空気圧機器業界の世界市場シェアの分析

空気圧機器業界の世界市場シェアや市場規模の情報について分析をしています。SMC、フェスト、ノルグレン等の世界大手空気圧機器メーカーの動向も掲載しています。

空気圧機器メーカーの世界市場シェア(2019年)

売上高世界ランキング」のページに記載の空気圧機器メーカー各社の売上高を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして2019年の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はSMC、2位はフェスト、3位はパーカー・ハネフィンとなります。

1位 SMC 9%
2位 フェスト 6%
3位 パーカー・ハネフィン 5%
4位 IMIノルグレン 2%

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、空気圧機器業界の2019年の世界市場規模を600億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のビーシーシーリサーチによると、2017年の同業界の市場規模は825億ドルです。2022年にかけて年平均6.7%での成長を見込みます。調査会社のベロエによると、2018年の同業界の市場規模は407億ドルです。2024年にかけて、年平均5.43%での成長を見込みます。

空気圧機器の種類

空気圧機器の種類には、空気圧の原理を使った様々な種類の機器が掲載されています。空気圧器は駆動機器の動力源となっていて、化学プラント、食品製造装置、工作機械、各種工場用ライン、建設現場においては必要不可欠な機器となります。定置式とポータブル型の2種類があります。

世界大手の空気圧機器メーカーの動向

SMC
日本に本拠を置く空気圧機器の世界大手メーカーです。元々は焼結金属工業株式会社として焼結を行っていました。

Festo(フエスト)
1925年に創業されたドイツに本拠地を置く空気圧機器大手メーカーです。世界60ヵ国以上で事業を展開しています。

Norgren (ノルグレン)
米国に本拠を置く空気圧機器メーカー大手です。空気圧シリンダーや流体制御分野に強みを持ちます。

Parker(パーカー・ハネフィン)
米国に本拠を置き、モーションシステム、フロウ制御、プロセス制御、フィルター、航空システムなどを手掛けています。油圧機器や空気圧機器に強みを持ちます。

Rexroth(レックスロス)
ドイツの大手自動車部品メーカーのBosch(ボッシュ)グループ傘下の油圧機器メーカーです。空気圧の分野でも事業を展開しております。

ボッシュについて

1886年にロバート・ボッシュ氏によってシュトゥットガルトに設立された精密機械と電気技術作業場を起源とするドイツを代表する総合電機メーカーです。産業用機器や車載用機器が主力事業ですが、電動工具事業も伝統的に強みを持ちます。他に住宅向けの家電やエネルギー関連機器等を手掛けています。ボッシュ一族が支配する非上場会社です。独VW社と関係が深いとされます。さらに詳しく

業界関連書籍

図解入門よくわかる最新油圧・空気圧の基本と仕組み
これだけ!油圧・空気圧
図解 はじめての空気圧