EMS・電子機器受託生産メーカーの世界市場シェアの分析

EMS(電子機器などの受託生産メーカー)の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。鴻海・フォックスコン、ペガトロン、クアンタといった受託生産メーカーの概要や動向も掲載しています。

世界市場シェア

EMSメーカー各社の2020年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、2020年のEMS業界の世界シェアを簡易に試算しますと、1位鴻海、2位ペガストロン、3位クアンタ・コンピューターとなります。

EMSメーカーの世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

順位社名世界シェア
1位鴻海44.8%
2位ペガストロン10.7%
3位クアンタ・コンピューター8.4%
4位コンパルエレクトロニクス8.1%
5位ジェイビルサーキット6.2%
6位ウィストロン5.3%
7位フレックス5.2%
EMSメーカーの世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

EMS業界の世界シェア(2020年)
EMS業界の世界シェア(2020年)

市場規模

調査会社フォーチュンビジネスインサイツによると、2020年のEMS業界の市場規模は4689億ドルです。2021年には5002億ドルとなり、2028年にかけて年平均7.9%での成長を見込みます。
調査会社のグローバルマーケットインサイツによれば、2019年の同業界の世界市場規模は5000億ドルです。2020年から2026年に年平均5%での成長を見込ます。また調査会社のニューベンチャーリサーチによれば2019年の同市場規模は5550億ドルです。⇒参照したデータの詳細情報

EMSの役割

EMSはエレクトリック・マニュファクチュアリング・サービスの略です。EMSメーカーは、パソコン、スマホ、家電、薄型テレビの組み立てなど、幅広い電子機器の製造を行っています。台湾企業が、中国に製造拠点を設けて、安い人件費を活用して、事業を拡大させています。

EMSのビジネスモデル
EMSのビジネスモデル

世界の主要な生産受託企業の一覧

鴻海精密工業(ホンハイ、Hon Hai)

台湾に本拠を置くEMS世界最大手です。傘下にフォックスコン・テクノロジー・グループ(Foxconn Technology Group、富士康)やシャープがあります。アップルのiPhone等の製造受託で存在感を示します。

Pegatron(ペガトロン)

台湾に本拠を置くEMS大手です。2008年にパソコンメーカーのASUS(エイスース)より分社化。拡張現実など自社製品にも近年力を入れている。

クアンタ・コンピューター(Quanta Computer、広達電脳)

台湾に本拠を置くEMS大手です。パソコンの製造受託に強みを持ちます。

コンパルエレクトロニクス(Compal Electronics)

台湾に本拠を置くEMS大手です。ノートパソコンの製造受託に強みを持ちます。

Flex(フレックス)

シンガポールに本拠を置くEMS大手です。2008年に米国のEMS大手ソレクトロンを買収しEMS事業を拡大しました。Xbox、カシオやコダックのデジカメ等の製造受託をしています。携帯電話やデジタルカメラの受託生産に強みを持ちます。2015年にフレクストロニクス(Flextronics)から現社名へと社名変更しました。

Wistron NeWeb(ウィストロン)

台湾に本拠を置くEMS大手です。携帯電話等の生産受託に強みを持ちます。

Jabil Circuit(ジェイビルサーキット)

米国に本拠を置くEMS大手です。デルやGM向けの生産受託で成長しました。家電や車向けの電子基盤の受託でも存在感を示します。主要顧客には、アマゾン、アップル、シスコ、ゴープロ、HP、インジェニコ、キーサイトテクノロジーズ、エリクソン、ネットアップ、ノキアネットワークが含まれます。

GPV

デンマークに本拠を電子機器受託製造サービス大手です。投資ファンドのSchouw & Co(ソイウ)傘下にあります。

ソイウ社

ソイウ(Aktieselskabet Schouw & Co.)は、デンマークに本拠を置くポートフォリオマネジメント会社です。主にデンマークの製造会社等に投資を行い、長期的な視点で企業価値向上策を講じることを得意とします。大きく6つの事業で構成され、傘下のBioMar社が水産養殖用飼料、Fibertex Personal Careが衛生用品向け不織布事業、Fibertex Nonwovensが工業製品用不織布の製造、HydraSpecmaが油圧部品の製造、Borg Automotiveが自動車部品の再生製造、GPVが電子機器の受託製造(EMS)を手掛けています。さらに詳しく

サンミナ

米国に本拠を置きます。医療機器や通信機器関連の受託生産に強みを持ちます。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。