航空機部品業界の世界市場シェアの分析

航空機部品業界の世界市場シェアと市場規模の情報について分析をしています。アビオニクスやコックピットディスプレー分野に強いロックウェルコリンズを買収したレイセオンテクノロジーズ、ハネウェルエアロスペース、タレスエアロスペース等の大手航空機部品メーカーの動向も掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第7巻」に記載の航空機部品会社各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はレイセオン・テクノロジーズ、2位はGE、3位はハネウェル・エアロスペース となります。

1位 レイセオン・テクノロジーズ 5.2%
2位 GE 3.7%
3位 ハネウェル・エアロスペース 1.6%
4位 サフラン 1.5%
5位 ロールスロイス 0.8%
6位 タレス・エアロスペース 0.5%
7位 パーカー・ハニフィン 0.3%

ユナイテッド・テクノロジーズとロックウェルコリンズが統合したコリンズ・エアロスペース・システムズと合併したレイセオンテクノロジーズは航空機エンジンのプラット・アンド・ホイットニーの売上も含めると断トツの規模となります。2位には、航空機エンジンに強いGEです。3位はハネウェル・エアロスペースとなっています。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、航空機部品業界の2019年の世界市場規模を9000億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のグランドビューリサーチによると、2019年の同業界の市場規模は9072億ドルです。2027年にかけて年平均4.1%での成長を見込みます。一方リサーチアンドマーケッツによると、2025年に1兆1400億ドルとなる見込みです。

航空機部品業界の構造
航空機部品は、大きく機体(胴体、主翼、尾翼)と装備品に分かれます。装備品には、油圧システムやアビオニク等の分野に分かれ、それぞれ強みを持つ会社が群雄割拠している状態です。

  • 油圧システム:ハネウェル(米)、パーカー・ハニフィン(米)、リープヘル(スイス)、ナブテスコ等
  • 与圧・空調システム:ハネウェル(米)、レイセオン・テクノロジーズ(旧ハミルトン・サンドストランド、米)、リープヘル(スイス)等
  • アビオニクス・飛行制御システム:レイセオン・テクノロジーズ(旧ハミルトン・サンドストランド、米)、ハネウェル(米)、パーカー・ハニフィン(米)、メギー(英)、タレス(仏)、ナブテスコ等
  • 降着システム:レイセオンテクノロジーズ(旧グッドリッチ、米)
  • エンジン:GE(米)、ロールスロイス(英)、プラット&ホイットニー(米)、ハネウェル(米)、スネクマ(仏)

一方で、航空機メーカーは、ワイドボディとナローボディ機のジャイアントであるボーイングとエアバスが市場をほぼ2分しています。その結果、航空機部品メーカーは常に両社からの圧力にさらされていました。ユナイテッド・テクノロジーズ(現レイセオンテクノロジーズ)によるロックウェルコリンズの総額約2兆5200億円の買収(債務を含む企業価値ベースでは300億ドル以上)は、群雄割拠していた航空機部品メーカーが集結し、航空機メーカーのジャイアント2社に対抗できる規模を築く意味合いを持っていました。特にユナイテッド・テクノロジーズ社は、エンジン機器やシステム機器に強い一方で、ロックウェルコリンズは、電子機器や買収したBEエアロスペースを通じて内装関連にも強く、製品の補完関係が見込めます。

1986年 ハネウェル(米)によるアビオニクスに強いスペリー・エアロスペースの買収
1998年 ハネウェル(米)とアライドシグナルとの経営統合
1999年 ユナイテッド・テクノロジーズによるサンドストランドの買収
2000年 タレスによるイギリスの防衛機器メーカーのレーカル・エレクトロニクスの買収
2002年 グッドリッチによるTRWエアロノーティカル・システムズの買収
2011年 ユナイテッド・テクノロジーズによるグッドリッチの買収
2016年 ロックウェルコリンズによるBEエアロスペースの買収
2017年 ユナイテッド・テクノロジーズによるロックウェルコリンズの買収
2018年 カーライルによるMRO大手のスタンダード・アエロ(Standard Aero)の買収


