不織布業界

不織布業界の世界市場シェア、世界ランキング、市場規模の情報を掲載しています。ベリーグローバル、キンバリークラーク、フロイデンベル、アールストローム、などの不織布メーカー世界大手の動向も掲載しています。

市場シェア

調査会社Nonwovens Industryによる2018年の不織布会社の売上高を分子に、市場規模(調査会社のSmithersによれば2019年の不織布業界の世界市場規模は468億ドル)を分母にして、不織布業界の市場シェアを簡易に計算しますと、1位はベリーグローバル、2位はフロイデンベルグ、3位はAhlstrom(アールストローム)となります。

1位    ベリーグローバル    5.8%

2位    フロイデンベルグ    4.5%

3位    アールストローム・ムンクショー    3.2%

4位    キンバリークラーク    2.8%

5位    デュポン    2.1%

6位    フィテサ    2.1%

7位    PFノンウーベン    1.6%

8位    ジョンズ・マンビル    1.5%

9位    グラットフェルター    1.5%

10位    ライダル    1.4%

11位 ファイバーテックス 1.2%

1位が、米国の特殊プラスチックメーカーのベリー・プラスチック(Berry)です。同社は、1967年に、インペリアル・プラスチックとして創業された老舗プラスチックメーカーです。2015年に、アヴィンティブ(Avintiv)を買収し、不織布分野を強化しています。ドイツのフロイデンベルグ社が2位となっています。同社は2015年に不織布大手の日本バイリーンを東レとともに共同買収しております。3位はフィンランドの特殊紙大手アールストローム・ムンクショーです。2017年にアールストロームとムンクシューが経営統合をして誕生しました。4位は米国の衛生用品大手のキンバリークラークです。他のおむつメーカーと異なり、不織布の生産も行う垂直統合的な事業展開を行っています。5位は米国の化大手デュポンです。6位はブラジルのコングロマリットエボラ(Evora)傘下のフィテサ(fitesa)です。7位のPFノンウーベンはチェコに本拠を置く不織布会社です。8位は米国のジョンズ・マンビルです。米国の11位はデンマークの大手コングロマリットであるソイウ(Schouw & Co.)グループ傘下のファイバーテックスとなっています。ソイウは、1878年設立の水産用飼料メーカーですが、パーソナルケア、工業用油圧、不織布の分野でも事業展開を行っています。

不織布の作り方

不織布は、原料等によって種類が分かれます。用途としては、紙おむつなどの衛生用品から、タイルカーペット、建築向けの防水基布、車の素材、農業用のシートなど幅広く使用されています。特に、ポリプロピレンを原料とする不織布は、高吸水性樹脂とならび、おむつの必要不可欠な原料となっています。紙おむつは、不織布おむつと換言しても過言ではないでしょう。

不織布は、布状の織らない繊維の総称です。作り方は、わたの集合を作るウェブ工程と、結合するバインディング工程に分かれます。ウェブ工程には、乾式、湿式、エアレイド式等の方式が、またバインディング工程にはケミカルボンド式、サーマルボンド式、ニードルパンチ式等の方式があります。ウェブ工程とバインディング工程を合わせたスパンレイド(スパンメルト)方式も最近よく使われています。

工程の違いによって、ケミカルボンド不織布(CB)、サーマルボンド不織布(TB)、ニードルパンチ不織布(NP)、スパンレース不織布(SL)、スパンボンド不織布(SB)やメルトブロー不織布(MB)が生まれます。

世界の主要な不織布メーカーの一覧

Freudenberg(フロイデンベルグ)

ドイツに本拠を置く不織布メーカー世界大手です。非公開会社です。2015年に日本バイリーンに対して東レとともに子会社化しました。ポリエステルスパンボンド不織布とフィルター事業が二本柱です。

DuPont(デュポン)

米国に本拠を置く世界最大級の化学メーカーです。日本では旭化成との合弁会社の旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツにて不織布(タイベック)を展開しています。

Kimberly-Clark (キンバリー・クラーク)

米国を代表する消費財メーカーです。おむつやティッシュ等の紙製品に強みを持ちます。不織布も世界大手です。

Ahlstrom-Munksjö(アールストローム-ムンクショー)

フィンランドに本拠を置く特殊紙・繊維大手です。ヘルシンキ証券取引所に上場しています。2017年にアールストロームとムンクシューが経営統合をして誕生しました。不織布以外にも、フィルター、グラスファイバー布、化粧紙等の分野で世界的な強みを持ちます。

出所:同社アニュアルレポート

化粧紙の分野では、Technocell, Malta Decor, Koehler, Kingdecor, Shandong Qifengが競合会社として挙げられます。

グラスファイバー布では、Saertex, Owens Corning, Johns Manville, Saint Gobainが競合会社となっています。

Avintiv

旧PGIです。2013年に不織布大手の英Fiberweb社、2014年にブラジルの不織布大手のProvidencia社を買収し規模を拡大しました。ブラックストーン傘下にありましたが、2015年に米特殊プラスチックメーカーのベリー・プラスチックが買収しました。

PFNonwovens(PFノンウーベン)

チェコ共和国に本拠を置く不織布大手メーカーです。2017年に投資会社のR2G Rohan Czechが買収をし、PEGAS NONWOVENSより社名変更しました。

出所:同社ホームページ

Johns Manville(ジョンズ・マンビル)

米国に本拠を置く建材大手です。かつてはアスベストの生産で世界最大のメーカーでした。現在はBerkshire Hathaway(バークシャー・ハサウェイ)傘下です。

Fibertex Personal Care(ファイバーテックス・パーソナル・ケア)/Fibertex Nonwovens(ファイバーテックス・ノンウーヴン)

デンマークの大手コングロマリットであるソイウ(Schouw & Co.)グループ傘下です。

産業財及び消費財(衛生製品)向けの不織布の製造を行っています。衛生製品向けのスパンボンド式不織布では、年間約11万トン程度生産しております。産業財向けでは、ニードルパンチ、スパンレース、スピニング等の不織布を年間約5.5万トン生産しています。

Glatfelter(グラットフェルター)

米国に本拠を置く不織布メーカーです。コーヒーフィルターや衛生用不織布等に強みを持ちます。ニューヨーク証券取引所に上場をしています。

Lydall(ライダル)

米国に本拠を置く断熱材、ろ過用不織布、防音材メーカーです。

業界関連書籍

不織布業界のページを作成する上で、以下の書籍を参考にさせて頂きました。

不織布活用のための基礎知識 [単行本]

ユニ・チャームの会社研究〈2018年度版〉 (会社別就職試験対策シリーズ―生活用品) [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました