メモリーメーカーです。マイクロンとの合弁の華亜科技(イノテラ・メモリーズ)の株式はマイクロンに売却しています。

その他主要なDRAMメーカー

台湾華邦電子(Winbond Electronics Corporation、ウィボンドエレクトロニクス)
台湾に本拠を置く半導体メーカーです。集積回路に強みを持っています。DRAM分野でも上位を狙っています。

Kingston(キングストン・テクノロジー)
米国に本拠を置く独立系メモリーモジュールメーカーです。DRAMモジュール以外にも、SSD、USBドライブ、フラッシュカード等を手掛けています。

ADATA(エーデータ・テクノロジー)
台湾のDRAMモジュールメーカーです。

ラマクセル(Ramaxel)
中国のシンセンに本拠を置くDRAMモジュールメーカーです。2001年の創業です。

中国のDRAMメーカーには、福建省晋華集成電路(JHICC)やドイツのキマンダの技術を採用している長鑫存儲技術(CXMT)がありますが、量産化に苦戦しています。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。