航空機部品の主要メーカーの動向

レイセオン・テクノロジーズ

レイセオンテクノロジーズ(Raytheon Technologies、旧ユナイテッド・テクノロジーズグループ)は、米国に本拠を置く複合企業体です。現在のボーイングやユナイテッド航空の源流となったユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートが、1975年にユナイテッド・テクノロジーへと社名変更して誕生しました。航空機エンジン、エレベーター、空調機の分野でそれぞれ強力な製品群を揃えています。2018年に、ユナイテッド・テクノロジーズ社は、航空機部品事業、エレベーター事業、空調事業の分社化を発表、2019年に防衛大手のレイセオンと経営統合し、レイセオンテクノロジーズとなりました。2020年にエレベーター事業のオーティス及び空調事業のキャリアの分社化を実施しました。

分社化時点の売上高

分社化時点の売上高
出所:UTC

航空機エンジン事業Pratt & Whitney(プラット・アンド・ホイットニー)が手掛けています。民間航空機用や戦闘機用エンジンを提供していて、航空機エンジンの分野ではGEやロールス・ロイスと競合しています。ナローボディ機向けのエンジンでは、MTUエアロ・エンジンズ、日本連合(三菱重工、川崎重工、IHI)とともにIAEインターナショナル・エアロ・エンジンズを展開しています。
航空機部品事業は、旧UTCエアロスペース・システムズ(2011年に買収をした航空機の着陸装置メーカー大手のグッドリッチがベース)と2017年に買収した、ロックウェル・コリンズと事業を統合したものです。
防衛と航空宇宙システムは旧UTC系のハミルトン・サンドストランド(Hamilton Sundstrand)とレイセオンの事業が統合されています。レイセオンはミサイルに強みがあります。レーダーの開発・製造も行っています。

2020年 オーティスとキャリアの分社化
2019年 レイセオンとの経営統合
2018年 エレベーター事業と空調事業の分社化を発表
2017年 米航空システム・機器大手ロックウェル・コリンズを買収
2015年 Sikorsky Aircraft(シコルスキー・エアクラフト)のロッキード・マーティンへの売却
2015年 仏セキュリティ大手のCIATの買収
2013年 Goodrich Pump(グッドリッチポンプ)の売却
2012年 ハミルトン・サンドストランドの産業材事業を投資ファンドへ売却
2011年 航空機部品大手の米Goodrich Corporationの買収
2009年 防災大手のGE Securityの買収
2009年 セキュリティ大手の香港GST Holdings
2007年 消防設備大手のフィンランドMarioff Corporation
2007年 セキュリティ大手の英国Initial Electric Security Groupを大手害虫駆除会社の英Rentokilからの買収
2005年 セキュリティ大手の米国Lenel Systems Internationalの買収
2004年 セキュリティ大手の英国Kiddeの買収
2003年 セキュリティ大手の英国Chubbの買収
1975年 エレベーター大手オーチスの買収
1979年 空調機大手のキャリアの買収

ハネウェル

ハネウェル(Honeywell)は1886年に設立された米国に本拠を置く複合企業です。航空機エンジンや電子制御機器、自動化機器、特殊素材分野、自動車部品等幅広く展開しています。ビルディング・オートメーションやターボチャージャーの分野では世界大手の1社です。2017年にターボチャージャー事業と住宅向け空調機器、火災報知器事業を分社化しました。

ハネウェル社の事業構成は、大きく1999年に経営統合をしたアライドシグナル社を受け継ぐエアロスペース、オートメーション&コントロール・ソリューションズ、高機能素材(パフォーマンスマテリアルズ)、セーフティ&プロダクティビティソリューションの4部門に分かれます。エアロスペース部門の中の輸送機器部門(トランスポーテーション)で、直近約30億ドルの売上のあるターボチャージャー事業と、オートメーション&コントロール・ソリューションズ部門に属し約45億ドルの売上のある住宅向け部門を分社化しました。オートメーション事業部門は、今後商業やオフィースビル向けに特化することになります。
両事業売却後のハネウェル社の売上構成は以下の通りとなります。

