ガラス業界の世界市場シェアの分析

ガラス業界の世界市場シェアと市場規模の情報を分析しています。AGC(旭硝子)、サンゴバン、コーニング、日本板硝子、ガーディアンインダストリーズ、日本電気硝子、福耀集団等の世界大手のガラスメーカーの動向も掲載しています。

ガラス業界の市場シェア

ガラス会社の2020年度売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、後述する業界の市場規模を分母にして、2020年のガラス業界の世界市場シェアを簡易に計算すると、1位は日本のAGC(旭硝子)の2.9%、2位はフランスのサンゴバンの2.2%、3位はコーニングの1.9%となります。

  • 1位 AGC 2.9%
  • 2位 サンゴバン 2.2%
  • 3位 コーニング 1.9%
  • 4位 日本板硝子 1.7%
  • 5位 ガーディアンインダストリーズ 1.2%
  • 6位 福耀集団 1.1%
  • 7位 日本電気硝子 0.85%
  • 8位 ヴィトロ 0.81%
  • 9位 シセジャム 0.7%
  • 10位 台玻集団 0.6%
  • 11位 セントラル硝子 0.4%

ガラス業界の世界シェア(2020年)
ガラス業界の世界シェア(2020年)

2020年の市場シェアトップ2は、2019年に続きAGCとフランスのサンゴバンです。前者は自動車用ガラスに強く、後者は建材用ガラスに強みを持ちます。3位は液晶ガラスやディスプレイガラス大手のコーニングとなります。液晶ガラスでは世界最大手です。4位にはAGCのライバルである日本板硝子となっています。英ピルキントンとともに板ガラス分野の更なる成長を模索しています。5位のガーディアングラスは、米国の非公開コングロマリット大手であるコークインダストリーズに買収され、今後一層の規模拡大を模索する可能性があります。6位は中国の福耀です。中国国内の旺盛な自動車向けガラスの需要を追い風に売上を伸ばしています。
7位は液晶ガラス大手の日本電気硝子です。8位はメキシコのヴィトロで、近年積極的な買収で成長しています。9位はトルコのガラス総合メーカーのシセジャムです。10位は台湾のガラスメーカーである台玻集団、11位は日本のセントラル硝子となっています。

1位 AGC
2位 サンゴバン
3位 ガーディアングラス
4位 日本板硝子
5位 福耀集団
6位 ヴィトロ
7位 セントラル硝子
8位 台玻集團
9位 シセジャム

市場規模

当サイトではガラス業界の2020年の世界市場規模を2700億ドルとしております。参考した公表データは以下の通りです。
調査会社グランドビューリサーチによれば2020年の板ガラス業界の市場規模は約2658億ドルと推計されています。2028年に向けて年平均3.6%での成長を見込みます。特に自動車や太陽光パネル向けのガラス材での成長が期待できます。また360マーケットリサーチによると液晶ガラスの2020年の市場規模は61億ドルです。2026年に向けて年平均1.4%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

板ガラスと液晶ガラスの特徴

板ガラスは主として建築用や自動車用の窓などに広く利用されています。ガラス材料→溶解窯→板ガラス→建築や自動車用ガラスに加工という製品化までの流れがあります。液晶ガラスは、液晶ディスプレイの基板として利用されています。薄さや精度面で高い技術が要求されます。

ガラス業界の主要企業

AGC(旭硝子)

日本を代表する総合ガラスメーカーです。ガラス分野では仏サンゴバンと首位を競っています。液晶用ガラスにも強みを持ちます。ディスプレイ用特殊ガラス(Dragontrail®)が有名です。近年ライフサイエンス分野(バイオ医薬品原薬の製造開発受託等)への多角化を推進しています。さらに詳しく

Saint Gobain(サンゴバン)

1665年に設立された鏡面ガラス製作所を起源とするフランスに本拠を置く建材・ガラスメーカーです。近年、ガラスに加え、断熱材、石膏ボード、モルタル等の建材事業や自動車向け部材分野への多角化を行っています。2021年にフランスのセメントなどの建材を取り扱うChrysoをシンベンから買収しました。

日本板硝子

旭硝子と双璧をなす板ガラス大手企業です。同業大手の英ピルキントン(Pilkington)を買収し更なる事業拡大を目指しています。

Guardian Glass(ガーディアングラス)

1932年創業の米板ガラス大手です。2016年にKoch Industries(コークインダストリーズ)が買収しました。

Farun Group(江苏华尔润)

中国に本拠を置く板ガラスメーカー大手です。近年シェアを拡大しています。

Fuyao Glass(福耀集团)

中国に本拠を置くガラス大手です。自動車用ガラスで近年存在感を示しています。2014 年に米 PPG の板ガラス事業を買収しました。

Sisecam Group (シセカムグループ)

トルコに本拠を置くガラス製造会社です。板ガラス、ガラス食器、ガラス容器等を製造しています。同社は1934年の創業。従業員数は約 2 万 1000 人以上。150カ国でガラス製品の販売を行っています。同社ホームページによれば板ガラス生産は世界 5 位です。

Vitro(ヴィトロ)

1909年に設立されたメキシコに本拠を置くガラスメーカーです。2016年に米国の塗料大手PPGから板ガラス及びガラスコーティング事業を約7億5,500万ドルで買収しました。2017年にはPittsburgh Glass Works (PGW)の自動車ガラス事業をLKQ Corporationから3億1,000万ドルで買収しています。

セントラル硝子

1936年に宇部興産グループによって設立された板ガラス大手です。

Corning(コーニング)

Corning(コーニング)は米国に本拠を置く液晶用ガラス、光ファイバー大手です。1851年にエイモリー・ホートン氏によってユニオングラスカンパニーとして創業されました。液晶用ガラス分野ではサムスンとの合弁会社(サムスン・コーニング・プレシジョン・マテリアルズ)を展開しています。
ガラス事業(パソコンや液晶テレビ向けに液晶用ガラス基板)、光ファイバーや光ケーブル等の通信事業、自動車や半導体向けの光学製品、ダウケミカルとの接着剤分野での合弁事業、創薬向けのマイクロプレートや細胞培養基質等のライフサイエンス分野で事業を展開しています。さらに詳しく

日本電気硝子

液晶用ガラスで世界3強の一角です。NECより分離独立して誕生しました。

AvanStrate(アヴァンストレート)

日本板硝子とHOYAの合弁会社として誕生した液晶ディスプレイ用ガラス基板メーカーです。米国を代表する投資ファンドのカーライル傘下に入った後、2017年にアニル・アガルワル氏率いるインドの複合企業とHOYAが買収し、現在経営再建中です。

伯恩光学(Biel Crystal)

中国に本拠を置くスマホ向けのカバーガラスメーカーです。アップルへの納入実績があり品質面には定評があります。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。