コピー機、複合機、複写機業界の世界市場シェアの分析

コピー機、複合機、複写機業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。HP、富士ゼロックス、キヤノン、サムスン等主要コピー機・複写機メーカーの概要を掲載しています。

世界市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング第5巻に記載の複合機メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はヒューレットパッカード、2位はキヤノン、3位はリコーです。

1位  ヒューレットパッカード 29%
2位 キャノン 23%
3位 リコー 13%
4位  ゼロックス 13%
5位 富士フィルム 13%
6位 ブラザー工業 5%

世界1位はHPです。HPによるサムスンの複写機買収で2位に大きな差をつけています。2位、3位は日本のキヤノン、リコーです。4位は米ゼロックス、5位は旧富士ゼロックスを買収した富士フィルムです。

市場規模

調査会社のテクノナビによれば、プリンター業界の2020年から2024年の年平均成長率は2%で、2024年には2019年から69億ドル市場規模が増加することが見込まれます。逆算すると2019年の市場規模は662億ドルとなります。また同社によれば、複合プリンターの規模は全体の75%当サイトでは、市場シェア算定のベースとなるコピー・複合機業界の市場規模を700億ドルとしております。 

ビジネスモデル
コピー機業界のビジネスモデルの新旧比較です。

コピー機ビジネスモデル
コピー機ビジネスモデル続き
コピー機ビジネスモデル続き ©業界再編の動向

世界のコピー機メーカーの主要企業一覧

Hewlett-Packard(HP、ヒューレット・パッカード)

HP(ヒューレット・パッカード)は、1939年にウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードによって設立された米国が誇るIT業界の巨人です。パソコン、プリンター、コピー機、ストレージの分野では世界最大級です。2015年にエンタープライズ事業が中心の「Hewlett Packard Enterprise」と、PCやプリンティング事業が中心の「HP Inc.」へと分社化されました。

Samsung Electronics(サムスン電子)
韓国を代表する家電メーカーです。半導体、スマートフォン、家電で圧倒的な存在感を誇ります。事務機器分野でも複写機を中心にシェアを拡大しましたが、2016年に複写機事業をHPに売却し撤退しました。

キャノン
日本を代表する光学メーカーです。カメラ、複写機、プリンター等の分野で業界首位級です。

ブラザー工業
名古屋に本拠を置く事務機器メーカーです。2015年に産業用プリンター大手の英ドミノ・プリンティング・サイエンスを買収しました。

Xerox(ゼロックス)
米国に本拠を置く複写機メーカーの老舗です。日本では富士フィルムと合弁会社の富士ゼロックスを運営していましたが、現在は富士フィルムの子会社となり合弁を解消しています。

リコー
日本を代表する複写機・コピー機大手です。理化学研究所(コンツェルン)を源流とします。

主要業界団体
JBMIA(一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会)
JEITA 一般社団法人電子情報技術産業協会

業界関連図書
「突破せよ 最強特許網 新コピー機誕生」 ―壁を崩せ 不屈の闘志 プロジェクトX~挑戦者たち~
イノベーターは死なず―コピー機ビジネスで世界を変えた男

コメント

タイトルとURLをコピーしました