分社化後の売上構成

分社化後の売上構成 出所:同社アニュアルレポート

エアロスペース部門:
航空機エンジンの分野ではGEやロールスロイスと並び世界大手の一角となっています。民間航空機、軍用航空機、軍用輸送機、ヘリコプター、ミサイル、戦車向けのナビゲーションやディスプレイ等の各種製品を幅広く展開しています。

オートメーション&コントロール・ソリューションズ:
ビルディング・オートメーション業界の世界シェアではシーメンスやジョンソンコントロールズを抑えて世界最大級の規模を誇ります。スイッチやセンサー、テスト、測定機器等も製造しています。倉庫内オートメーション業界(マテハン業界)では、Intelligrated(インテリグレイテッド)を買収して参入しました。

高機能素材部門:
ユーリッド (JURID)とベンデックス(Bendix)ブランドのブレーキパッド、温度調整装置のサーモスタット、温度センサー、湿度センサー、温度プローブ、スピードセンサー、半導体磁気抵抗(MR)センサ 、電流センサー、監視カメラ、カーエアコン用等の冷媒、溶媒、エアゾール用噴射剤、発泡剤、バリアフィルム、サーマル・インターフェース材料、スペクトラ繊維等を手掛けています。センサー分野では、2015年にElster(エルスター)を買収しスマートメーターを強化しております。

ターボチャージャー事業
分社化対象となった、ターボチャージャー事業は、1999年に買収したAlliedSignal(アライドシグナル)のGarrett (ギャレット)ブランドを世界展開しており、ターボチャージャー事業の世界シェアは世界1位となっています。主に自動車や船舶向けのエンジンで使われていますが、今後の輸送機の動力の脱石化への変化(ガソリン・ディーゼルからより、クリーンな電気や水素などの燃料へ)といった需要減を見込んでの、分社化の決定と思われます。

住宅向け火災報知器や温度調整事業
ハネウェルの火災報知器事業は、こちらも世界シェア1位となっています。火災報知器の分野では2016年に投資ファンドのPEPから、アイルランドに本拠を置くXtralisを買収しています。サーモスタット事業は、ハネウェルの祖業の事業であり、ハネウェルのサーキュレイター(扇風機)とともに、一般の消費者には馴染みのあるブランドとなっています。また、あわせて、上記の商品のディストリビューション事業(ADI)も分社化をします。

分社化の背景
事業が赤字になったから、分社化をするという追い込まれた形の分社化ではなく、同社のプレスリリースにunlocking significant valuesとあるように、両事業の潜在的な価値を最大化するという観点での組織再編のようです。確かに、同社のポートフォリオは、航空機エンジンから扇風機やサーモスタットまで、多岐にわたり、今回分社化する事業も、世界シェア1位の事業が含まれていて、潜在的な価値が埋もれている(コングロマリット・ディスカウント)の状態なのかもしれません。
一方で、ハネウェルの最大の強みである、航空機部品の分野では、最大のライバルであるレイセオンテクノロジーズ(旧ユナイテッドテクノロジーズ)が離着陸システムや航空機通信システムに強みを持つロックウェルコリンズを買収して、航空機部品メーカーとしての規模を拡大し、エアバスやボーイングとの価格競争力を高めようとしています。一方で、エアバスやボーイングも、新規に発注される航空機のダウンサイジングの影響を受け、航空機エンジンのアフターサービスに参入して、今までは航空機備品メーカーの金城湯地であった航空機の保守、修理、メンテナンスの分野でハネウェルやレイセオンテクノロジーズとの競合を始めています。ハネウェルとしては、分社化を経て同分野へのさらなる経営資源の集中を図ることになると思われます。
最後に、アクティビストファンドの代表格であるダン・ローブ氏率いるサードポイントがハネウェルの大株主となっていることも見逃せません。分社化・再編の背景には、株主からの圧力もあったものと推察されます。

