CATLの市場シェアと会社概要

寧徳時代新能源科技(CATL)は日本のTDKの携帯電話向け電池製造子会社であるアンプレックステクノロジー(ATL)から分社化して2011年に誕生した中国の車載用リチウムイオン電池メーカーです。中国ではBYDと規模を競っています。リン酸鉄系の角形電池を得意とし、2017年にBMWが、2018年にはホンダがCATL製のEV電池を採用しました。2018年に日本にも進出し、電池の権威であるロバート・ガリエン氏をはじめ、独コンチネンタル、仏ヴァレオ等から積極的に技術者を採用しています。

2021年1月のCATLが電池の生産工場に290億元の投資を予定していると公表しました。電池の生産能力は20年に約100ギガワット時から、25年に497.5ギガワット時まで増加する予定です。米テスラの主力EV「モデル3」を約900万台分生産できる能力を有することになります。

業績推移(年次)

車載電池の需要が急拡大しており2020年度も増収増益です。

CATLの業績推移
CATLの業績推移

業績推移(四半期)

2021年3四半期(7ー9月)売上高は、前年同期比大幅な増収増益となりました。自動車のEVシフトが本格化するなど業績に追い風が吹いています。

CATLの四半期業績推移
CATLの四半期業績推移

事業構成

車載電池モジュールの開発製造がメインとなっています。電池部材事業ではリサイクルも行っています。

CATLの売上構成(2020年度)
CATLの売上構成(2020年度)

車載電池システム事業
主にリチウムイオン電池のセル、モジュール、電池パックを開発製造しています。乗用車、商用車、その他の特殊車両といった輸送機器用途です。

蓄電池事業
太陽光発電や風力発電の蓄電設備と一体化した発電、産業用企業の蓄電、商業ビルやデータセンターの蓄電、蓄電・充電ステーション、通信基地局のバックアップバッテリー、家庭用蓄電といった用途の蓄電池セル、モジュール、パック、バッテリーラックを開発製造しています。

電池材料事業
使用済みリチウムイオン電池からニッケル、コバルト、マンガン、リチウムを取り出し、リサイクルしたリチウムイオン電池を製造しています。

株主構成

創業者である曾毓群(ロビンゼン、Yu Qun Zeng)氏が筆頭株主となっている民間企業となります。日本からはホンダが上位株主となっています。

CATLの株主構成(直前期末時点)

CATLの株主構成(直前期末時点)

直近1年間の株価リターン

CATLとインデックスの株価リターン比較

2022年01月22日の前営業日終値までの過去1年間の株価パフォーマンスを、インデックス(MSCIオールカントリー)の同期間のパフォーマンスと比較しています。
為替は現地通貨建(為替調整前)で計算をしております。
サーバーの都合によりデータが表示されない場合があります。その際はリロードもしくは時間を置いて再度ご訪問下さい。

市場シェア

市場シェア

リチウムイオン電池の市場シェアの分析

リチウムイオン電池業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。LG化学、CATL、アンプレックステクノロジー(TDK)、パナソニック、サムスンSDI、BYDといった世界大手のリチウムイオン電池メーカーの概要や動向も掲載しています。
2021.12.24
市場シェア

EV電池・車載電池業界の世界市場シェアの分析

EV電池・車載電池業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報について分析をしています。中国政府からの潤沢な補助金で拡大を続ける寧徳時代新能源科技(CATL)、比亜迪(BYD)、国軒高科(Guoxuan High-Tech)、天津力神(Lishen)等の有力中国メーカーに対し、パナソニック、LG化学、サムスンが対抗しています。
2022.01.20