株主提案

株主提案

デュークエナジーへのエリオットマネジメントからの公開提案の分析

物言う株主のエリオットマネジメントが米国の大手電力会社であるDuke Energy(デュークエナジー)に対して、2021年5月17日に公開書簡を送付しました。デュークエナジーの概要、業績推移、公開書簡の内容、公開提案後の株価の推移について分析しています。
株主提案

ディズニーへのアクティビストからの書簡と株価への影響の分析

2020年10月7日、ディズニーの少数持ち分を有する米国アクティビストファンドのサードポイントが、公開書簡を通じ、「ディズニーは現在行っている年間配当の支払いを株主に対して行うよりも、当該配当原資を用いてDisney+やストリーミングサービス等への投資を強化し、NetflixやAmazonといったTech giantと呼ばれる企業に対抗できるようなポジショニングを形成すべきである」という旨のメッセージをディズニー経営陣に伝えています。
株主提案

インテルVSサードポイントのリアルタイムケーススタディ

2020年12月29日付でインテルの取締役会長であるOmar Ishrak(オマー・イシュラック)氏に、株主対話型投資ファンドであるサードポイントのCEOであるダニエルローブ氏から書簡が送られました。実際に送付された書簡の内容を日本語で要約し、サードポイント側の主張と、書簡受領後のインテルの戦略的な打ち手について時系列で考察をしています。
株主提案

任天堂とアクティビストの対話の定期レビュー

経営陣との対話を重視するアクティビスト型の投資ファンドであるValue Act Capital(バリューアクトキャピタル)が、11億ドルを投じて任天堂株を購入したうえで、2020年4月に同社との対話を行ったとの報道がありました。バリューアクトキャピタルの概要や投資の狙い等について分析をしています。
戦略レビュー

ダノンによる戦略レビューと株主対話の分析

欧州を代表する乳製品メーカーであるダノンが戦略レビュー「Reshape. Review. Adapt」を開始すると発表しました。アルゼンチンのVegaブランドや蒙牛乳業の政策保有株式はレビュー対象となります。ブルーベルキャピタルパートナーズが公開対話を開始しました。
株主提案

東芝とファラロンキャピタルの対話

ファラロンキャピタルが東芝に要請したキャッシュフローの分配をめぐり臨時株主総会が開催されました。ファラロンとの株主対話について論点を分析しています。
株主提案

サンポグループへの公開提案の分析

アクティビストファンド大手であるエリオットマネジメントが、2021年2月2日にフィンランドに本拠を置くSampo Oyj(サンポグループ)との公開対話を開始しました。公開提案が提示された背景や提案の内容について分析をしています。
株主提案

エリオットマネジメントにるNNグループへの公開提案

米国のアクティビストファンドであるエリオットマネジメントが、2020年6月12日にNNグループ経営陣に対し公開株主提案「その時は来た」を公表しました。エリオットマネジメントは、欧州有数の保険会社であるNNグループに対してどのような企業価値向上策を提案したのかについて分析をしています。
株主提案

エリオットマネジメントによるクラウンキャッスルへの公開提案

エリオットマネジメントが、通信タワー大手のクラウンキャッスルに対して公開提案をしております。
株主提案

BHPグループとエリオットマネジメントの対話

世界最大の鉱業会社であるBHPグループ(BHPビリトン)は、2017年4月から度々ヘッジファンドであるエリオット(Elliott Management Corporation) から事業再編の提案を受けています。BHPグループの経営方針では、過去の事業買収の成果を得られていないばかりか、株主価値を長期にわたって棄損し続けているという内容でした。