鶏卵業界

鶏卵業界の世界市場シェア、業界ランキング、市場規模の情報について分析をしています。カルメイン・フーズ、プロアン、アバンギャルドコ、ローズ・エーカー、イセ食品といった世界大手鶏卵会社の一覧も掲載しています。

市場シェア

調査会社WATTAgNETの2018年のレイヤー(養鶏)数を分子に、後述する市場規模を分母にして、鶏卵業界の世界市場シェアを算出しますと、1位はカルメイン・フーズの0.53%、
2位はプロアンの0.43%、3位はローズ・エーカーの0.35%となります。

1位 カルメイン・フーズ 0.53%
2位 プロアン 0.43%
3位 ローズ・エーカー 0.35%
4位 CPグループ 0.29%
5位 イセ食品 0.26%
6位 バーソバ 0.22%
7位 アコリッド 0.18%

世界1位は、米国のカルメイン・フーズとなります。同社は米国のナスダック市場に上場していて、非公開会社が多い鶏卵業界においては、最大規模となります。世界2位は、メキシコのプロアンとなります。主に中南米を中心に事業を展開しています。
3位は米国のローズ・エーカー、4位はタイのチャロンポカパン、5位には日本のイセ食品となっています。6位は米国のバーソバ、7位はサウジアラビアのアコリッドです。
取り扱う商品が卵であることから、輸送にはあまり適さず、地産地消が原則となっています。また、小資本でも参入可能であるため、最大手のカルメインの世界シェアでも1%未満となっており、非常に分散された市場といえます。

市場規模

調査会社のリサーチアンドマーケッツによれば、2019年の鶏卵業界の市場規模は、2008億ドルです。2021年~2023年に年平均8%成長すると見込まれています。
調査会社のWATTAgNETによれば、2014年の世界の採卵養鶏数は72億羽、採卵数は1兆3200億個、トン数ベースで70百万トンです。
FAOによれば2018年の世界の採卵養鶏数は76億羽です。
当サイトでは市場シェア算定のベースとなる市場規模を採卵養鶏数である76億羽としています。

主要な鶏卵生産会社

Cal-Maine Food(カルメイン・フーズ)

米国に本拠を置く鶏卵生産会社です。有機卵の生産で有名です。エッグランド・ベスト、ランドオレーク、ファームハウス等のブランドを展開しています。米国の南東部を中心に養鶏場を展開しています。

出所:同社アニュアルレポート

北米の鶏卵市場は小規模の生産会社が数多くあり、同社は積極的にM&Aを通じて規模を拡大させています。

2013年 Maxim Productionの買収
2014年 Delta Eggの50%の持ち分の買収
2017年 Foodonics Internationalの買収
2017年 Happy Hen Eggの買収

PROAN(プロアン)

1954年に設立されたメキシコに本拠を置く鶏卵会社です。豚肉の生産加工や乳製品の製造も手掛けています。LaCampiña、Huevo San Juan等のブランドで卵を販売しています。

Avangardco(アバンギャルドコ)

ウクライナに本拠を置く卵製品メーカーです。孵化場、飼料生 産、育成、鶏卵農場の運営を手掛けています。

Rose Acre Farms(ローズ・エーカー・ファームズ)

1930年から続き米国に本拠を置く鶏卵会社です。Rustファミリーが保有する非公開会社です。17の養鶏場を8州にまたがり展開しています。

Versova Holdings(バーソバホールディングス)

2016年に設立された米国に本拠をおく養鶏組織(shared management team)です。参画している養鶏農場にはアイオワのCentrum Valley Farms, Cage-Free、Center Fresh Farmsやオハイオの Trillium Farms等があります。

Arab Company for Livestock Development(ACOLID、アコリッド)

サウジアラビアに本拠を置く鶏卵会社です。中東地域での鶏卵販売に強みを持ちます。

イセ食品

日本を代表する鶏卵会社です。国内では最大手です。非公開の同族会社ですが、豊田通商と資本提携関係になります。

Moark
米国に本拠を置く養鶏会社です。

Beijing DQY Agriculture Technology(徳青源)
中国の最大手鶏卵会社です。約7百万羽の採卵養鶏を飼育しています。中国は鶏卵生産量では世界1位ですが、小規模の農家による鶏卵生産が主流となっており、最大手の徳青源もトップ10入りできていません。

業界関連書籍

養鶏に新時代が来た [単行本(ソフトカバー)]

ニワトリの科学 (シリーズ・家畜の科学) [単行本]

食肉・鶏卵生産のグローバル化―2021年までの展望 [単行本]

コメント

タイトルとURLをコピーしました