再編候補


業界再編の要である投資ファンド・プライベートエクイティが買収した会社について業界別にリスト化し、その概要、売却価格などについて分析を行っています。下記の75を超える投資ファンドが保有する将来M&Aの対象となる約1100社をカバーしております。

当サイトがカバーしているM&Aの候補先企業数の推移

当サイトがカバーしているM&Aの候補先企業数の推移

75を超えるプライベートエクイティが買収した1100社を超える企業について概要を掲載

3i、 メンタ・キャピタル、ノルディックキャピタル、21インベスト、アメリカン・インダストリアル・パートナーズ 、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア 、PAIパートナーズ、Triton Partners、アーディアン(Ardian)、 BCパートナーズ、ギルド・バイアウト・パートナーズ 、HIGキャピタル、インベストインダストリアル、プラチナムエクイティ、シカモアパートナーズ、AEAインベスターズ、 TDRキャピタル、 アドベントインターナショナル  、シンベン 、EQT、ブリッジポイント、エクイストーン、アトラスホールディングス、TAアソシエイツ、アブリスキャピタルパートナーズ、ヘルマン&フリードマン、NPMキャピタル、テマセク、チェッカーズキャピタル、ペインシュワルツパートナーズ、オデッセイインベストメントパートナーズ、コーブ・ヒル・パートナーズ(Cove Hill Partners)、アポログローバルマネジメント、ブラックストーン、フランシスコパートナーズ、イエローウッドパートナーズ、ヘリオスインベストメントパートナーズ、カーライル、KKR、ベインキャピタル、ペルミラ、TPGキャピタル、CVCキャピタル、エナジーキャピタルパートナーズ、YFMエクイティパートナーズ、ブルックフィールド、クレディミューチュアルエクイティ、ジョーダンカンパニー、センタブリッジパートナーズ、ウォーバーグピンカス、ダンドンキャピタルパートナーズ、アンカレッジキャピタルパートナーズ、PAG、MBKパートナーズ、マッコーリ、IMMプライベートエクイティ、アトランティックストリートキャピタル、ニューマウンテンキャピタル、Atarキャピタル、フィデリウムパートナーズ、チャーターハウスキャピタルパートナーズ、メタルマークキャピタル、Naxicapパートナーズ、パートナーズグループ、スターウッドキャピタル、オーレリウス、CITICキャピタル、プロビデンスエクイティ、アストログ(Astorg)、ビスタエクイティパートナーズ(Vista Equity Partners)、センタービューパートナーズ(Centerview Partners)、オークツリー(Oaktree)、ユーラゼオ(Eurazeo)、プロスペクトヒルグロースパートナーズ(Prospect Hill Growth Partners)、クリアレイク・キャピタル(Clearlake Capital)、メディナキャピタル(Medina Capital)、キーンサイト・キャピタル(Keensight Capital)、中国建投(China Jianyin Investment Limited)、アンドレアパートナーズ(Andera Partners)、マーリン・エクイティ・パートナーズ(Marlin Equity Partners)

投資ファンドのご担当様
当メディアで投資先について特集をしませんか?バリューアップの方法や投資した背景などケーススタディの記事を作成致します。ご関心がありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡頂けますと有難く存じます。

情報については最新のものとなるよう心がけておりますが、古い情報などがあった場合やさらに詳しい情報が必要な場合には是非お知らせください。

当メディアで掲載している会社の中で実際にM&Aされた会社の抜粋

再編候補リストに掲載した2000社の中からM&AやIPOが続々と発表されています。

2021年 Danaherが96億ドルでEQT保有のプラスミドDNAのAldevron(アルデブロン)を買収
2021年 IKインベストメントが保有していたサバイバルスーツのHansenをSurvitecが買収
2021年 臨床検査大手のSynlab(シンラボ)がIPO
2021年 ソフトバンクが自動倉庫大手AutoStoreの株式40%を買収
2021年 Sorcoによる防衛インテリジェンス大手WBBの買収
2021年 食肉大手JBSによる植物肉大手Viveraの買収
2021年 ユーロクリアによる投信販売プラットフォーマーのMFEX買収
2021年 金融トレーディングシステムItivitiをBroadridgeが買収
2020年 蘭NubankがブラジルEasynvestを買収