GE

GE(ジェネラル・エレクトロニック)は、1878年にトーマス・エジソンによって設立されたエジソン電気照明会社を源流に持つ世界を代表する総合電機メーカーの老舗です。世界シェア1位か2位以外の事業からは撤退するというナンバーワン・ナンバーツー戦略を実施し、積極的な事業ポートフォリオの入れ替えを行うことでも有名です。インダストリアル・インターネットを成長戦略にしたジェフ・イメルト氏が退任した後、2017年に生え抜きのジョン・フラナリー氏が社長に就任したものの、2018年には外部のダナハーからラリー・カルプ氏が招聘され、新CEOとなるなど、経営陣の交代が続きます。

デジタル・インダストリアル・カンパニーを標ぼうして、IoTの今後の動向を見据えた製造業の変革に積極的に取り組んでいます。2017年には下記7つあった事業本部が、2020年には、電力制御、送電やスマートグリッド等の機器の製造や火力・水力・原子力発電所向けのタービン等の機器を取り扱うパワー事業、CTスキャン等の医療用機器の製造を行うヘルスケア事業、航空機エンジン等の製造を行うアビエーション事業、風力や太陽光発電等の機器の製造を行うリニューアブル・エナジー事業、そしてキャピタル事業の5本部体制となっております。

GE事業ポートフォリオ2017年

GE事業ポートフォリオ2017年
出所:同社

ジェットエンジン、エナジーマネジメント、再生エネルギー部門がグループ全体の営業利益の3分の2、売上高の60%近く生み出す稼ぎ頭です。石油やガス関連向けに採掘・生産・パイプライン輸送、化学プラント向けの機器を提供するオイル&ガス事業は、2017年に、イメルト氏の「水より石油」というリーダーシップの下、水処理膜事業や水処理向けのプラントを含む工業用水処理事業のGE Waterをスエズエンバイロメントに売却し、石油サービス大手であるベーカー・ヒューズを買収しています。その後2019年には保有しているベーカー・ヒューズ株式を市場で売却しました。鉄道車両の製造を行うトランスポーテ―ション事業は米国の同業であるワブテックへ売却しました。祖業の照明機器を取り扱うライティング事業も2020年にサバント・システムズへ売却しました。

パワー事業では、ガスタービン、蒸気タービン、ボイラ(熱交換機)、分散電源向け発電機器(イエンバッハ、ワーキシャー、但し2018年に投資ファンドへの売却を発表)、原子力発電所のGE日立ニュークリア、フランスのアルストムより買収した送配電設備、特高変電設備等を製造しています。売上高は186億ドルと巨大な組織です。タービン、送配電、原子力発電の分野では大手です。
リニューアブル・エナジー事業では、風力発電所のタービン(Haliade 150-6MW等の超大型のものも対応可能)や設備、風車の羽根(ブレード)、水力発電所のポンプや設備を製造。水力発電設備の総発電能力のうち、4分の1以上がGEの発電機器によるものとされます。フランスのアルストムを買収し更なる事業の拡大を図っています。
ヘルスケア事業は、従業員約5万超、世界の約140ヶ国で展開、部門の売上は約200億ドルとGEの売上の約20%を占めるGEの主力事業の一角です。画像診断装置(MRI, CT, MIや超音波診断装置、骨密度測定装置、各種X線撮影装置、心臓カテーテルモニタリングシステム)、麻酔器、生体情報モニタおよびユニークパラメータ、分娩監視装置、新生児黄疸光線治療器、保育器、バイオテクノロジー関連機器・分析ソフト・試薬、バイオ医薬品製造向けシステム等を提供。医療機器分野では世界最大手の一角です。
アビエーション事業は、商用・軍用の航空機エンジンの世界3大メーカーの一角となっています。軍事用も手掛けています。ワイドボディー機向けのエンジンに強みを持ちます。ナローボディ機では、フランスのスネクマとCFM Internationalを展開しています。航空機リースの分野では、GECAS(ジーキャス)が世界最大手クラスです。

