今度M&Aの対象となる可能性がある再編候補の分析

今度M&Aの対象となる可能性がある再編候補の分析再編候補

業界再編の要である投資ファンド・プライベートエクイティが買収した会社について業界別にリスト化し、その概要、売却価格などについて分析を行っています。下記の100を超える投資ファンド・プライベートエクイティが保有する将来M&Aの対象となる約1500社をカバーしております。

3i、 メンタ・キャピタル、ノルディックキャピタル、21インベスト、アメリカン・インダストリアル・パートナーズ 、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア 、PAIパートナーズ、Triton Partners、アーディアン(Ardian)、 BCパートナーズ、ギルド・バイアウト・パートナーズ 、HIGキャピタル、インベストインダストリアル、プラチナムエクイティ、シカモアパートナーズ、AEAインベスターズ、 TDRキャピタル、 アドベントインターナショナル  、シンベン 、EQT、ブリッジポイント、エクイストーン、アトラスホールディングス、TAアソシエイツ、アブリスキャピタルパートナーズ、ヘルマン&フリードマン、NPMキャピタル、テマセク、チェッカーズキャピタル、ペインシュワルツパートナーズ、オデッセイインベストメントパートナーズ、コーブ・ヒル・パートナーズ(Cove Hill Partners)、アポログローバルマネジメント、ブラックストーン、フランシスコパートナーズ、イエローウッドパートナーズ、ヘリオスインベストメントパートナーズ、カーライル、KKR、ベインキャピタル、ペルミラ、TPGキャピタル、CVCキャピタル、エナジーキャピタルパートナーズ、YFMエクイティパートナーズ、ブルックフィールド、クレディミューチュアルエクイティ、ジョーダンカンパニー、センタブリッジパートナーズ、ウォーバーグピンカス、ダンドンキャピタルパートナーズ、アンカレッジキャピタルパートナーズ、PAG、MBKパートナーズ、マッコーリ、IMMプライベートエクイティ、アトランティックストリートキャピタル、ニューマウンテンキャピタル、Atarキャピタル、フィデリウムパートナーズ、チャーターハウスキャピタルパートナーズ、メタルマークキャピタル、Naxicapパートナーズ、パートナーズグループ(Partners Group)、スターウッドキャピタル、オーレリウス、CITICキャピタル、プロビデンスエクイティ、アストログ(Astorg)、ビスタエクイティパートナーズ(Vista Equity Partners)、センタービューパートナーズ(Centerview Partners)、オークツリー(Oaktree)、ユーラゼオ(Eurazeo)、プロスペクトヒルグロースパートナーズ(Prospect Hill Growth Partners)、クリアレイクキャピタル(Clearlake Capital)、メディナキャピタル(Medina Capital)、キーンサイトキャピタル(Keensight Capital)、中国建投(China Jianyin Investment Limited)、アンドレアパートナーズ(Andera Partners)、マーリンエクイティパートナーズ(Marlin Equity Partners)、ワウドキャピタルパートナーズ(Waud Capital Partners)、コアエクイティホールディングス(Core Equity Holdings)、GTCR、フェニックスエクイティパートナーズ(Phoenix Equity Partners)、EMKキャピタル、HALインベストメンツ、ライトイヤーキャピタル(Lightyear Capital)、テネックスキャピタルマネジメント(Tenex Capital Management)、スワンダーペースキャピタル(Swander Pace Capital)、ポルトベロキャピタル(Portobello Capital)、ラボインベストメンツ(Rabo Investments)、バサルトインフラストラクチャー(Basalt Infrastructure Partners)、エンジェルズエクイティパートナーズ(Angeles Equity Partners)、クレイトン・​デュビリア・アンド・ライス(Clayton, Dubilier & Rice 、CD&R) 、ジェンスターキャピタル(Genstar partners)、リンサラタキャピタルパートナーズ(Linsalata Capital Partners)、ラベルミニックパートナーズ(Lovell Minnick Partners)、ウフェナウキャピタルパートナーズ(Ufenau Capital Partners)、ティリアホールディングス(Tilia Holdings)、ウィンドポイントパートナーズ(Wind Point Partners)、モンタグプライベートエクイティ(Montagu Private Equity)、ショークウェイパートナーズ(ShawKwei Partners)、アメリカンセキュリティーズ(American Securities)、クアドリヴィオグループ(Quadrivio Group)、パラティンプライベートエクイティ(Palatine Private Equity)、センチネルキャピタルパートナーズ(Sentinel Capital Partners)、アルファプライベートエクイティ(Alpha Private Equity)、Gimv、ブレガルインベストメンツ(Bregal Investments)、ポラリス・キャピタル・グループ、アドバンテッジパートナーズ、タワーブルックキャピタルパートナーズ(TowerBrook Capital Partners)、ラトゥールキャピタル(Latour Capital)、ワンゲートキャピタル(OpenGate Capital)、ブルーアルティテュードインベスト(Blue