リチウムイオン電池業界

リチウムイオン電池業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。アンプレックステクノロジー(TDK)、パナソニック、サムスンSDI等の世界大手のリチウムイオン電池メーカーの一覧も掲載しています。

市場シェア・ランキング

最新業界別売上高世界ランキング第2巻」に記載のリチウムイオン電池業界の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、以下の順位となります。

1位 LG化学 18.9%
2位 サムスンSDI 17.5%
3位 CATL 17.4%
4位 TDK 13.6%
5位 パナソニック 12.0%
6位 BYD 8.6%
7位 村田製作所 2.3%

リチウムイオン電池の世界首位は、LG化学となっています。シボレー・ボルトに車載用電池の供給を開始しました。米国、欧州、アジアでリチウムイオン電池工場を建設して、更なる成長を狙っています。2位は、サムソンSDIとなっています。サムソンSDIは、世界1位の自社スマホ向けのリチウムイオン電池の共有が成長ドライバーとなっています。車載用ではBMW向けの電池を供給しています。3位は中国のCATLです。車載用のリチウムイオン電池に強みを持ちます。
4位は、TDKの子会社であるアンプレックステクノロジーとなっています。スマホ向けのラミネート型ポリマーリチウム電池に強みがあります。ラミネート型リチウム電池だけの世界市場シェア(電池のセル出荷数)では、2018年はアンプレックステクノロジーがシェア約4割をおさえ、2位以下のサムスンSDI(約15%)、BYD(約10%)、LG化学(約10%)を大きく引き離しています。5位は、パナソニックとなります。ノートPC、スマホ、車載用の全方位で、リチウムイオン電池を展開しています。民生用が中心だった主戦場が、車載用にシフトしていくなかで、車載用は米国のテスラとリチウムイオン電池のギガファクトリーを運営し、一気に規模拡大を狙っています。5位は中国のBYDとなります。車載用のバッテリーに強みを持ちます。

なお、2007年のリチウムイオン電池の世界シェアのランキングは、1位は三洋電機、2位はソニー、3位はサムスン、4位はパナソニック、5位はBYD、6位は日立マクセルとなっていました。市場規模は当時は1兆円程度、パソコンなどの小型電機製品向けのバッテリーがメインでした。市場規模の拡大にともない、1位と2位が、買収や撤退をしていった構図が読み取れます。

市場規模

調査会社のグランビューリサーチによれば、2019年のリチウムイオン電池市場の世界規模は、329億ドルです。2020年~2027年に13%の成長を見込みます。また同社によれば二次電池の2019年の市場規模は1084億ドルとなっています。
調査会社のアライドマーケットリサーチによれば、2019年の市場規模は367億ドルです。2027年にかけて年平均18%で成長すると予測しています。
両調査会社の成長率からも推察できる通り、今後の世界的なEV(電気自動車)へのシフトによって、市場規模が急拡大する可能性があります。リチウムイオン電池は、蓄電池、UPS(無停電電源装置)、バックアップ電源用としても活用されています。
リチウムイオン電池業界の市場シェア算定にあたり、市場規模として367億ドルを採用しています。

次世代電池

1991年にソニーが商品化に成功したリチウムイオン電池には、大量生産に向くものの、コバルト等の原材料が高騰したり、性能向上に限界があると言われています。
そこで、全個体電池やナトリウムイオン電池といった新世代の蓄電池の開発が急がています。
ナトリウムイオン電池、硫黄系電池、空気電池、全個体電池等が次世代電池として有望で、全個体電池は安全性、低温や高温への耐久力や大容量化に向いているが、製造方法が未確立や振動に弱いという欠点を抱えています。一方で、ナトリウムイオン電池は、原材料はナトリウムで豊富で、電力容量も大きくできるが、電圧の低さや重さ等の点で更なる改良が必要とされています。
2018年6月に、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がトヨタ自動車やパナソニックと全個体電池の開発を始めると発表しました。

リチウムイオン電池世界大手メーカーの動向

Samsung SDI(サムスンSDI)

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合家電メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電等に強みを持ちます。2016年に車載向けの音響に強いHarman Internationalを買収しています。スマートフォンやメモリーの分野でも世界トップクラスです。最終商品まで手掛けていることが強みです。NANDフラッシュメモリーとDRAMでも世界1位を長らく維持しています。通信基地局では、エリクソン、ノキア等の欧州勢、ファーウェイ等の中国勢を追い上げる立場にいます。

