送電事業会社(TSO)の世界市場シェアの分析

送電事業会社(TSO、トランスミッションシステムオペレター)が属する業界の市場シェアと市場規模を分析しています。主要な送電事業会社には中国国家電網、ナショナルグリッド、テネット、SPグループ、テルナ、エリアが含まれます。

市場シェア

送電事業会社(TSO)各社の2020年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、2020年の送配電事業の市場シェアを簡易に試算しますと、1位は中国国家電網となります。

送電事業会社(TSO) の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

順位会社名(英語)会社名(日本語)市場シェア(2020年)
1位State Grid中国国家電網19.00%
2位National Gridナショナルグリッド0.99%
3位TenneTテネット0.29%
4位Ternaテルナ0.143%
5位Eliaエリア0.141%
6位Eletrobrasエレトロブラス0.10%
7位SPGroupSPグループ0.07%
送電事業会社(TSO) の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)
©業界再編

送配電運営会社の世界シェア(2020年)
送配電運営会社の世界シェア(2020年)
©業界再編

1位の中国国家電網が他社を圧倒する規模です。フィリピン、オーストラリア、ブラジル、ロシア、イタリア、ポルトガルの送電会社へ出資しています。2位はイギリスのナショナルグリッドです。

市場規模

当データベースでは、各調査会社等の公表データを参考にし、送電事業(TSO)業界の2020年の世界市場規模を2.1兆ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。

調査会社のザビジネスリサーチカンパニーによると、2020年の送配電事業の市場規模は2兆1383億ドルとなります。2021年には2兆2835億ドルへ拡大し、その後2025年にかけて7%で成長することを見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

日本も含め多くの国で発電、送電、配電を電力会社が担っております。送配電の分離については各国のエネルギー政策とも密接に関連していることが特徴とも言えます。

送電事業の概略図

送電事業の全体像
送電事業の全体像
出所:エリア

送電事業運営会社の概要

State Grid(中国国家電網)

中国の国営送電事業会社です。海外展開にも積極的で、フィリピン、オーストラリア、ブラジル、ロシア、イタリア、ポルトガルの送電会社へ出資を行っています。

National Grid(ナショナルグリッド)

英国の送配電及びガス輸送供給会社です。北米でも送電事業を行っています。

TenneT(テネット)

オランダに本拠を置く国営の送電事業者です。ドイツの送電事業も展開しています。

Terna(テルナ)

イタリアに本拠を置く国営の送電事業者です。1999年にエネルの送電資産を承継する形で誕生しました。南米の送電資産を買収し、海外での成長を目指しています。

Eletrobras(エレトロブラス)

ブラジルに本拠を置く国営の送電事業会社です。ブラジルでは送電分野の自由化が進み、多くの事業者が参入していますが、エレトロブラスが最大手です。同社は発電事業も手掛けています。

SPグループ

シンガポールの国営の送配電・ガス会社です。テマセクが株式を保有しています。

Elia(エリア)

2001年に設立されたベルギーに本拠を置く送電事業会社です。2010年にドイツの送電事業会社である50Herzトランスミッションを買収し、ドイツの送電事業へ参入しました。

なお、日本や北米の送電事業は電力会社が保有しており、独立した運営会社となっておりません。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。