Altitude Invest)、サーチライトキャピタルパートナーズ(Searchlight Capital Partners)、ノーティックパートナーズ(Nautic Partners)、オーセンティック・ブランズ・グループ(ABG)、FTVキャピタル(FTV Capital)、シリスキャピタルグループ (Siris Capital Group)、チャールズバンクキャピタルパートナーズ(Charlesbank Capital Partners)、レオナードグリーンパートナーズ(Leonard Green & Partners)、サミットパートナーズ(Summit Partners)、ケンゴンキャピタルパートナーズ(Cairngorm Capital Partners)、シティックキャピタルパートナーズ(CITIC Capital Partners)、ヘイスティングプライベートエクイティ(Hastings Private Equity)、JMIキャピタル(JMH Capital)、ザリバーサイドカンパニー(The Riverside Company)、シナジアキャピタルパートナーズ(Synergia Capital Partners)、シーコーストキャピタル(Seacoast Capital )、ローズウッドプライベートインベストメンツ(Rosewood Private Investments)、キアンキャピタル(Kian Capital)、ヒルドレッドキャピタルマネジメント(Hildred Capital Management)、モントルーグロースパートナーズ(Montreux Growth Partners)、SKキャピタル(SK Capital)、CIキャピタルパートナーズ(CI Capital Partners)、CDPQ(ケベック州投資信託銀行)、サーベラスキャピタルマネジメント(Cerberus Capital Management)、インベストコープ(Investcorp)、ハーベストパートナーズ(Harvest Partners)、スパーリングキャピタル(Sparring Capital)、シルバーレイク(Silver Lake)、コムベストパートナーズ(Comvest Partners)、オンタリオ州教職員年金基金(Ontario Teachers’ Pension Plan)、クレストビューパートナーズ(Crestview Partners)、ADQ、ミッドオーシャンパートナーズ(MidOcean Partners)、大和パートナーズ、ルミネートキャピタル(Luminate Capital)、ロングリッジエクイティパートナーズ(Long Ridge Equity Partners)、クオドラント・プライベート・エクイティ(Quadrant Private Equity)、Five V Capital(ファイブ・V・キャピタル)、Aquiline Capital Partners(クイライン・キャピタル・パートナーズ)、Industrial Growth Partners (インダストリアルグロースパートナーズ)、Investment AB Latour(インベストメントABラトゥール)、Greenbriar Equity Group(グリーンブライアエクイティグループ)、Exaltare Capital Management(エグザルタイアキャピタルマネジメント)、Altaris Capital Partners(アルタリスキャピタルパートナーズ)、LBOフランス、Charlesbank Capital Partners(チャーターズキャピタルパートナーズ)、Norvestor、Huron Capital(ヒューロンキャピタル)、Abry Partners(アブリパートナーズ)、Tailwind Capital(テイルウィンドキャピタル)、Leeds Equity Partners(リーズエクイティパートナーズ)、Aurora Capital Partners(オーロラキャピタルパートナーズ)、Brynwood Partners(ブリンウッドパートナーズ)、Alvarez & Marsal Capital Partners(アルバレス&マーシャルキャピタルパートナーズ)、A.P. Moller Holding(APモラーホールディング)、Blackfin Capital(ブラックフィンキャピタル)、Berkshire Partners(バークシャーパートナーズ)、Platform Partners(プラットフォームパートナーズ)、FSNキャピタル、Silversmith Capital Partners(シルバースミスキャピタルパートナーズ)、Oakley Capital(オークリーキャピタル)、PHI Industrial(PHIインダストリアル)、Ampersand Capital Partners、Audax Private Equity、Trilantic North America、Omnes Capital、Revelstoke Capital Partners、Recognize Partners(リコグナイズパートナーズ)、ロックマウンテンキャピタル(Rock Mountain Capital)、 Arsenal Capital Partners(アーセナルキャピタルパートナーズ)、Zouk Capital、Hidden Harbor Capital Partners(ヒドゥンハーバーキャピタルパートナーズ)、Parcom、Motive Partners、Edify、Tikehau Ace Capital

投資ファンドのご担当様へ
当メディアで投資先を掲載しませんか?バリューアップの方法や投資した背景などケーススタディを無料で掲載致します。ご関心がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡頂けますと有難く存じます。

