臨床検査業界の世界市場シェアの分析

臨床検査業界の世界市場シェア、市場規模、業界動向などの情報を分析しています。臨床検査会社の主要企業である、LabCorp(ラボコープ)、Sonic Healthcare (ソニックヘルスケア)、Quest Diagonistics(クエスト・ダイアグノスティクス)、Synlab(シンラボ)、みらかグループなどの動向も記載しています。

臨床検査業界の動向

臨床検査とは、医師が患者の状態を診察や治療の方針を定める前に行う検査です。検体検査と生理機能検査に大きく分かれており、前者は患者の血液や臓器などの一部を採取して行う検査、後者は心臓などの電気的な検査や画像による検査です。

臨床検査業界の世界シェア

「臨床検査会社の世界売上高ランキング(2020年版)」に記載されている各社の売上高を分子に、市場規模を分母にして市場シェアを簡易に計算すると、臨床検査の世界1位はクエスト・ダイアグノスティクス、2位はラボコープ、3位はソニック・ヘルスケアとなります。

2019年臨床検査会社世界シェアランキング

1位 Quest Diagonistics(クエスト・ダイアグノスティクス) 3.8%
2位 LabCorp(ラボコープ)    3.5%
3位 Sonic Healthcare (ソニック・ヘルスケア) 2.0%
4位 Synlab(シンラボ) 1.1%
5位 Unilabs(ユニラボズ) 0.6%
6位 みらかグループ 0.6%
7位 ビーエムエル 0.5%
8位 Cerba Healthcare 0.5 %
9位 LSIメディエンス 0.4%
10位 Myriad Genetics(ミリアド・ジェネティク) 0.4%
11位 Exact Sciences(エグザクト・サイエンズ) 0.4%
12位 Amedes(アメデス) 0.2%
13位 OPKO Health(オプコヘルス) 0.2%
14位 NeoGenomics Laboratories(ネオジェノミクス・ラボラトリーズ) 0.2%

最大手のクエスト・ダイアグノスティクスでも市場シェアは4%弱とフラグメンテッド(分散化された)市場です。また、多くの病院が臨床検査を内包しており、臨床検査会社が規模を拡大しにくい市場構造となっているのが特徴です。

市場シェア1位、2位は米国を中心にサービスを行なっており、2位のロボコープはCRO事業を強化するなど非臨床検査分野を強化しています。3位は豪州のソニックヘルスケアで、豪州以外の英語圏で事業を展開していることが特徴です。4位と5位は、欧州のシンラボとユニラボズで投資ファンド傘下で展開地域の拡大による成長を目指しています。6位、7位には日本の臨床検査大手であるみらかグループとビーエムエルが入っています。

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、臨床検査業界の2019年の世界市場規模を2000億ドルとして市場シェアを計算しております。参考したデータは以下の通りです。LabCorp社が公表したInvestor and Analyst Day February 2018 によれば2017年の臨床検査市場の規模は2000億ドルです。2019年1月のHealthcare Conferenceの資料によれば2018年の受託検査市場は米国は約800億ドル、米国外は1000億ドルとなっています。

業界関連図書

本サイト作成で参考にさせて頂きました。
今日の臨床検査2019-2020
臨床検査法提要 改訂第35版