ガラス業界の世界市場シェアの分析

板ガラスと液晶ガラスの世界市場シェア、市場規模や業界ランキングの情報を分析しています。旭硝子、サンゴバン、日本板硝子、コーニング等の世界大手のガラスメーカーの動向も掲載しています。

板ガラス業界の市場シェア

「板ガラスメーカーの世界売上高ランキング(2020年版)」の売上高の情報とまた後述する業界の市場規模を分母にして、板ガラス業界の世界市場シェアを簡易に計算すると、1位は日本の旭硝子(AGC)、2位はフランスのサンゴバン、3位は米ガーディアングラス(コーク・インダストリーズ)となります。

1位 旭硝子(AGC) 6.0%
2位 サンゴバン 5.2%
3位 ガーディアングラス 4.8%
4位 日本板硝子 4.5%
5位 福耀集団 2.4%
6位 ヴィトロ 1.7%
7位 セントラル硝子 1.2%
8位 台玻集團 0.9%
9位 シセジャム 0.7%

2019年の市場シェアトップ2は不動のAGC(旭硝子)とフランスのサンゴバンです。前者は自動車用ガラスに強く、後者は建材用ガラスに強みを持ちます。3位のガーディアングラスは、米国の非公開コングロマリット大手であるコークインダストリーズに買収され、今後一層の規模拡大を模索する可能性があります。4位にはAGCのライバルである日本板硝子となっています。英ピルキントンとともに板ガラス分野の更なる成長を模索しています。5位は中国の福耀です。中国国内の旺盛な自動車向けガラスの需要を追い風に、トップ5に入りました。
6位はメキシコのヴィトロで、近年積極的な買収で成長しています。7位は日本のセントラル硝子、8位は台湾のガラスメーカーである台玻集團、9位はトルコのガラス総合メーカーのシセジャムです。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、板ガラス業界の2019年の世界市場規模を1158億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。調査会社グランドビューリサーチによれば2019年の同業界の世界の市場規模は約1158億ドルと推計されています。調査会社のマーケッツアンドマーケッツによれば、2016年の同業界の規模は929億ドルです。⇒参照したデータの詳細情報

板ガラスと液晶ガラスの特徴

板ガラスは主として建築用や自動車用の窓などに広く利用されています。ガラス材料→溶解窯→板ガラス→建築や自動車用ガラスに加工という製品化までの流れがあります。

液晶ガラスは、液晶ディスプレイの基板として利用されています。薄さや精度面で高い技術が要求されます。

業界関連書籍

ガラスの科学
特許情報分析(パテントマップ)から見た「ガラス業界10社〔2018年版〕」
先端ガラスの産業応用と新しい加工