ティッセンクルップの事業構成と市場シェア

ティッセンクルップ(ThyssenKrupp)は、1811年創業のクルップと1867年創業のティッセンが、1999年に経営統合をして誕生したドイツ最大級の重工業メーカーです。鉄鋼、エレベーター、自動車部品、造船(軍需向け)がメイン事業です。2010年代以降構造改革を行い、タタ製鉄との欧州製鉄事業の経営統合が破たん後、2019年にティッセンクルップは、主に自動車部品、エレベーター、プラントサービスを提供するtkインダストリアルズと鉄鋼販売、クランクシャフト等の産業材、潜水艦、鉄鋼を手掛けるtkマテリアルズに分社化する旨発表しましたが、実現せず、2019年に稼ぎ頭であるエレベーター事業をアドベント・インターナショナルに売却しました。

ティッセンクルップの売上構成

2020年度
注)エレベーター事業は売却中のため除く

2020年度のティッセンクルップの売上構成

2020年度のティッセンクルップの売上構成©ディールラボ

2019年度
注)エレベーター事業は売却予定

2019年度のティッセンクルップの売上高

2019年度のティッセンクルップの売上高
©ディールラボ

事業構成の詳細

鉄鋼事業(スティール・ヨーロッパ):かつては鉄鋼業界の名門として粗鋼生産量も上位にいましたが、近年は北米の鉄鋼事業はアルセロールミタル・新日鉄連合に売却したり、2017年にブラジルの高炉事業アトランティコ製鉄(CSA)を南米大手のテルニウムに売却するなど鉄鋼事業を縮小しております。欧州では、英コーラスの流れを汲むインドのタタ製鉄との経営統合を目指しましたが、規制当局より承認がおりず、断念しております。高炉事業の縮小を図っています。2020年に英鉄鋼大手リバティ・スチール・グループから買収の提案を受けています。熱延鋼板(Hot strip)、冷間鋼板(Cold strip)、電磁鋼板(Electrical steel)、錫メッキ(Tinplate)等を手掛けています。
世界の粗鋼生産量では上位との差は大きいですが、欧州における平鋼生産量では、下図の通り1位アルセロールミタル、2位ティッセンクルップ・タタ、3位イタリアのイルバ、4位オーストリアのフェストアルピーネ、5位はドイツのザルツギッター、6位はSSAB(スェーデンスチール)と上位に入っています。
2020年にイギリスのリバティ・スチール・グループがティッセンクルップの欧州事業の買収を提案しました。

TK鉄鋼生産量

TK鉄鋼生産量
出所:同社

Liberty Steel Group(リバティ・スチール・グループ)
英国に本拠を置く製鉄メーカーです。サンジーブ・グプタ氏率いるコングロマリットであるGFGアライアンス傘下の企業となります。

エレベーター事業(エレベーター・テクノロジー):オーチス、コネ、シンドラーと並ぶエレベーター会社の四天王の一角でしたが、2020年にアドベント、シンベン、独RAG財団のコンソーシアムへ172億ユーロで売却しました。

自動車部品事業(オートモーティブコンポーネント):自動車部品業界でも存在感を発揮しています。子会社のビルシュタインが手掛けています。パワートレイン、シャシー、ダンパー、カムシャフトの分野に強みがあります。同社によるとステアリングは世界1位で、競合会社はボッシュ、ZF/TRW、NSKです。サスペンション、特にダンパーはセミアクティブの領域では世界2位です。競合会社はTenneco、ZF/TRW、Hitachi Tokicoがあります。カムシャフトでも世界大手の一角です。SECO、 Linamar、Mahle等と競合しています。

2020年度自動車部品事業の売上構成

2020年度自動車部品事業の売上構成©ディールラボ

産業用部品事業(インダストリアルコンポーネント): 旋回ベアリング(Slewing bearings)やクランクシャフト等を製造しています。旋回ベアリングではSKF、Liebherr、Tianma、Hailuと競合しています。クランクシャフトではBharat Forge、CIE Galfor等と競合しています。

造船(マリン・ソリューション):クルップ社は歴史的に兵器の製造に携わっており、ティッセンクルップ社も潜水艦や軍事用セキュリティ等の分野を手掛けています。

マテリアル・サービス:顧客のサプライチェーンの効率化サービスといった素材の流通や倉庫マネジメントサービスを提供しています。

クルップ一族の財団であるアルフリート・クルップ・フォン・ボーレン・ウント・ハルバッハ財団が約21%超の株式を保有し、アクティビストファンドのCevian Capitalも株式を保有しています。

ティッセンクルップ株主構成

ティッセンクルップ株主構成(2020年9月時点)
出所:同社

ティッセンクルップの主なM&A

1999年 エレベーター大手の米Dover Elevator Companyの買収

2011年 ステンレス鋼のイノクサム(Inoxum)をフィンランドのオウトフンプ(Outokumpu)へ売却

2014年 アラバマ州の米鋼板工場をアルセロールミタルと新日鉄住金に15億5千万ドルで売却

2015年 ニッケル合金のVDMグループを投資会社のリンゼイ・ゴールドバーグ(Lindsay Goldberg Vogel)へ売却

2017年 ブラジルの高炉事業アトランティコ製鉄をテルニウムに15億ユーロで売却

2017年 欧州鉄鋼事業をタタ製鉄と統合

2018年 会社分割(インダストリアルズとマテリアルズ)を発表

2020年 エレベーター事業をアドベントインターナショナル等の企業連合へ売却

ティッセンクルップの事業別・商品別の市場シェアのページ一覧

再編候補

ティッセンクルップのエレベーター事業の概要とアドベント連合の戦略オプション

ドイツのティッセンクルップ社は2020年2月にエレベーター事業(以下TKエレベーター)を172億ユーロでアドベントインターナショナル、シンベン及びRAG foundationコンソーシアム連合に売却しました。
2021.03.24
市場シェア

自動車部品業界の世界市場シェアの分析

自動車部品メーカーの世界市場シェアや市場規模について分析をしています。デンソー 、ボッシュ、コンチネンタル、マグナ・インターナショナル、ZF 、フォルシアといった 世界の主要な自動車部品メーカーの一覧も掲載しています。
2021.05.21
市場シェア

鉄鋼・製鉄業界の世界シェアと粗鋼生産量ランキング分析

鉄鋼・製鉄業界の売上高世界ランキング、世界市場シェア、市場規模、再編、粗鋼生産量について分析をしています。日本製鉄、アルセロールミタル、宝武鋼鉄集団、ポスコ、JFEスチール、タタスチール等世界大手の鉄鋼メーカー動向も掲載しています。
2021.06.06
株主提案

フジテック対アセット・バリュー・インベスターズのリアルタイムケーススタディ

アセット・バリュー・インベスターズ(AVI)が、2020年5月20日に、日本のエレベーター専業大手であるフジテック社に対して、公開株主提案を行いました。提案の内容やその後の株主との協議の内容についてまとめています。
2021.01.13
市場シェア

エレベーター業界の世界市場シェアの分析

エレベーター業界の世界市場シェア、市場規模や再編の情報について分析をしています。米国のオーチス、スイスのシンドラー、フィンランドのコネ、ドイツのティッセンクルップが世界4強です。中国のエレベーター新設も一巡し、今後は保守・メンテナンスでの収益が重要になるストックビジネスへとビジネスモデルが変化してきています。
2021.05.23