日本たばこ産業の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

日本たばこ産業の市場シェア・業績推移・売上構成・株価の分析

日本たばこ産業は、1985年に設立されたたばこ会社です。前身は1949年に日本専売公社です。1994年に上場しました。1999年にR.Jレイノルズの米国外のたばこ事業であるRJRインターナショナルや英ギャラハーを買収し、国際展開に積極的です。次世代たばことして加熱式たばこのブルーム・テックも積極展開しています。2017年にはフィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーションを買収しました。

業績推移(年次)

2020年度も引続き国内たばこ市場が縮小し、減収減益となりました。

日本たばこ産業の業績推移
日本たばこ産業の業績推移

業績推移(四半期)

2021年第3四半期は海外事業が好調で前年同期比増収増益となりました。

日本たばこ産業の四半期業績推移
日本たばこ産業の四半期業績推移

EPS成長率

2016年度以降希薄化後EPSは減少しています。

日本たばこ産業の希薄化後EPSの推移
日本たばこ産業の希薄化後EPSの推移

売上構成

主力事業はたばこ事業となります。

日本たばこ産業の売上構成(2020年度)
日本たばこ産業の売上構成(2020年度)

たばこ事業
紙たばこと電気加熱型たばこを展開しています。紙たばこの主要ブランド「メビウス」「ウィンストン」「キャメル」「LD」「キャスター」「ピース」「ホープ」「セブンスター」、電気加熱型たばこは「プルーム」です。

食品事業
テーブルマーク(旧加ト吉)が主軸です。冷凍食品、常温食品、調味料・スープ、ベーカリーなどを展開しています。

医薬品事業
鳥居薬品が中核です。糖・脂質代謝、ウイルス、免疫・炎症領域の医薬品開発に強みを持ちます。

直近のM&A(合併買収)

たばこ事業の国際化を図るために積極的にM&Aを行っています。

1998年 鳥居薬品を子会社化
1999年 RJRナビスコからたばこ事業を買収
2007年 イギリスのギャラハーを買収
2008年 加ト吉(現テーブルマーク)を買収
2011年 スーダンのたばこ会社ハガーシガレット&タバコ ファクトリーを買収
2012年 ベルギーのたばこ会社グリソンを買収
2012年 エジプトの水たばこ会社ナハラを買収
2015年 イランのたばこ会社アリヤンタバコインダストリーを買収
2015年 レイノルズ・アメリカンの米国外のたばこ事業を買収
2016年 ブラジルのたばこ流通会社フラクソを買収
2016年 エチオピアのたばこ会社ナショナルタバコエンタープライズを買収
2017年 インドネシアのたばこ会社カリヤディビアマハディカを買収
2017年 フィリピンのマイティー・コーポレーションを買収
2018年 ロシアのJSC Donskoy Tabak(ドンスコイ・タバック)を買収
2018年 バングラデシュのたばこ会社アキジグループを買収

直近1年間の株価リターン

日本たばこ産業とインデックスの株価リターン比較

2022年05月18日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

株主提案

鳥居薬品とリムアドバイザーズの対話

香港を拠点とするリムアドバイザーズが鳥居薬品に対して株主提案を行っている模様です。物言う株主との対話と親子上場の解消という側面からディールラボでは、両社の対話につきモニターを開始しました。
2022.04.19
市場シェア

たばこ(タバコ、煙草)業界の世界市場シェアの分析

たばこ(タバコ、煙草)業界の動向について、世界シェア、市場規模、再編といった視点から分析を実施しています。中国タバコ、フィリップモリス、アルトリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、JT、インペリアルブランズ等主要なたばこ(タバコ、煙草)メーカー概要も掲載しています。
2022.04.19