Samsung SDI(サムスンSDI)は、サムスンのグループ企業です。ノートPC、スマホの分野でのリチウム電池に強みを持ちます。車載用のリチウムイオン電池は主にBMWに供給しています。

パナソニック

パナソニックは日本を代表する電機メーカーです。過去松下電工や三洋電機と統合し、総合電機メーカーとして世界的なプレゼンスを有します。アプライアンス、オート、インダストリアル、通信ソリューションで事業部制をひいております。

家電:東芝やシャープ等他の日本電機大手が苦戦するなかで家電分野でグローバル展開を目指しています。低コスト戦略のアジア勢、プレミアム戦略の欧米勢と競合しています。

車載電池:テスラとの米ネバダ州でのギガファクトリー、日本、中国の大連工場(遼寧省)での3極の生産体制を構築しています。テスラ以外にもトヨタと協業し、全方位戦略で中国勢を迎えうっております。装置産業化した事業におけるパワーゲームを制することができるか、に注目が集まります。

小型用リチウムイオン電池:ノートPC、スマホ向けの電池事業にも強みを持ちます。

エアコン空調:1957年からエアコン事業を展開しております。日本国内では最大手クラスです。エオリアブランドで展開をしています。

自動車部品:音響機器(カーオーディオ)やカーナビゲーション等の電子機器の分野に強みを持ちます。次世代コックピットやコネクティッドと言われている自動車のCASE対応では総合力を発揮できる立場におります。

乾電池:1931年から乾電池の生産をしています。ナショナルハイトップブランドで一世を風靡し、現在はEvoltaで世界展開しています。

Amperex Technology(アンプレックステクノロジー、ATL )

香港に本拠を置く小型リチウム電池メーカーです。日本のTDKの子会社です。スマホ向けのラミネート型ポリマーリチウム電池等に強みを持ちます。ギャラクシーノート7発火事件の際に、サムソンSDIに代わりリチウム電池をサムスンに供給しました。「ラミネート型」のリチウムイオン電池に特に強みを持ちます。

LG化学

1947年に設立された韓国を代表する総合化学メーカーです。石油化学、電池、先端素材、生命科学(代謝疾患等への新薬開発)に加えリチウムイオン電池にも注力をしています。スマホ向けに加え、現代/起亜、ルノー向けの車載用リチウム電池に強みを持ちます。

村田製作所

ノートPC・スマートフォン向けのラミネート型リチウム電池に強みを持っています。2016年にリチウムイオン電池事業をソニーから買収しています。

BYD(比亜迪)

BYD(比亜迪)は中国の電気自動車メーカーです。車載用のリチウムイン電池の製造から始まり、EV電池、電気自動車製造の一貫生産体制に強みです。電気自動車を含む新エネ車の分野では、世界最大規模を誇ります。ウォーレンバフェット氏が投資をしたことでも有名です。

CATL

寧徳時代新能源科技(CATL)は日本のTDKの携帯電話向け電池製造子会社であるアンプレックステクノロジー(ATL)から分社化して2011年に誕生した中国の車載用リチウムイオン電池メーカーです。中国ではBYDと規模を競っています。2017年にBMWが、2018年にはホンダがCATL製のEV電池を採用しました。2018年に日本にも進出。電池の権威であるロバート・ガリエン氏をはじめ、独コンチネンタル、仏ヴァレオ等から積極的に技術者を採用しています。

業界関連図書

  • バッテリーウォーズ 次世代電池開発競争の最前線 [単行本]
  • ハイブリッド自動車用リチウムイオン電池 [単行本]
  • トコトンやさしい2次電池の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ) [単行本]
  • 二次電池市場・技術の実態と将来展望―次世代・二次電池市場/予測・関連部材・応用製品〈2015〉 (市場予測・電力自由化シリーズ) [単行本]
  • 瓶詰めのエネルギー―世界はリチウムイオン電池を中心に回る [単行本]
  • これだけ!電池 (これだけ!シリーズ) [単行本]
  • これだけ!燃料電池 (これだけ!シリーズ) [単行本]

電池に関する業界団体団体概要

  • 二次電池社会システム研究会
  • FCAについて | 燃料電池普及促進協会(FCA)
  • 一般社団法人 電池工業会

コメント

タイトルとURLをコピーしました