2006年 保険事業をスイス再保険へ売却
2007年 プラスチック部門をサウジアラビアのSABICに売却
2007年 GEセキュリティを米国のUTC(ユナイテッド・テクノロジーズ)に売却
2009年 メディア事業のNBCユニバーサルをコムキャストへ売却
2015年 仏重電大手のアルストムと発電事業及び鉄道車両事業における経営統合
2016年 家電事業を中国のハイアールへ売却
2016年 GEキャピタル傘下の消費者金融部門をシンクロニー・フィナンシャルとして分社化IPO
2017年 GE Waterをスエズエンバイロメントに売却
2017年 フランスで展開する消費者金融のGE Moneyを投資ファンドのサーベラスへ売却
2017年 デンマークのブレードと呼ばれる羽根の部分を製造する風力発電機器メーカー、LMウインド・パワーを買収
2018年 業務用照明部門(カレント)をアメリカン・インダストリアル・パートナーズに売却
2018年 分散型電源対応用のガスエンジンを生産するブランド「イエンバッハ」と「ワーキシャー」をアベンティスに売却
2018年 機関車事業を米鉄道機器メーカーのワブテックと経営統合
2018年 フィールドサービス管理ソフトウェアを提供するServiceMax(サービスマックス)をSilver Lakeに売却
2018年 ヘルスケア部門の分社化を発表
2019年 ベーカー・ヒューズの持分の売却
2019年 GEトランスポーテーションをワブテックへ売却
2020年 照明事業をサバント・システムズへ売却
GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦
GE変化の経営
ジェフ・イメルト GEの変わりつづける経営
ウィニング 勝利の経営
GEが目指すインダストリアル・インターネット
オイル・ガス事業では、ガス・蒸気タービン、圧縮機、ポンプ、エキスパンダー等の回転機器、大型回転機械の振動計測サービス、発電所の制御装置、工業用計測機器、放射線モニタリング機器、非破壊検査機器、流体制御のバルブ製品等を製造していました。ベーカーヒューズを買収し、石油サービス分野では、世界大手級となったのでした。
GEトランスポーテーションでは、ディーゼル機関車等鉄道用車両や船舶用エンジンなどを製造・販売していました。2017年の売上高は約39億ドル。従業員数は約9000人。2018年に米機関車・貨客車製造大手ワブテックに株式の49.9%を29億ドルで売却されました。
照明事業はGEの祖業です。2018年に業務用照明部門を投資ファンドに売却をしました。消費者向けの照明は2020年にサバント・システムズに売却しました。

サフラン

Safran S.A (サフラン)はフランスに本拠を置く防衛・通信大手企業です。傘下のSnecma(スネクマ)にて民間及び軍用の航空機エンジンの製造を行っています。ナローボディー機ではGEと手を組んでいます。

ロールスロイス

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)は英国に本拠を置く航空機・船舶エンジンメーカーです。自動車のロールス・ロイスとは同根です。一時は英政府により国有化されましたが、ドイツのBMWとの航空機エンジン事業を子会社する等、積極的な買収により成長しました。民間航空、防衛、パワーシステムが3本柱(下図参照)です。産業用ディーゼルエンジンでは、発電所、建機、鉄道、船舶向けのエンジンを製造・販売し、キャタピラー、カミンズ、GE等と競っています。船舶用エンジンではMTUブランドの高速エンジンとBergenブランドの中速エンジンがメインとなっていますが、2020年にBergenへのストラテジックレビューを開始しました。

ロールスロイスの売上構成

ロールスロイスの売上構成
出所:同社AR

民間船舶部門が低調であり、2018年以降リストラを加速しています。燃料噴射装置を手掛けるロランジュ(L’Orange)を米航空機部品メーカーのウッドワードへの売却しました。

タレス

タレス(Thales )は、フランスに本拠を置く防衛・重電メーカーです。前身はThomson-CSF社で、現在は航空関連の電子サービス(Flight avionics)、衛星、鉄道信号、防衛セキュリティ、本人認証サービス等の分野を手掛けています。

パーカー・ハニフィン(Parker Hannifin)
米国に本拠をおくモーションコントロールに強みを持つ会社です。飛行機の部品分野では飛行制御や油圧のパーツを展開しています。