EV電池・車載電池業界

EV電池・車載電池業界の世界シェア、業界ランキング、市場規模の情報について分析をしています。中国政府からの潤沢な補助金で拡大を続ける寧徳時代新能源科技(CATL)、比亜迪(BYD)、国軒高科(Guoxuan High-Tech)、天津力神(Lishen)等の有力中国メーカーに対し、パナソニック、LG化学、サムスンSDIが対抗しています。

市場シェア

SNEリサーチによれば2019年の車載電池の生産量ベースの市場シェアの順位は以下の通りとなります。

  • 1位 CATL 27.9%
  • 2位 パナソニック 24.1%
  • 3位 LG化学 10.5%
  • 4位 BYD 9.5%
  • 5位 サムスンSDI 3.6%
  • 6位 AESC 3.3%
  • 7位 Guoxuan 2.7%
  • 8位 PEVE 1.9%
  • 9位 Lishen 1.7%
  • 10位 SKイノベーション 1.7%

車載用の電池の分野は、電気自動車の世界最大の市場が中国ということもあり、かつての太陽電池や液晶パネルと同じ構造で、政府からの多額の補助金で、まずは生産設備を急拡大させるという、中国勢による市場席巻戦略が始まりました。その結果、2019年も、引続き中国政府系のキャトルが世界シェア1位となっています。世界2位は、日本のパナソニックです。米国のテスラ、日本のトヨタと組んで、日本、米国、中国の三極体制での、生産規模の拡大を目指します。世界3位は韓国のLG化学となっています。4位は電池から電気自動車まで通気一貫で製造する、BYDです。世界5位にはサムスンSDI、6位は旧日産自動車の子会社だったオートモーティブエナジーサプライ(AESC)となっています。世界7位は、中国のグオシュエン・ハイテクです。8位にはパナソニックとトヨタの合弁会社であるプライムアースEV(PEVE)です。2014年の生産量世界シェアでは、パナソニックが約5割、オートモーティブエナジーサプライが約2割、韓国勢(KG、サムスン)が約2割であったことを考えると、2017年頃から続いている中国製の躍進が継続しています。

市場規模

調査会社のSNEリサーチによれば車載電池市場の世界市場規模は2019年は116.7GWhと推計されています。調査会社のリサーチアンドマーケッツによれば、2020年のリチウムイオン電池市場の規模は442億ドルです。2025年かけて年平均16.4%での成長を見込みます。現状約25%が民生用(パソコンやスマホ向)です。車載用蓄電池の市場は、40%程度ですが、今後の世界的なEV(電気自動車)へのシフトによって、市場規模が急拡大する可能性があります。リチウムイオン電池は、蓄電池、UPS(無停電電源装置)、バックアップ電源用としても活用されています。

業界の動向

太陽光電池や液晶パネルと同様に、EV電池業界も装置産業化しており、多額の資金を投じて最新の電池製造装置を装備した大規模工場を、競合より先に建設できるかが、競争優位の条件となりつつあります。日本勢が有していた技術的な優位性が薄れていく中、今後も装置産業化した業界での勝利の方程式は、政府からの資金援助が潤沢な中国勢に有利に働くと考えられます。

寧徳時代新能源科技(CATL)

寧徳時代新能源科技(CATL)は日本のTDKの携帯電話向け電池製造子会社であるアンプレックステクノロジー(ATL)から分社化して2011年に誕生した中国の車載用リチウムイオン電池メーカーです。中国ではBYDと規模を競っています。2017年にBMWが、2018年にはホンダがCATL製のEV電池を採用しました。2018年に日本にも進出。電池の権威であるロバート・ガリエン氏をはじめ、独コンチネンタル、仏ヴァレオ等から積極的に技術者を採用しています。

パナソニック

パナソニックは日本を代表する電機メーカーです。過去松下電工や三洋電機と統合し、総合電機メーカーとして世界的なプレゼンスを有します。アプライアンス、オート、インダストリアル、通信ソリューションで事業部制をひいております。

家電:東芝やシャープ等他の日本電機大手が苦戦するなかで家電分野でグローバル展開を目指しています。低コスト戦略のアジア勢、プレミアム戦略の欧米勢と競合しています。

車載電池:テスラとの米ネバダ州でのギガファクトリー、日本、中国の大連工場(遼寧省)での3極の生産体制を構築しています。テスラ以外にもトヨタと協業し、全方位戦略で中国勢を迎えうっております。装置産業化した事業におけるパワーゲームを制することができるか、に注目が集まります。

小型用リチウムイオン電池:ノートPC、スマホ向けの電池事業にも強みを持ちます。

エアコン空調:1957年からエアコン事業を展開しております。日本国内では最大手クラスです。エオリアブランドで展開をしています。

自動車部品:音響機器(カーオーディオ)やカーナビゲーション等の電子機器の分野に強みを持ちます。次世代コックピットやコネクティッドと言われている自動車のCASE対応では総合力を発揮できる立場におります。

乾電池:1931年から乾電池の生産をしています。ナショナルハイトップブランドで一世を風靡し、現在はEvoltaで世界展開しています。

BYD(比亜迪)

BYD(比亜迪)は中国の電気自動車メーカーです。車載用のリチウムイン電池の製造から始まり、EV電池、電気自動車製造の一貫生産体制に強みです。電気自動車を含む新エネ車の分野では、世界最大規模を誇ります。ウォーレンバフェット氏が投資をしたことでも有名です。

沃特瑪(OptimumNano、オプティマム・ナノ)

2002年に設立されたシンセンに本拠を置く車載電池メーカーです。バスやトラック等の商用車向けの電池の強みを持っていましたが、2019年に破綻しました。

LG化学

韓国を代表するリチウム電池メーカーです。現代/起亜、ルノー向けの車載用リチウム電池に供給しています。

Samsung SDI(サムスンSDI)

Samsung(サムスン電子)は、韓国を代表する総合家電メーカーです。スマホ、半導体、テレビ、白物家電等に強みを持ちます。2016年に車載向けの音響に強いHarman Internationalを買収しています。スマートフォンやメモリーの分野でも世界トップクラスです。最終商品まで手掛けていることが強みです。NANDフラッシュメモリーとDRAMでも世界1位を長らく維持しています。通信基地局では、エリクソン、ノキア等の欧州勢、ファーウェイ等の中国勢を追い上げる立場にいます。

Samsung SDI(サムスンSDI)は、サムスンのグループ企業です。ノートPC、スマホの分野でのリチウム電池に強みを持ちます。車載用のリチウムイオン電池は主にBMWに供給しています。

国軒高科(Guoxuan High-Tech、グオシュエン・ハイテク)

江蘇省に本社を置くリチウム電池メーカーです。車載電池の製造に強みを持ちます。

オートモーティブ・エナジー・サプライ(AESC)

日酸自動車とNECの合弁会社として誕生したEV電池メーカー。2014年にはパナソニックに次ぐ市場シェアであったが、中国の投資会社であるGSRキャピタルへの売却を試みましたが、クローズせず、最終的に中国のエネルギーIoT大手であるエンビジョングループへの売却となりました。

業界関連図書

決定版 EVシフト [単行本]

EVと自動運転――クルマをどう変えるか (岩波新書) [新書]

まるわかりEV (日経BPムック) [ムック]

EV(電気自動車)ウォーズ [単行本(ソフトカバー)]

コメント

タイトルとURLをコピーしました