鉄鋼・製鉄業界の世界市場シェアの分析

鉄鋼・製鉄業界の売上高世界ランキング、世界市場シェア、市場規模、再編、粗鋼生産量について分析をしています。日本製鉄、アルセロールミタル、宝武鋼鉄集団、ポスコ、JFEスチール、タタスチール等世界大手の鉄鋼メーカー動向も掲載しています。

2019年粗鋼生産量ベースの世界市場シェア

世界鉄鋼連盟が公表した各社の粗鋼生産量を分子に、2019年の世界の粗鋼生産量である1869百万トンを分母に、世界市場シェアを計算すると以下のようになります。世界1位はアルセロールミタル、2位は僅差で宝武鋼鉄、3位は日本製鉄です。日本製鉄+JFEの組み合わせでも、もはやトップ2位には追い付かなくなりました。

1位 アルセロールミタル 5.2%
2位 宝武鋼鉄 5.1%
3位 日本製鉄 2.8%
4位 河北鋼鉄 2.5%
5位 ポスコ 2.3%
6位 江蘇沙鋼 2.2%
7位 鞍山鋼鉄 2.1%
8位 建竜鋼鉄 1.7%
9位 タタ製鉄 1.6%
10位 首鋼集団 1.6%
11位 山東鋼鉄集団 1.5%
12位 JFE 1.5%
13位 湖南華菱鋼鉄 1.3%
14位 ニューコア 1.2%
15位 現代製鉄 1.2%

となっています。アルセロールミタルが引き続き世界1位ですが、2018年の2位の宝武と10位の首鋼が資本提携を発表し、宝武鋼鉄がアルセロールミタルに肉薄する世界2位となりました。

(参照)
2018年製鉄メーカーの世界シェアランキング
1位 アルセロールミタル 5.3%
2位 宝武鋼鉄 3.7%
3位 日本製鉄 2.7%
4位 河北鋼鉄 2.6%
5位 ポスコ  2.4%
6位 江蘇沙鋼 2.2% 
7位 鞍山鋼鉄 2.1%
8位 JFE 1.6%
9位 建竜鋼鉄 1.5%
10位 首鋼  1.5%
11位 タタ製鉄 1.5%
12位 ニューコア 1.4%

2019年売上高ベースの世界市場シェア

売上高の世界1位はアルセロールミタルです。2位には中国政府による鉄鋼業界の再編の流れのなかで2016年に経営統合を発表した中国の鉄鋼メーカーの巨人宝武鋼鉄(バオウースチール、Baowu)です。鉄鋼製品の余剰在庫の問題はありますが、売上及び粗鋼生産量ともに、宝武鋼鉄が日本製鉄やポスコをかわし堂々の2位です。中国では2020年も景気刺激の一環でインフラ投資が盛んに行われており、そうした旺盛な国内需要を取り込むことができる、中国の鉄鋼メーカーに追い風が吹いています。一方で、そうした需要を取り込むことができない、日米欧のメーカーは苦戦を強いられています。
3位には、日本の誇る製鉄メーカーの日本製鉄がそこ力を見せランクインしています。ハイテンやホットスタンプといった高性能・高機能の鉄鋼製品へのシフトを急ぎますが、一方で自動車や航空材料における新素材(炭素繊維やアルミニウム)採用の流れによる鉄鋼製品への需要減という潜在的問題にも対処する必要があります。コロナ禍の影響で需要が減少する自動車向け鋼板に対応する形で東日本製鉄所鹿島地区や関西製鉄所和歌山地区、東日本製鉄所君津地区でそれぞれ高炉1基を一時休止しています。
4位には、韓国のポスコ、5位、6位には中国の江蘇沙鋼、鞍山鋼鉄、7位は日本のJFEとなっております。

