インフライトエンターテイメント業界の世界市場シェアの分析

インフライトエンターテイメント(航空機内エンターテイメント)業界の世界市場シェアと市場規模を分析しています。業界大手企業であるパナソニックアビオニクス、タレス、グローバルイーグルエンターテイメント、ゴーゴー、サフラン、ハネウェルの動向も掲載しております。

市場シェア

インフライトエンターテイメント各社の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2020年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はタレス、2位はサフラン、3位はパナソニックアビオニクスとなります。

インフライトエンターテイメント会社の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

順位会社名市場シェア(2020年)
1位タレス36.4%
2位サフラン16.4%
3位パナソニックアビオニクス14.5%
4位ハネウェル14.4%
5位ゴーゴー4.1%
インフライトエンターテイメント会社の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

インフライトエンターテイメント業界の世界シェア(2020年)
インフライトエンターテイメント業界の世界シェア(2020年)

市場規模

当データベースでは、各調査会社等の公表データを参考にし、インフライトエンターテイメント業界の2020年の世界市場規模を66億ドルとしております。

調査会社のグランドビューリサーチによると、2020年と2019年の同市場規模は、66億ドルと59億ドルとなります。2028年にかけて9.5%で成長することを見込みます。
調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによると、2019年のインフライトエンターテイメント業界の市場規模は57.1億ドルです。2027年までに年平均9.76%の成長を見込みます。
調査会社のマーケッツアンドマーケッツによると、2018年の同市場規模は50.3億ドルです。2023年までに8.72%の成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

市場規模成長率見込み
2020年66億ドル9.5%
2019年57~59億ドル9.76%
2018年50.3億ドル8.72%
インフライトエンターテイメント業界の推定市場規模
©業界再編

インフライトエンターテイメントシステムとは?

インフライトエンターテイメントは、英語では、In-flight entertainmentとなります。飛行機の機内で、座席前方に設置されたディスプレイを通じて、インターネットへの接続、オンデマンドの動画、音楽、ゲーム、ニュース、フライト情報等を提供する会社の総称です。インフライトエンターテイメント業界に属する会社は、ディスプレイ、電子機器、接続アンテナの製造やシステム構築、衛星通信への接続サポート等を行っています。類義業界にアビオニクスがありますが、アビオニクスは飛行機の電子機器やシステム構築全般となり、インフライトエンターテイメントも含むより広義の業界となります。

業界大手企業の動向

Global Eagle Entertainment (グローバルイーグルエンターテイメント)

米国に本拠をおく飛行機や船等向けに、衛星通信を通じて、インターネット接続、エンターテイメントやデータを等のコンテンツを配信する機器やサービスを提供しています。2020年にチャプター11を申請し、2021年にアポログローバルマネジメント等がスポンサーとなりました。

Gogo(ゴーゴー)

米国に本拠をおく航空機向けにブロードバンド接続によって、機内エンターテイメントやデータ通信を可能とする製品とサービスを提供する会社です。ターボプロップから大型機まで対応できるシステムに強みがあります。

Lufthansa Systems(ルフトハンザシステムズ)

ルフトハンザは欧州を代表するエアライン会社です。子会社のルフトハンザシステムズが機内エンターテイメントを提供しています。

ルフトハンザ航空

ルフトハンザ航空は、1926年に設立されたドイツ最大の航空会社です。大戦を経て東西ドイツへ分割された時期もありますが、東西ドイツ統一時に東ドイツの事業を引き継ぎました。1994の民営化後は、スイス航空やオーストリア航空を買収して規模を拡大させています。さらに詳しく

サフラン

Safran S.A (サフラン)はフランスに本拠を置く防衛・通信大手企業です。傘下のSnecma(スネクマ)にて民間及び軍用の航空機エンジンの製造を行っています。ナローボディー機ではGEと手を組んでいます。2018年に機内エンターテイメント、シート、機内食機器に強いゾディアックを買収しました。

ハネウェル

ハネウェル(Honeywell)は1886年に設立された米国に本拠を置く複合企業です。航空機エンジンや電子制御機器、自動化機器、特殊素材分野、自動車部品等幅広く展開しています。ビルディング・オートメーションやターボチャージャーの分野では世界大手の1社です。2017年にターボチャージャー事業と住宅向け空調機器、火災報知器事業を分社化しました。さらに詳しく

タレス

タレス(Thales )は、フランスに本拠を置く防衛・重電メーカーです。前身はThomson-CSF社で、現在は航空関連の電子サービス(Flight avionics)、衛星、鉄道信号、マイクロ波、防衛セキュリティ、本人認証サービス等の分野を手掛けています。航空機部品は、ハネウェルやコリンズエアロスペースが競合会社です。エアバス、ATR、ベル、ボーイング、ボンバルディア、ダッソーアビエーション、エンブラエル、ガルフストリーム、レオナルド等へ販売をしています。機内エンターテイメント事業にも強く、グローバルイーグルエンターテイメント、ゴーゴー、パナソニック アビオニクスやゾディアック インフライト イノベーションズ(サフラングループ)と競合しています。マイクロ波およびイメージングサブシステムでは、Varian Medical Systems、CPIやL3Harrisと競合しています。2021年に日立に鉄道信号事業を売却しました。さらに詳しく

パナソニック

パナソニックは、1917年に松下幸之助氏によって設立された日本を代表する電機メーカーです。松下電工や三洋電機と統合し、総合電機メーカーとして世界的なプレゼンスを有します。アプライアンス(家電、空調、AV機器、累計2000億個を売り上げた約90年の歴史を持つ電池等)、オートモーティブ(蓄電池、音響機器等)、インダストリアル(電池やモーター等)、ライフソリューション(照明や水まわり等)、コネクティッドソリューションズ(フライトエンターテイメント、航空機向け電子機器、監視カメラ等)といった事業部制に特徴がありましたが、2022年にパナソニックホールディングスを設立し、事業部はホールディング傘下の独立した子会社となる予定です。さらに詳しく

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。