ダイヤモンド業界の世界市場シェアの分析

ダイヤモンド業界の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。デビアス 、アルロサ 、デブスワナダイヤモンド、リオティントといったダイヤモンド生産会社の概要と動向も掲載しています。

世界市場シェア

ダイヤモンド生産会社各社の2020年度の採掘生産高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、2020年のダイヤモンド業界の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はアルロサ、2位はデビアス、3位はデブスワナダイヤモンドとなります。

ダイヤモンド生産会社の世界市場シェアと業界ランキング(2020年)

ダイヤモンド生産会社の世界シェア

  • 1位 アルロサ 28.0%
  • 2位 デビアス 23.5%
  • 3位 デブスワナダイヤモンド 15.5%
  • 4位 リオティント 13.6%
  • 5位 アークティックカナディアンダイアモンド 3.7%
  • 6位 ペトラダイアモンズ 3.0%

アルロサ、デビアス、デブスワナ、リオティントがダイヤモンドの四天王と呼ばれて約80%程度の生産を行っています。

市場規模

当サイトでは、各調査会社等の公表データを参考にし、2020年の生産量ベースの世界市場規模を107百万カラットとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。
ダイヤモンド生産会社であるペトラダイヤモンズによると、2020年の同市場規模は107百万カラット、金額ベースでは92億ドルです。
コンサルティング会社のベイン&カンパニーによると、宝飾品用途の規模は800億ドルです。2017年から2018年では2%成長しましたが、2019年にはマイナス2%の成長となる見込みです。
調査会社のグランドビューリサーチによると、2018年の産業用途の規模は18億ドルです。2025年にかけて2.9%での成長を見込みます。
調査会社のスタティスタによると、2019年のダイヤモンド原石の市場規模は139億ドル、ポリッシュドダイヤモンドは267億ドル、宝飾品用途は790億ドルとなります。生産量ベースでは、142百万カラットとなります。⇒参照したデータの詳細情報

ダイヤモンドの価格と評価

ダイヤモンドの価値は1931年に設立されたGIA(米国宝石学会)が定めた基準である4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)よって決定します。カラットは重さ、カラーは色、クラリティは透明度、カットは輝きの度合いを示します。無色で透明で重く輝きのあるダイヤモンドほど高価となります。1カラットは0.2gです。

ダイヤモンドの価格構成要素

デビアスが発刊するラパポート・ダイヤモンド・レポートにはグレードに応じた基準価格が掲載されており、参考価格とされています。価格は、ダイヤモンド原石から流通業者を経て最終カットまでの工程で価格が上がっていきます。

さらに業界に詳しくなるための参考書籍

主要なダイヤモンド生産会社の概要

De Beers (デビアス)

1888年にセシルローズ氏によって設立された南アフリカに本拠を置くダイヤモンド世界大手です。現在は資源大手アングロ・アメリカンの子会社です。LVMHとの合弁会社であるDeBeers Diamond Jewellersを通じてダイヤモンドの小売販売も行っています。

ALROSA(アルロサ)

ロシアに本拠を置く政府系のダイヤモンド生産会社です。ロシアにおけるダイヤモンド生産を独占している上場企業です。

DebswanaDiamond(デブスワナダイヤモンド)

デビアスとボツワナ政府の50/50の合弁会社です。オラパ、ジュワネン、レトラカネ、ダムツァアが主なダイヤモンド鉱山となります。

Rio Tinto(リオティント)

Rio Tinto(リオティント)は、世界最大級の鉱業会社です。1995年に英国RTZ と豪CRA が統合して誕生しました。経営統合の経緯から、現在でもロンドンとシドニーの両証券取引所に上場をしています。鉄鉱石やアルミに強みを持ちます。アルミニウムは2007年に買収したリオ・ティント・アルキャンを通じて展開しています。石炭は豪州を中心に注力していましたが、2017年にCoal Allied Industrialをヤンコールへ、2018年にHail Creek炭田をグレンコア、Kestrel炭田をAdaroエナジーなどへ売却して撤退しました。ダイヤモンドにも強みを持ちます。ジンバブエのムロワダイヤモンド鉱山やカナダの鉱山での生産を行っています。

Arctic Canadian Diamond Company(アークティックカナディアンダイアモンド)

カナダに本拠を置くダイヤモンド開発・生産会社です。1994年にAber Diamond Corporationとして設立されました。事業ポートフォリオの高級ジュエリー小売のHarry WinstonをスイスのSwatch Groupに売却後、現社名になりました。BHPグループからダイヤモンド事業を買収しています。カナダ最大のダイヤモンド鉱山であるDiavik(ダイアヴィク)を保有しています。2017年に米国の投資会社であるThe Washington Companiesが買収しました。2021年に破たんし、スポンサーとなった投資ファンドの下でDominion Diamond Corporation(ドミニオンダイヤモンド)から現社名へと変更しました。

BHPグループ

BHP(ビーエイチピー、BHP)は、世界最大の鉱業会社です。2001年に豪ブロークンヒル・プロプライエタリー・カンパニー(Broken Hill Proprietary Company Limited、BHP) と英ビリトン(Billiton plc) の統合により誕生しました。2018年にBHPビリトン(BHP Billiton)からBHPグループへと改称しています。合併後もロンドンとオーストラリアの2つの株式市場に上場するdual-listed companyとして存在しています。
銅、鉄、石炭、石油、ニッケル、ボーキサイト等の鉱石の生産に携わっています。豪州のOlympic Dam鉱山でウランの生産・開発を行っています。ダイヤモンドも手掛けていましたが、2012年にドミニオンダイヤモンドに事業を売却しました。銅鉱山では世界最大規模の生産量を誇るチリのEscondida(エスコンディーダ)を保有しています。ニッケルは、ウェスト・オーストラリア鉱床が、世界最大級の良質なニッケルブリケットやパウダーを生産しています。ウェスト・オーストラリア鉱床においては、Mount Keith(キース山)が、良質なニッケル鉱山です。

BHPビリトン キース山

BHPビリトン キース山
出所:同社

Petra Diamonds(ペトラダイヤモンズ)

イギリス領ジャージーに本社を置くダイヤモンド生産会社です。南アフリカ、タンザニアとボツワナにダイヤモンド鉱山を保有します。

Lucara Diamond(ルカラダイアモンド)

2009年に設立されたカナダに本拠を置くダイヤモンドの探査・採掘会社です。ボツワナのKarowe採掘鉱山を保有しています。

Gem Diamonds(ジェムダイヤモンズ)

2005年に設立されたイギリスに本拠を置くダイヤモンドの探査・採掘会社です。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。