情報については最新のものとなるよう心がけておりますが、古い情報などがあった場合やさらに詳しい情報が必要な場合には是非お知らせください。

当メディアで掲載している会社の中で実際にM&Aされた会社の抜粋

M&A再編候補リストに掲載した対象会社の中からM&AやIPOが続々と発表されています。

2022年 PAIパートナーズが飲料メーカーのRefrescoをKKRに売却
2022年 TDRキャピタル等が自動車リース最大手LeasePlanをALDオートモーティブへ売却
2022年 BPEAが精密部品大手Interplexを16億ドルでブラックストーンへ売却
2021年 Apaxが臨床検査大手UnilabsをAPモラーホールディングに売却
2021年 ユニリーバが紅茶事業エカテラをCVCキャピタルパートナーズへ売却
当データベースのM&A的中実績について更に詳しく

M&A再編候補リストの一覧

再編候補

サイバーセキュリティ分野でM&Aの可能性がある会社

あらゆるものがインターネッツに接続されつつある現在、機密情報や各種データの保護を行うために、サイバーディフェンスの強化が一段と重要性を増しています。サイバーセキュリティのサービスを提供する会社で今後M&Aの対象となる可能性がある会社を掲載しています。
2022.04.19
再編候補

財務・会計・税務系ソフトウェア開発分野で今後M&Aの可能性がある会社の分析

財務・会計・税務系ソフトウェア開発する会社で今後M&Aの可能性がある会社について概要を掲載しています。なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。
2022.04.19
再編候補

介護業界の将来のM&Aや再編候補の分析

現状投資ファンドが保有していて、今後M&Aの対象となる介護運営会社について一覧表を作成しています。
2022.04.19
戦略レビュー

ブリジストンの多角化事業概要と競合他社についての分析

ブリジストンが、2021年2月に発表した中期事業計画 (2021-2023)にて、コア事業であるタイヤ事業以外の多角化事業について、更なる事業再編の方向性を示しました。この記事では、ブリジストンの多角化事業の内容と事業毎の市場規模、成長性や競合他社について分析を行っています。
2022.04.19
再編候補

ローデンストックのM&Aと今後の成長戦略についての分析

2021年に投資ファンドのAPAXが、ドイツのカール・ツァイスと並び立つ光学大手であるRodenstock(ローデンストック)を買収しました。ローデンストックは140年以上も続くドイツ光学の至宝とも評される技術力の高い会社で業績も安定していますが、2003年に創業家が持分を投資ファンドに売却して以降、株主という観点では投資ファンド間を行き来しており、安定しておりません。APAXのよる買収の背景や今後の売却先について簡単な分析を行いました。
2022.04.19
再編候補

東芝の戦略レビュー

東芝による戦略レビュー、アクティビストとの攻防戦、2023年に予定している事業部門のスピンオフ上場について分析をしています。
2022.04.19
再編候補

自動車用バッテリー大手クラリオスを軸とした蓄電池業界の再編の行方

カナダの資産運用会社ブルックフィールドはジョンソンコントロールズ から自動車用バッテリー事業(現クラリオス)を132億ドルで2018年に買収しました。ジョンソンコントロールズは自動車関連事業のすべてを売却し、タイコとの経営統合で強化したビルディングソリューション事業に経営資源を集中できるようになりました。当該案件は2018年における最大規模の投資ファンドによる買収案件でした。鉛バッテリーの約3割はクラリオス製とも言われ、ブルックフィールドのエグジット次第では、更なる業界再編へとつながる可能性を秘めています。
2022.04.19
再編候補

ティッセンクルップのエレベーター事業の概要とアドベント連合の戦略オプション

ドイツのティッセンクルップ社は2020年2月にエレベーター事業(以下TKエレベーター)を172億ユーロでアドベントインターナショナル、シンベン及びRAG foundationコンソーシアム連合に売却しました。
2022.04.19
再編候補

テーラーメイドを軸としたゴルフ用品業界の再編分析

ゴルフクラブやボールの大手メーカーであるTaylormade(テーラーメイド)は、現在米国に本拠を置くKPSキャピタルパートナーズの傘下にあり、今後のゴルフ用品業界でのM&Aや再編の要となる可能性があります。事業面においては、メタルウッドといえばテーラーメイドといえるほど安定的なポジションを得た同社ですが、株主についてはなかなか安定せず、現在は投資ファンド傘下にあります。
2022.04.19
戦略レビュー

GEの保有するGECASとAerCap統合会社持分46%の行方

GEが航空機リース事業のGECASのAerCapへの売却を発表しました。業界1位と2位のM&Aとなります。負債削減を進めているGEが保有することになる新生AerCApの株式46%の行方に注目があつまります。
2022.04.19