HOYAの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

HOYAの市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

HOYAは、1941年に山中氏によって設立された東洋光学硝子製造所を源流とする日本を代表する光学メーカーです。江戸切子職人の技術を承継したクリスタルガラス製造技術から展開していった非球面光学ガラスレンズ、眼鏡レンズ、HDD用ガラスディスクやLCDフォトマスクといった分野に強みを持ちます。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比20.72%増の661,466百万円になりました。営業利益は29.17%増の199,479百万円になりました。営業利益率は30.16%になりました。

2020年度
売上高は前年度比増収増益となりました。半導体向けの素材への需要が強含んでいます。

HOYAの業績推移

HOYAの業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第4四半期(1~3月)
売上高は前年同期比12.02%増の169,594百万円になりました。営業利益は25.12%増の46,837百万円になりました。営業利益率は27.62%になりました。

2021年度第3四半期(10~12月)
前年同期比増収増益となりました。マスクブランクス、データセンター向けの基板がコンタクトレンズ需要の回復が主因となります。

HOYAの四半期業績推移

HOYAの四半期業績推移

EPS成長率

2021年度
希薄化後EPSは前年度比33.09%増の446.58円になりました。1株当たりの配当は前年度比22.22%増の110.00円になりました。配当性向は24.63%になりました。

HOYAのEPS・1株配当・配当性向の推移

HOYAのEPS・1株配当・配当性向の推移

売上構成

メガネレンズ・コンタクトレンズ・フォートマスクやハードディスク用ガラスディスクが主力となります。

HOYAの売上構成(2021年度)

HOYAの売上構成(2021年度)

ヘルスケア
メガネレンズ、コンタクトレンズの開発製造、コンタクトレンズ専門店「アイシティ」の運営を行っています。

メディカル
内視鏡、自動内視鏡洗浄装置、腹腔鏡手術器具、眼内レンズ、アパタイト骨補填材・金属製インプラント、人工骨などの開発製造を行っています。

内視鏡分野の競合には、オリンパス、KARL STORZ、ストライカー、Boston Scientific、Ethicon、富士フィルム、メデトロニック、Richard Wolf、Smith & Nephewなどが挙げられます。

人口骨分野の競合には、メデトロニック、ジョンソン&ジョンソン、バクスター、Smith & Nephew、ストライカー、NuVasive、Allosource、Curasan、Ziacom Medical、Orthofix International、Biomatlanteなどが挙げられます。

エレクトロニクス
半導体製造用マスクブランクス・フォトマスク、液晶パネル製造(FPD)用フォトマスク、ハードディスク用ガラスディスク(サブストレート)の開発製造を行っています。

フォトマスク分野の競合には、大日本印刷、凸版印刷、コンパグラフィックス・フォトマスク・ソリューションズ、SKエレクトロニクス、台湾マスク、日本フィルコン、HTAフォトマスク、PKL、プラズマサーム、マイクロニックス、KLA-テンコール、レーザーテック、LGイノテックなどが挙げられます

映像
光学ガラス・光学レンズ、色ガラスフィルター、UV照射システム、印刷用LED-UV照射器、レーザー発振器などの開発製造を行っています。

その他
音声合成ソフトウェアの開発を行っています。

マスクブランクス・フォトマスクと露光過程

フォトマスクは、ガラス基板(マスクサブスレート)に遮光膜を覆ったマスクブランクスに回路パターンを形成したものです。ウエハーへ回路をリソグラフィ(露光)する際の原版となります。

マスクブランクス・フォトマスク

マスクブランクス・フォトマスク

直近のM&A(合併買収)

医療機器やレンズ周辺でのM&Aを積極的に行っています。

2013年 セイコーエプソンのメガネレンズ開発事業を買収
2013年 自動内視鏡洗浄装置メーカーのWassenburgを買収
2017年 クラウド型音声読み上げサービスのReadSpeakerを買収
2017年 Performance Opticsを買収
2019年 眼科医療機器メーカーMid LabsとFritz Ruckを買収

直近1年間の株価リターン

HOYAとインデックスの株価リターン比較

2022年09月29日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

眼内レンズ業界の世界市場シェアの分析

眼内レンズ業界の世界シェアと市場規模について分析をしています。眼内レンズ大手メーカーであるアルコン、クーパービジョン、カール・ツァイス、HOYA、スターサージカル、ジョンソン&ジョンソン、ボシュヘルスの概要や動向についても記載しています。
再編候補

ローデンストックのM&Aと今後の成長戦略についての分析

2021年に投資ファンドのAPAXが、ドイツのカール・ツァイスと並び立つ光学大手であるRodenstock(ローデンストック)を買収しました。ローデンストックは140年以上も続くドイツ光学の至宝とも評される技術力の高い会社で業績も安定していますが、2003年に創業家が持分を投資ファンドに売却して以降、株主という観点では投資ファンド間を行き来しており、安定しておりません。APAXのよる買収の背景や今後の売却先について簡単な分析を行いました。
市場シェア

メガネ(眼鏡)レンズ業界の世界市場シェアの分析

メガネ(眼鏡)レンズ業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。エシロール・ルックスオティカ、HOYA、カール・ツァイス等世界大手レンズとフレーム会社の動向も掲載しています。
市場シェア

ガラス業界の世界市場シェアの分析

ガラス業界の世界市場シェアと市場規模の情報を分析しています。AGC(旭硝子)、サンゴバン、コーニング、日本板硝子、ガーディアンインダストリーズ、日本電気硝子、福耀集団等の世界大手のガラスメーカーの動向も掲載しています。