シャーウィンウィリアムズの市場シェアと業績推移の分析

Sherwin-Williams(シャーウィンウィリアムズ)は1866年に設立された北米に本拠を置く老舗の大手塗料会社です。一般消費者や業者向けの塗料やコーティング剤の製造販売を行っています。塗料販売用の直営店での販売がメインです。2016年に米同業のバルスパーを買収しました。

業績推移(年次)

2021年度
売上高は前年度比8.62%増の19,945百万ドルになりました。営業利益は前年度比-10.89%の2,231百万ドルになりました。営業利益率は11.18%になりました。B2B向け塗料が堅調でしたが、原材料費の増加によって、増収減益になりました。

2020年度
売上高は、4億6,090万ドル(2.6%)増加し、過去最高の183億ドルとなりました。

シャーウィンウィリアムズの業績推移

シャーウィンウィリアムズの業績推移

業績推移(四半期)

2022年度第1四半期(1ー3月)
売上高は前年同期比7.36%増の4,999百万ドルになりました。営業利益は前年同期比-5.80%の477百万ドルになりました。営業利益率は9.6%になりました。プロテクティブ/マリン、不動産管理、新築住宅、住宅の塗り替えなど分野が好調でしたが、継続的なコスト上昇、不安定な原材料調達状況によって、前年同期比増収減益になりました。

シャーウィンウィリアムズの四半期業績推移

シャーウィンウィリアムズの四半期業績推移

EPS成長(四半期)

希薄化後EPSは前年同期比-6.62%の1.41ドルになりました。

シャーウィンウィリアムズの希薄化後EPS(四半期)の推移

シャーウィンウィリアムズの希薄化後EPS(四半期)の推移

事業構成

米州小売事業、B2C向け塗料と機能性塗料が事業の柱となります。

シャーウィンウィリアムズの売上構成

シャーウィンウィリアムズの売上構成

米州小売事業
米州事業は、米国、カナダ、ラテンアメリカの4700超の直営ペイント専門店で構成されています。主にSherwin-Williamsブランドで建築用、工業用やDIY向けの塗料製品を販売しています。

B2C向け塗料
建築用塗料、ステイン、ワニス、工業用製品、木材仕上げ製品、木材保存剤、アプリケーター、腐食防止剤、エアゾール、コーキング剤、接着剤を製造販売しています。

機能性塗料
業務用の木工用塗料、一般工業用塗料(金属、プラスチック)、自動車補修用塗料、保護用塗料、船舶用塗料、コイル用塗料、包装用塗料、機能性樹脂、着色剤を製造販売しています。

M&A(合併買収)の動向

製品や地域補完を狙ったM&Aを行っています。

2016年 同業のValsparを買収
2021年 豪州とニュージーランドの塗料会社WattylをHempelに売却しました。

株価パフォーマンス

シャーウィンウィリアムズの株価パフォーマンス

2022年07月03日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

塗料・コーティング業界の世界市場シェアの分析

塗料・コーティング業界の世界市場シェアランキングと市場規模について分析しています。アクゾノーベル 、PPGインダストリーズ 、シャーウィン・ウイリアムズ 、アクサルタ、関西ペイント、日本ペイントといった世界大手の塗料メーカーの概要や動向も掲載しています。
2022.05.12