靴・シューズ・フットウェア業界の世界市場シェアの分析

靴・シューズ・フットウェア業界の世界シェアや市場規模について分析しています。ウルバリン、スケッチャーズ、エコー、クロックス、ジェオックス、ナイキ、アディダス、ニューバランスといった大手靴・シューズメーカーの概要や動向も掲載しています。

市場シェア

フットウェアメーカー各社の2020年度の売上高(⇒参照したデータの詳細情報)を分子に、また後述する業界の市場規模を分母にして、2020年のフットウェア業界の市場シェアを簡易に試算しますと、1位はナイキ、2位はアディダス、3位はニューバランスとなります。

靴・シューズ・フットウェアメーカーの世界市場シェと業界ランキング(2020年)

順位フットウェアメーカー名市場シェア(2020年)
1位ナイキ7.66%
2位アディダス3.64%
4位ニューバランス1.20%
5位アシックス0.85%
6位ピューマ0.78%
3位スケッチャーズ0.60%
7位安踏體育用品0.52%
8位ウルバリンワールドワイド0.49%
9位クロックス0.38%
10位エコー0.33%
11位ドクターマーチン0.26%
12位ビルケンシュトック0.24%
13位ジェオックス0.16%
靴・シューズ・フットウェアメーカーの世界市場シェと業界ランキング(2020年)

靴・シューズメーカーの世界シェア(2020年)
靴・シューズメーカーの世界シェア(2020年)

市場規模

当サイトでは、調査会社等の公表データを参考にし、フットウェア業界の2020年の世界市場規模を3655億ドルとして市場シェアを計算しております。参照にしたデータは以下の通りです。調査会社のアライドマーケットリサーチによると、2020年の同業界の市場規模は3655億ドルと見込まれます。2020年から2027年までの平均成長率は5.5%で、2027年には53億ドルになると見込まれます。調査会社のグランドビューリサーチによると、2018年の同市場規模は2076億ドルです。2025年にかけて年平均3.8%での成長を見込みます。⇒参照したデータの詳細情報

靴の分類

靴は大きく、革靴、スポーツシューズ、一般用途の靴に分かれます。革靴には、パンプス、ローファー、ブーツ、ハイヒール等に分かれます。スポーツシューズはスポーツごとに、バスケットシューズ、テニスシューズ等に分類されます。一般用途の靴には、スニーカー、運動靴、上履き等に分かれます。

靴の分類
靴の分類 ©ディールラボ

フットウェア業界のM&Aと買収マルチプル

ビルケンシュトックの案件を除けば、概ね買収直前期の売上高の1~2倍の範囲で取引されています。⇒参照したデータの詳細情報

2003年 ナイキがコンバースを買収
2005年 アディダスがリーボックを買収
2007年 PPR(現ケリング)がPumaをMayfairから買収
2013年 ペルミラ ドクターマーチンを買収
2013年 APAXパートナーズがコールハーンをナイキから買収
2021年 L Cattertonがビルケンシュトックをビルケンシュトック一族から買収
2021年オーセンティック・ブランズ・グループがリーボックをアディダスから買収

シューズ業界の買収マルチプルの推移

シューズ業界の買収マルチプルの推移

靴・シューズ・フットウェアメーカーの動向

Nike(ナイキ)

ナイキ(NIKE)は、フィルナイトによって1964年に設立された米国に本拠を置く世界最大級の総合スポーツ用品会社です。靴・シューズの分野ではスポーツ向け運動靴やスニーカーで圧倒的なブランド力を持ちます。ゴルフ、サッカー、バスケットボール、テニス、陸上のプロスポーツ選出や大会とのタイアップ戦略が強みです。さらに詳しく

アディダス

Adidas(アディダス)はドイツに本拠を置くスポーツ用品世界大手です。スポーツシューズ大手のREEBOK(リーボック)を2006年に傘下に収め、ナイキと世界トップを競っています。ゴルフブランドのTAYLOR MADE(テーラーメイド) も傘下に置いていましたが、2017年に投資ファンドのKPSキャピタル・パートナーズに売却をしました。2021年にリーボックをオーセンティック・ブランズ・グループに売却しました。さらに詳しく

