ベアリング業界の世界市場シェアの分析

世界の主要なベアリングメーカーの一覧、各社の世界市場シェアや市場規模について分析をしています。ベアリング業界は「機械の米」と言われるほど各種機械に必要な部品です。日米欧のメーカーによる寡占的な構造となっていましたが、近年は中国系のメーカーによる追い上げも盛んです。

市場シェア

「ベアリングメーカーの世界売上高ランキングの分析(2020年版)」に記載されている各社の売上高を分子に、市場規模を分母にして、2019年のベアリング業界の世界市場シェアを簡易に算出すると、1位はSKF ABの9.7%、2位はSchaeffler(シェフラー)の7.7%、3位は日本精工の6.7%となります。

3位以下のシェアは以下の通りです。

1 位 SKF AB 9.7%
2 位 Schaeffler(シェフラー) 7.7%
3 位 日本精工 6.7%
4 位 NTN 4.7%
5 位 Timken(ティムケン) 3.8%
6 位 C&U(人本集団) 2.9%
7 位 ジェイテクト 2.5%
8 位 ミネベアミツミ 2.0%
9 位 不二越 1.0%
10 位 日本トムソン 0.6%
11 位 Wafangdian Bearing Group Corporation 0.4%

ベアリングメーカー世界1位はスウェーデンSKFとなっています。同社はほぼベアリング専業となっています。2位はドイツのSchaeffler(シェフラー)社となります。同社は支配株主であるシェフラ―家を通じてタイヤ大手のコンチネンタルをグループに有しています。3位は日本精工が入っております。同社はベアリング以外の電動パワーステアリング等の自動車部品の比率が高いことが特徴です。4位は日本のNTNです。5位は米国のティムケンが入っております。2009年に軸受事業の一部をジェイテクトに売却しています。6位は中国資本であるC&Uが入っています。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、調査会社の市場規模の乖離が大きいことから、概ね平均値である700億ドルを2019年のベアリング業界の市場規模として採用しております。参考したデータは以下の通りです。

調査会社のグランドビューリサーチによれば、2018年の同業界の市場規模は1022億ドルです。2019~2025年で年平均9.1%の成長を見込んでおります。一方で、調査会社のフォーチュンビジネスインサイツによれば、2018年の規模は395億ドルです。また成長率も2026年にかけて3.9%です。

主要な再編

2006年 NTNによるSNR Rolementsのルノーからの買収

2008年 SKFによるPEER Bearingの買収

2009年 JTEKTによる米Timkenのニードル軸受事業の買収

2010年 SKFによるスウェーデンのLiocoln Industrial Corporationの買収

2011年 シェフラーによる独コンチネンタルの買収→→ケーススタディ

2012年 General Bearing Corporationを買収

2012年 日本精工によるGongzhouling Bearingへにの出資

2013年 日本精工による中国摩士集団への出資

2013年 SKFによる米ベアリングのKaydon買収

業界関連書籍

図解入門よくわかる 最新ベアリングの基本と仕組み
ベアリングのおはなし
トコトンやさしい軸受の本

コメント

  1. ベアリング より:

    ジェイテクト
    ⇒ジェイテクトは1921年創業の光洋精工が元来軸受を生産しており、2009年のティムケン事業買収で参入した訳ではありません。

    ミネベアミツミも大手ですが、注力している品種が違うのでは?

    不二越の名前がありません。

    • 業界再編の動向 より:

      コメントありがとうございます。ご指摘の点につき反映致しました。

タイトルとURLをコピーしました