スポーツ用品・スポーツウェア・スポーツシューズ業界

スポーツ用品(スポーツウェアやスポーツシューズ)の世界市場シェアと市場規模について分析をしています。ナイキ 、アディダス 、ピューマ 、アンダーアーマー、アシックス 等世界大手スポーツウェア会社の動向も掲載しています。

市場シェア

「スポーツ用品メーカーの世界売上高ランキングの分析(2020年版)」に記載されている各社の売上高を分子に、市場規模を分母にして、2019年のスポーツ用品業界の世界市場シェアを簡易に算出すると、1位はNike(ナイキ)の8.2%、2位はAdidas(アディダス)の5.4%、3位はPuma(ピューマ)の1.3%となります。

スポーツ用品業界シェア
  • 1位     Nike(ナイキ)    8.2%
  • 2位     Adidas(アディダス)    5.4%
  • 3位     Puma(ピューマ)    1.3%
  • 4位     Under Armour(アンダー・アーマー)    1.1%
  • 5位     ANTA Sports Products(安踏體育用品有限公司)    1.0%
  • 6位     New Balance(ニューバランス)    0.9%
  • 7位     ASICS(アシックス)    0.7%
  • 8位     Columbia(コロンビア)    0.6%

2019年の売上高市場シェアも、2018年(「スポーツ用品メーカーの世界市場シェアの分析」をご参照)に続き1位は不動のナイキ、2位も同じく不動のアディダスです。3位以下の5~7倍程度の売上高規模でダントツのトップ2となっています。3位は、ケリングより改めて分社化独立を果たしたピューマです。4位は新興スポーツメーカーながら急成長を遂げているアンダーアーマーです。5位は中国のアンタです。フィンランドのスポーツブランドマネジメント会社であるアメアスポーツを2019年に買収し、一気にランクアップです。6位ははニューバランスとなっています。かつて3位の座を争っていた日本のアシックスは7位になっています。

市場規模

調査会社のAMRによれば、2019年のスポーツ用品とスポーツウェアの市場規模は4740億ドルです。2027年に向けて7.2%の成長率が見込める市場です。(The global sports equipment and apparel market size was valued at $470,403 million in 2019 and is expected to grow at a CAGR of 7.2% to reach $817,170 million by 2027.)

一方、民間調査会社のAmeri Researchによればスポーツアパレル市場の2017年の推定市場規模は、1650億ドルと推計されています。

民間調査会社のGrand View Researchによれば、スポーツ用品市場の2016年の推定市場規模は、約663億ドルと推計されています。

当サイトで、上記の検討の結果、は4740億ドルを、同業界の市場規模として採用しております。

なお、スポーツの種類別の市場規模では、サッカー関連が市場規模では最大で、アメリカンフットボール、野球が2位の座を競っています。以下、F1、バスケットボール、アイスホッケー、テニス、ゴルフと並びます。

再編年表

フィンランドのアメアスポーツが中国のアンタに買収されたことは、スポーツ用品業界におけるパワーバランスの変換を意味しそうです。スポーツ自体はグローバルビジネスなので、ブランドマネジメントという観点でのマーケティング力の巧拙がますます問われるようになってきています。

  • 1989年 アメアスポーツによるテニス用品大手のウィルソンの買収
  • 1994年 アメアスポーツによるスキー用品大手のアトミックの買収
  • 1997年 アディダスによるスキー用品大手のSalomon Group(サロモン)の買収
  • 2003年 ナイキによるConverseの買収
  • 2005年 アメアスポーツによるサイクリング用品のマヴィックの買収
  • 2005年 アメアスポーツによるスキー関連用品大手のアークテリクスの買収
  • 2006年 アディダスによるSalomon Groupのアメアスポーツへの売却
  • 2006年 アディダスによるリーボックの買収
  • 2007年 ケリングによるプーマ買収
  • 2011年 アメアスポーツによるNikitaの買収
  • 2018年 ケリングよりプーマが会社分割で独立
  • 2018年 ANTAスポーツによるアメアスポーツへの買収提案
  • 2019年 ANTAスポーツによるアメアスポーツの買収完了

主要スポーツ用品メーカーの動向

Nike(ナイキ)

米国に本拠を置く世界最大級の総合スポーツ用品会社です。ゴルフ、サッカー、バスケットボール、テニス、陸上と全方位で強みを発揮しています。

Adidas(アディダス)

ドイツに本拠を置くスポーツ用品世界大手です。スポーツシューズ大手のREEBOK(リーボック)を傘下に収め、ナイキと世界トップを競っています。ゴルフブランドのTAYLOR MADE(テーラーメイド) も傘下に所有しています。

Puma(ピューマ)

ドイツを代表するスポーツ用品会社です。現在はフランスの高級ブランド持株会社のKering(ケリング)傘下です。ゴルフはCOBRAGOLF(コブラゴルフ) にて展開しています。2018年に、ケリングが持分を、ケリングの株主に分配する形で、同社より独立を果たしました。

Asics(アシックス)

日本を代表する総合スポーツ用品会社です。スポーツシューズ等のフットウェアに強みを有します。

Under Armour(アンダーアーマー)

1996年発祥のスポーツウェアメーカーです。コンプレッションウェアに強みを持ちます。

Amer Sports(アメアスポーツ)

フィンランドに本拠を置くスポーツメーカーです。テニスのウイルソン、スキーのアトミックやサロモンブランドを世界展開しています。ナスダックOMX市場に上場しています。Amer SportsはSalomon、Wilson、Atomic、Arc'teryx、Mavic、Suunto、Precor、Louisville Slugger、DeMarini等のブランドを有しています。2019年に中国のテニスの安踏体育用品(アンタ)を中心とするコンソーシアム(アンタが6割弱出資、騰訊控股(テンセント)やカナダ「ルルレモン・アスレティカ」の創業者なども出資)が買収しました。

出所:アメアスポーツ

New Balance(ニューバランス)

米国に本拠を置く非上場のスポーツシューズメーカーです。

コロンビアスポーツウェア(Columbia Sportswear)

米国に本社を置くアウトドア用品大手です。登山、キャンプ等の用品を手掛けています。スキーウェア等のスポーツ用品も強化しています。

ANTA Sports Products(安踏體育用品有限公司)

香港証券取引所に上場に上場をする中国のスポーツ用品メーカーです。2009年にFILAの中国事業を、2015年に英国のスポーツシューズブランドのSprandを、2017年に香港の子供服KONGKOWを買収しています。伊藤忠グループのデサントとも提携しています。展開するブランドは下図の通りです。中国国内では圧倒的1位で、約1万点のANTA店舗を展開しています。2019年に投資ファンドの FountainVest Partnersと共同でフィンランドのアメア・スポーツを買収し、海外での事業展開を加速しています。

出所:ANTA

業界関連書籍

スポーツ用品業界のページを作成するにあたり、以下の書籍を参考にさせて頂きました。

SHOE DOG(シュードッグ)―靴にすべてを。 [Kindle版]

アシックスの就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ) [単行本]

ナイキ (知っているようで知らない会社の物語) [大型本]

アディダスVSプーマ もうひとつの代理戦争 ((RHブックス・プラス)) [文庫]

企業・戦略分析: アパレル・スポーツ業界編 [Kindle版]

コメント

タイトルとURLをコピーしました