オートリブの世界市場シェアと業績推移の分析

Autoliv(オートリブ)はスウェーデンに本拠を置く自動車パーツメーカーです。1953年にLindblads Autoserviceとして設立されました。エアバッグ、シートベルト、チャイルドディート等の安全性部品に強みを持ちます。欧州系の自動車メーカーであるルノー、VWに、フィアットクライスラー(FCA)、ダイムラー加え、ヒュンダイ、フォード、ホンダなどとも幅広く取引があります。2018年にADASや自動走行に必要となるセンサー、ブレーキなどのエレクトロニクス関連事業をVeoneer(ベオニアもしくはヴィオニア)として分社化し、オートリブはパッシブセーフティに特化した会社となりました。

業績推移

2020年度はグローバルでの自動車販売台数が減少したことから、オートリブの売上高も12%減少しました。固定費用の削減を上回る売上高の減少であったため営業利益も5.13%へと低下しました。

オートリブの業績推移

オートリブの業績推移

売上構成

オートリブは、自動車部品の中でもエアバッグ(ステアリングを含む)とシートベルトの大手メーカーです。

オートリブの売上構成

オートリブの売上構成

運転席・助手席用エアバッグ
車両の乗員とステアリングホイール、インストルメントパネル、フロントガラスの間にエネルギーを吸収するクッションを提供します。

フロントセンターエアバッグ

側面衝突時に前列の乗員同士の衝突を防ぐことができます。運転席と助手席の間のスペースに展開し、遠方からの衝突を保護します。

サイドエアバッグ

乗員とドアの間で膨らみます。このエアバッグは、胸部傷害のリスクを約25%低減します。

ニーエアバッグ

乗員の足にかかる衝撃を分散させ、足や膝の負傷を軽減します。

歩行者用エアバッグ

歩行者と車両の事故の際に、頭部への衝撃を緩和し、その程度を軽減することを目的としています。フロントガラスとAピラーに沿って車外に展開されます。

サイドカーテンエアバッグ

サイドウインドー上部のルーフラインから展開し、乗員の頭部とウインドーや飛来する硬い物体との間に緩衝材を供給します。

シートベルト

衝突時や急停車時に乗員を有害な動きから守るためのものです。シートベルトは、正面衝突時の重傷リスクを全体で60%も低減することができます。

ステアリングホイール

車のタイヤをコントロールする機能を持っています。

主なM&A

1997年 米国のエアバッグ製造大手であるMorton ASPと経営統合
2000年 米国のOEAを買収
2018年 ベオニアを分社化

株価推移


オートリブの製品別の世界市場シェア

 

市場シェア

エアバッグ業界の世界市場シェアの分析

エアバッグ業界の世界シェアや市場規模について分析を行っています。世界大手のエアバッグメーカーのオートリブ、ZF、ジョイソン・セイフティ・システムズ、豊田合成の概要や動向も掲載しています。
2021.09.21
市場シェア

シートベルト業界の市場シェアの分析

シートベルト業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。オートリブ、ZF、ジョイソン・セイフティ・システムズ、東海理化といったシートベルメーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.09.06
市場シェア

自動車部品業界の世界市場シェアの分析

自動車部品メーカーの世界市場シェアや市場規模について分析をしています。デンソー 、ボッシュ、コンチネンタル、マグナ・インターナショナル、ZF 、フォルシアといった 世界の主要な自動車部品メーカーの一覧も掲載しています。
2021.09.20