産業・工業用ガスの世界市場シェアと市場規模と業界再編

産業・工業用ガスの世界市場シェア、市場規模、業界再編について分析をしています。エア・リキードが米国のエアガスを買収、リンデとプラクスエアの合併より、グローバルプレーヤー上位2社が覇権を競う時代へと入りました。

産業・工業用ガスの世界シェア

産業ガス会社の世界売上高ランキング(2020年版)に掲載されている各社の売上高を分子に、2019年の市場規模である835億ドルを分母に、簡易に産業ガス各社の市場シェアを計算すると、1位はドイツのリンデの34%、2位はフランスのエアー・リキードの29%、3位は米国のエア・プロダクトの11%となります。

2019年市場シェア

1位 リンデ 34%
2位 エアー・リキ-ド 29%
3位 エア・プロダクト&ケミカルズ 11%
4位 大陽日本酸素 9%
5位 インデ・ガス 2%
6位 メッサ―グループ 1%

世界1位は、リンデです。2018年は、米国の当時業界3位であったプラクスエア買収し、2位のエアー・リキードをかわしての世界1位です。フランスのエアー・リキードはエアガスを買収し、一時は1位となりましたが、リンデに巻き返された形になりました。既に両社の市場シェアは60%を超えており、今後の成長戦略が注目されます。3位にはエアプロダクツです。上位2陣営との売り上げ規模の差が広がりつつあります。4位に大陽日本酸素が入ります。プラクスエアの欧州事業を買収し、トップ4入りを目指します。

産業ガスは、顧客である化学メーカーの近くにガス生産工場を設けて、パイプライン、タンクローリー、ボンベ等でガスの充填や配給をする地産地消型のビジネスモデルです。そのため寡占が進みやすい傾向にあり、例えば、1990年は、1位がエア・リキード、2位は英国のBOC(現リンデ)、3位がプラクスエア、4位はエアープロダクツ、5位がリンデ、6位が大陽日酸となっており、上位6社で約7割の市場シェアでしたが、現在は上位4社で約8割超の市場シェアとなり、更なる寡占化がうかがえます。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、産業ガス業界の2019年の世界市場規模を835億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。調査会社のグランドビューリサーチによれば2019年の同業界の市場規模は873億ドルです。また2020年から2027年にかけて5.5%の年平均成長率を見込んでいます。一方、調査会社のアイマークによれば2019年の同業界の市場規模は802億ドルです。

産業ガス・工業用ガスの種類

産業ガスとは、主に家庭用エネルギーとして使われる都市ガスやLPガスを除き、製造業で原料や中間材、あるいは品質向上、省エネや製造プロセスの安全のため、幅広く産業全般に使われるガスの総称です。また、病院で使用される医療用ガスもこれに含まれます。産業ガスには、酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス、水素、ヘリウムなどがあります。

業界再編

再編を通じてリンデとエアー・リキ-ドの2強時代へと突入しました。

  • 2006年 独リンデによる英BOCの買収
  • 2007年 仏エアー・リキ-ドによる独Lurgi買収
  • 2009年 大陽日本酸素による米Valley Natinal Gaseの買収
  • 2012年 独リンデによるAir Product(エアープロダクト)の欧州在宅医療事業の買収
  • 2012年 Air ProductsによるチリのINDURA買収
  • 2012年 仏エアー・リキ-ドによるスペインのGASMEDI買収
  • 2012年 独リンデによる米LINCARE買収
  • 2014年 三菱ケミカルによる大陽日本酸素の買収
  • 2015年 仏エアー・リキ-ドによる米エアガス買収
  • 2016年 独リンデと米プラクスエアが経営統合を発表
  • 2018年 大陽日酸によるプラクスエアの欧州事業の買収

業界関連書籍

工業ガス製造法のすべて
工業ガスマーケティング年鑑「ガスジオラマ2020」
工業ガス供給機器図鑑
工業ガス用途のすべて「ガスアプリケーション2020」