1位 ArcelorMittal/アルセロールミタル 8.75%
2位 China Baowu Group/宝武鋼鉄 7.61%
3位 Nippon Steel Corporation/日本製鉄 6.75%
4位 POSCO/ポスコ 6.62%
5位 Shagang Group/江蘇沙鋼 4.37%
6位 Ansteel Group /鞍山鋼鉄 3.74%
7位 JFE Steel Corporation/JFE 3.06%
8位 Nucor Corporation/ニューコア 2.80%
9位 Jianlong Group/建竜鋼鉄 2.64%
10位 Tata Steel Group/タタ製鉄 2.54%
11位 HBIS Group/河北鋼鉄 2.17%
12位 HYUNDAI Steel Company/現代製鉄 2.11%
13位 Valin Group/湖南華菱鋼鉄 1.85%
14位 Shandong Steel Group/山東鋼鉄集団 1.23%
15位 Shougang Group/首鋼集団 1.20%

市場規模

グランビューリサーチによれば鉄鋼業界の2016年の世界市場規模は8070億ドルです。世界鉄鋼連盟(World Steel Association、WSA)によれば、2019年の粗鋼生産量は19億トン、国別でみると中国が最大の粗鋼生産国となっています。

2017年の粗鋼生産量は1691百万トンです。
2018年の粗鋼生産量は1884百万トンです。
2019年の粗鋼生産量は1869百万万トンです。

鉄鋼業界の概略

鉄鋼業とは、原料の鉄鉱石から最終製品の鋼材をつくる産業のことをさします。鉄鉱石から最終の鋼材を作るには様々な加工プロセスを経ることになり、作り方には、大きく高炉(こうろ)と言われる銑鋼一貫製鉄所での作り方と電炉(でんろ)と言われる鉄スクラップを加工する作り方があります。
また鋼材にも様々な用途や種類があります。大きく分けると、高級鋼と言われる自動車、船、飛行機に求められる強い強度を持つ(高張力といいます)高級鋼と建設用等に使われる棒鋼、形鋼、線材等の普通鋼があげられます。

高炉のバリューチェーン

高炉の流れ
高炉の流れ 出所:スチールダイナミクス

鉄鋼業界の再編

鉄鋼業界の再編の歴史年表にはミタルスチール等の再編が時系列でまとまっています。鉄鋼産業の勃興とともに隆盛を誇った欧米鉄鋼メーカーが、規模拡大によるスケールメリットを追求するアジアなどの新興鉄鋼メーカーの傘下に入った歴史が分かります。
一方、鉄鋼メーカーの再編は鉄鉱石生産会社の再編の影響も大きいと思われます。鉄鉱石の生産は、資源メジャーと言われるRio Tint(リオ・ティント)、Vale(ヴァーレ)、BHPビリトン、FMGの4社でほぼ50%超を占められています。

2001年 Arbed、Usinor、Aceraliaが経営統合してArcelor設立
2002年 日本鋼管と川崎製鉄が経営統合をしてJFE設立
2004年 LNMとIspat internationalが経営統合をしてMittal Steelが誕生
2006年 ArcelorとMittal Steelが経営統合をしてArcelorMittalが誕生
2007年 BaosteelがXinjiang Byiを買収
2007年 TataがCorus Groupを買収してTata Steelが誕生
2008年 TangshanとHandanが経営統合をしてHebei Groupが誕生
2008年 Laiwu GroupとJigang Groupが経営統合をしてShandong Groupが誕生
2009年 BaosteelがNingbo Steelを買収
2012年 新日鉄と住友金属が経営統合をして新日鉄住金が誕生
2016年 宝山集団と武漢鋼鉄が経営統合し宝武鋼鉄が誕生
2019年 日本製鉄とアルセロールミタルがインド鉄鋼大手、エッサール・スチールを6400億円で共同買収
2020年 英鉄鋼大手リバティ・スチール・グループがティッセンクルップの鉄鋼事業買収を提案
2020年 アルセロールミタルが北米の製鉄事業(鋼板出荷量は1120万トン。日本製鉄との自動車向け鋼板事業を除く)を33億ドルでクリーブランド・クリスフへ売却

更に業界に詳しくなるためのお薦め書籍

15分で鉄鋼業界の全体像を理解しよう!
鉄人伝説 小説新日鐵住金
人はどのように鉄を作ってきたか