Puma(プーマ)

Puma(ピューマ、プーマ)はドイツを代表するスポーツ用品会社です。フランスの高級ブランド持株会社のKering(ケリング)傘下でしたが、2018年に、ケリングが持分を、ケリングの株主に分配する形で、同社より独立を果たしました。ゴルフはCOBRAGOLF(コブラゴルフ) にて展開しています。

ケリングとは

ケリングは仏大手ブランドマネジメント会社です。2013年PPR(ピノー・プランタン・ルドゥート、Pinault-Printemps-Redoute)から社名を変更しました。1921年により続く伊ファッションブランドのグッチ(GUCCI)を筆頭に主にファッション・宝飾品関連のブランドを保有しています。主要ブランドには、グッチのほかに、1992年より続く英アパレルブランドのアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQeen)、1937年により続くバスク系スペイン人のクリストバル・バレンシアガによって生み出されたバレンシアガ(BALENCIAGA)、1966年により続く伊ファッションブランドのボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)、1961年により続く仏ファッションブランドのイブ・サン・ローラン(Yves Saint-Laurent)、伊ファッションブランドのセルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)、英ファッションブランドのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)、1858年に設立され仏ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初の宝石会社のブシュロン(BOUCHERON)、1791年より続くスイスの高級時計メーカーのジラール・ペルゴ(GIRARD-PERREGAUX)、スイスの高級時計メーカーのジャンリシャール(JEANRICHARD)、1967年より続く伊ジュエリーブランドのポメラート ドド(Pomellato)が含まれます。一方で、独スポーツブランドのプーマ(PUMA)は2018年に、ケリングが持分を、ケリングの株主に分配する形で、同社より独立を果たし、2019年に米スケートボード、スノーボード、サーフボード向けファッションブランドのボルコム(Volcom)を売却するなどポートフォリオの入れ替えを図っています。さらに詳しく

Asics(アシックス)

日本を代表する総合スポーツ用品会社です。発祥はシューズ・スニーカーです。スポーツシューズ等のフットウェアに強みを持ちます。

New Balance(ニューバランス)

米国に本拠を置くシューズメーカーです。スニーカー等にも強みを持ちます。

Wolverine Worldwide(ウルバリンワールドワイド)

1883年に創業された米国に本拠を置く靴・シューズメーカーです。ハッシュパピー(Hush Puppies)、ベイツ(Bates)、メレル(MERRELL)等のブランドで世界展開しています。

Sckechers(スケッチャーズ)

1992年に設立された米国に本拠を置く靴・スニーカーメーカーです。LAギアの元CEOが創業したことでも有名です。クロームドームにて躍進しています。

ECCO(エコー)

1963年にカール・ツースビー氏によって設立されたデンマークに本拠を置く靴・シューズメーカーです。コンフォートシューズブランドに強みを持ちます。

Crocs(クロックス)

2002年に創業した米国に本拠を置くサンダルメーカーです。合成樹脂製のカラフルなシューズで一世風靡しました。

GEOX(ジェオックス)

マリオ・モレッティ・ポレガート氏によって設立されたイタリアに本拠を置く機能性シューズブランド大手です。通気性をよくする仕組みで世界展開しています。

Dr.Marten(ドクターマーチン)

イギリスに本拠を置くブーツメーカーです。エアークッション入りのソール付きブーツが有名です。2013年に投資ファンドのペルミラに買収され、2021年に株式を上場しました。

Birkenstock(ビルケンシュトック)

1774年にヨハン・アダム・ビルケンシュトック氏によって設立されたドイツに本拠を置くサンダルメーカーです。コルクの中敷きが特徴です。2021年にLVMHのオーナーであるベルナール・アルノー氏とL Cattertonが買収をしました。

参照したデータの詳細情報について


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
会員の方はログイン下さい。
会員登録はこちらです。