M&A再編候補リストの一覧

再編候補

サイバーセキュリティ分野でM&Aの可能性がある会社

あらゆるものがインターネッツに接続されつつある現在、機密情報や各種データの保護を行うために、サイバーディフェンスの強化が一段と重要性を増しています。サイバーセキュリティのサービスを提供する会社で今後M&Aの対象となる可能性がある会社を掲載しています。
再編候補

財務・会計・税務系ソフトウェア開発分野で今後M&Aの可能性がある会社の分析

財務・会計・税務系ソフトウェア開発する会社で今後M&Aの可能性がある会社について概要を掲載しています。なお、本記事の作成日以降にM&Aによって下記会社が買収されている可能性もありますことを予めご了承下さい。
再編候補

介護業界の将来のM&Aや再編候補の分析

現状投資ファンドが保有していて、今後M&Aの対象となる介護運営会社について一覧表を作成しています。
2021.06.04
再編候補

ローデンストックのM&Aと今後の成長戦略についての分析

2021年に投資ファンドのAPAXが、ドイツのカール・ツァイスと並び立つ光学大手であるRodenstock(ローデンストック)を買収しました。ローデンストックは140年以上も続くドイツ光学の至宝とも評される技術力の高い会社で業績も安定していますが、2003年に創業家が持分を投資ファンドに売却して以降、株主という観点では投資ファンド間を行き来しており、安定しておりません。APAXのよる買収の背景や今後の売却先について簡単な分析を行いました。
再編候補

東芝へのCVCからの買収提案とその結末

2021年4月7日に投資ファンド大手であるCVCキャピタルによる東芝への買収提案が行われたことが明らかになりました。今後、東芝の取締役は、株主の利益を確保するために合理的な努力を行う義務(レブロン基準)が発生してしまうため、東芝経営陣が想定する自社の企業価値の算定、CVCの買収価格と企業価値に乖離がある場合、買収価格見直しやその他条件の交渉、より有利な条件を提示できる他の買手があるかどうかの検証、といったプロセスを経る必要があります。当ページでは、東芝とCVCの買収提案の推移をタイムリーかつ時系列でフォローしています。
2021.05.06
再編候補

自動車用バッテリー大手クラリオスを軸とした蓄電池業界の再編の行方

カナダの資産運用会社ブルックフィールドはジョンソンコントロールズ から自動車用バッテリー事業(現クラリオス)を132億ドルで2018年に買収しました。ジョンソンコントロールズは自動車関連事業のすべてを売却し、タイコとの経営統合で強化したビルディングソリューション事業に経営資源を集中できるようになりました。当該案件は2018年における最大規模の投資ファンドによる買収案件でした。鉛バッテリーの約3割はクラリオス製とも言われ、ブルックフィールドのエグジット次第では、更なる業界再編へとつながる可能性を秘めています。
2021.04.29
再編候補

ティッセンクルップのエレベーター事業の概要とアドベント連合の戦略オプション

ドイツのティッセンクルップ社は2020年2月にエレベーター事業(以下TKエレベーター)を172億ユーロでアドベントインターナショナル、シンベン及びRAG foundationコンソーシアム連合に売却しました。
2021.03.24
再編候補

テーラーメイドを軸としたゴルフ用品業界の再編分析

ゴルフクラブやボールの大手メーカーであるTaylormade(テーラーメイド)は、現在米国に本拠を置くKPSキャピタルパートナーズの傘下にあり、今後のゴルフ用品業界でのM&Aや再編の要となる可能性があります。事業面においては、メタルウッドといえばテーラーメイドといえるほど安定的なポジションを得た同社ですが、株主についてはなかなか安定せず、現在は投資ファンド傘下にあります。
2021.06.04
再編候補

今後M&Aの対象となるインフラ施設管理運営会社の分析

今後M&Aや再編対象となる投資ファンドが保有するインフラ施設の管理運営会社について一覧表を作成しています。特に、水道運営、港湾運営といった分野では、今後M&Aの動きが予想されます。
2021.04.20
再編候補

農業・畜産業・漁業の分野でM&Aや再編対象となる会社の分析

M&Aや業界再編が予想される農業、畜産業や漁業関連の会社について一覧表(ロングリスト)を作成しています。特に種子、農薬、肥料、飼料分野での売却の可能性があります。
2021.06.03