水産飼料業界

水産飼料業界の世界市場シェア、業界ランキング、市場規模の情報について分析をしています。水産飼料の分野は、カーギル傘下のイウォス、デンマークのバイオマー、ニュートレコ傘下のスクレッティングの3社が大手です。

市場シェア

最新業界別売上高世界ランキング」に記載の水産飼料業界の生産能力を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、世界1位はスクレッティングの4.2%、2位はカーギルの3.8%、3位はバイオマーの2.3%となります。

  • 1位 スクレッティング 4.2%
  • 2位 カーギル 3.8%
  • 3位 バイオマー 2.3%
  • 4位 アレ・アクア 0.5%

水産飼料業界の世界1位は、スクレッティング社となります。世界2位は傘下のイウォスを擁するカーギルでとなります。世界3位は、デンマークのソイウ傘下のバイオマーとなっています。

市場規模

調査会社のグローバルマーケットインサイトによれば、2018年の水産飼料業界の市場規模は1005億ドルです。2019年〜2026年に年率平均11.9%で成長すると予測されています。
調査会社のエキスパートリサーチマーケットによれば、2019年の数量ベースの水産飼料の市場規模は55百万トンです。2020年〜2025年の成長率は10.4%となります。

業界の動向

スクレッティング(Skretting)

オランダの貿易会社であるSHVが保有するアニマルニュートリション大手であるNutreco(ニュートレコ)傘下の水産飼料会社です。
スクレッティングは、ニュートレコの水産飼料部門として、世界40か国以上で養魚飼料を提供しています。事業ユニットは、BUグローバルサーモン&南ヨーロッパ、BUアメリカ、BUアジア、BUアフリカと、地域別に展開しています。この他、研究開発拠点として、ノルウェーにスクレッティング水産養殖研究センター(ARC)があります。製造拠点はオーストラリア、ブラジル、カナダ、チリ、中国、エクアドル、エジプト、フランス、ホンジュラス(JV)、イタリア、日本、ノルウェー、ナイジェリア(JV)、トルコ、スペイン、イギリス、アメリカ、ベトナムに有しています。現在の従業員数は2,900名、魚とエビの飼料を年間200万㌧生産しています。(出典:スクレッティング社ホームページ)

Nutreco(ニュートレコ)は、SHVホールディングス(SHV Holdings NV)傘下のオランダの肥料・飼料メーカーです。SHVホールディングスはオランダユに本拠を置く同国最大のフェンテナー・フォン・フリシンゲン家による同族経営企業である総合商社です。 1896年の設立。2014年にニュートレコを買収しました。ニュートレコ以外にも、石油・ガス事業を行うSHVエネルギー、食品および消費者製品の小売であるマクロ、重機オペレーションを行うマムート、PEファンドのNPMキャピタル を擁しています。

BioMar(バイオマー)

デンマークの水産養殖用飼料の生産、日用品、不織布、油圧部品、自動車部品の製造等を手掛けるコングロマリットであるSchouw & Co(ソイウ)傘下の水産飼料会社。1962年に設立されて以降、欧州を中心に、下表の地域で世界展開を行う。

出所:バイオマーホームページ

Cargill (カーギル)

EWOS(イウォス)、Purina(ピュリーナ)、AQUAXCEブランドで水産飼料を展開しています。
EWOS(イウォス)は穀物商社世界最大手であるカーギル(Cargil)傘下の水産飼料会社です。2015年に買収を行い、現在はカーギル・アクア・ニュートリションとして、40か所の製造拠点を所有し、20か国以上の国で事業を展開しています。サケ、エビ、ティラピア、他食用海水魚向けの飼料を提供しています。年間生産量は約2.1百万トンです。
カーギル自体は、フード・インディグリエント、アニマル・ニュートリション、食肉、製塩、穀物取引、金属取引の分野に事業を展開しています。
カーギルの事業のバリューチェーンは以下の表のとおりです。穀物や家畜の集荷、保管、輸送、飼料原料、搾油、食肉加工、食品成分抽出を行い、食品・飲料・日用品会社等に販売を行っております。

出所:カーギル・ホームページ

Aller Aqua A/S(アレ・アクア)
デンマークに本拠を置く水産飼料会社です。淡水魚及び海水魚向けの飼料を展開しています。

Ridley Corporation(リドリーコーポレーション)
オーストラリアで上場している動物飼料メーカー大手です。水産飼料や製塩事業も手掛けています。

業界関連図書

  • 増補改訂版 養殖の餌と水-陰の主役たち [単行本]
  • 改訂 魚類の栄養と飼料 [単行本]
  • 動物の飼料 第2版 [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました