PPGインダストリーズの市場シェアと株価リターンの分析

PPG Industries(PPGインダストリーズ)は1883年に設立された米国に本拠を置く塗料メーカーです。ガラス製造会社が発祥です。現在は航空機、船舶や自動車用の塗料事業が主軸となっています。シャーウィン・ウイリアムズと米国首位の座を競っています。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比21.45%増の16,802百万ドルになりました。営業利益は前年度比18.82%増の1,711百万ドルになりました。営業利益率は10.18%になりました。自動車再塗装、海洋、 PPG-Comex 建築用塗料が好調でした。

2020年度
売上高は前年度比約9%減の約138億ドルとなりました。為替の影響や既存事業の落ち込みが影響し前年度比減収減益です。

PPGインダストリーズの業績推移

PPGインダストリーズの業績推移

業績推移(四半期)

2022年7ー9月
売上高は前年同期比13.93%増の16,802百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-14.62%の1,711百万ドルになりました。営業利益率は10.2%になりました。

2022年4ー6月
売上高は前年同期比7.62%増の4,691百万ドルになりました。営業利益は前年同期比3.15%増の557百万ドルになりました。営業利益率は11.9%になりました。

2022年1ー3月
売上高は前年同期比11.00%増の4,308百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-84.25%の80百万ドルになりました。営業利益率は1.9%になりました。需要は堅調なものの、原材料の高騰が続き増収減益になりました。

PPGインダストリーズの四半期業績推移

PPGインダストリーズの四半期業績推移

EPS成長(四半期)

2022年7ー9月
希薄化後EPSは前年同期比1.72%増の5.93ドルになりました。

PPGインダストリーズの希薄化後EPS(四半期)の推移

PPGインダストリーズの希薄化後EPS(四半期)の推移

事業構成

航空機、船舶や自動車向けの機能性塗料とPPG、COMEXやSIGMAブランドで展開する建築用塗料の事業に分かれます。

シャーウィンウィリアムズの売上構成

シャーウィンウィリアムズの売上構成

M&A(合併買収)の動向

塗料事業を強化する一方で、祖業のガラス事業は売却をしました。

2007年 タイのSigmaKalonグループを買収
2013年 クロールアルカリ事業を20億ドルでジョージア・ガルフに売却(アクシオール誕生)
2014年 板ガラス事業の一部をFuyao Glassへ売却
2016年 板ガラス及び板ガラス塗料事業をVitroへ売却

直近1年間の株価リターン

PPGインダストリーズとインデックスの株価リターン比較

2022年11月27日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

塗料・コーティング業界の世界市場シェアの分析

塗料・コーティング業界の世界市場シェアランキングと市場規模について分析しています。アクゾノーベル 、PPGインダストリーズ 、シャーウィン・ウイリアムズ 、アクサルタ、関西ペイント、日本ペイントといった世界大手の塗料メーカーの概要や動向も掲載しています。